読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

ロード

 遠く、遠く。

 男は煙草とライター、携帯と財布を持ち玄関を出た。それは、真冬の星空が澄み渡る深夜のこと。男がその満天に気づくのは、家を出て随分と経ってからだった。行く宛のない男は、街を横切る甲州街道を目指す。
 深夜テレビを付けて、煙草を吹かして、ぼーっと部屋の照明を見ていた男は、ふと虚無感に襲われた。それに気づかないフリを必死にして、外の闇を求めた。
 考えないように、考えないように。男はポケットに手を入れ、猫背に歩く。
 満天の星空が綺麗だなんてことに、遠いなんて気付きたくなかった、と思って。
 考えているうちに、男は甲州街道にぶつかった。深夜三時、その大通りは人も車もいない、孤独な道。
 果てしなく、長く続く一本。男は、その先の答えを欲し、その道を西に歩み始める。冷静に極められた、その空気の中を。
 男は遥か遠くを、常に見ていた。しかしその視界はぼんやりとしていて、何を見ているのかはわからなくなっていた。ただただ、遠くを見つめて、具体性を持たない、それに手を伸ばし歩き続けた。
 一秒ずつにしか進まない世界の中で、男は未来を求め、遥か先を眺めた。そこに描く幸せ、まだ見ぬ希望。それは、未だ実体を持たない時間。
 一秒すら戻ることのない世界の中で、男は過去に抗い、彼方を悔いた。あの時、あの場所へもう一度、拭いたい絶望。それは、永劫崩れることがない時間。
 果てしない景色を、男は見ている。目を離せないでいる。
 眠りについた甲州街道沿い。男は無人の喫煙所に当たった。ポケットに入れた煙草を取り出そうとして、引っかかったライターがコンクリートの上に落ち、静寂の中に音を一つ彩り、消えていく。
 男は無言でしゃがみこんで、指先でライターを拾う。立ち上がったとき、下向きに見ていた景色が変わった。
 山々のシルエット、その先には星空と、微かな暗雲。
 煙草に火を付け、ぼんやりと男は考えた。
 未来の希望も、過去の絶望も、男には、はっきりと見えていない。ぼんやりと見えるそれは、もはや色彩の確認に過ぎない。
 煙草の灰が落ちる。男にとっての折り返し地点はそこだった。道を引き返す他にない。
 この道の先、この先の時間。男は拭いたい過去も、求める未来も必ず得ることはできない。
 果てしなさは、陽炎のように揺らめく幻、一等星の輝きを持つ星の実体。
 それは暗い暗い道標。ぼやけた景色を求め、歩み続けるこれからの時間。
 男の願いは、永遠に叶うことがない、その虚無感に、男は永遠に、気づかないフリをして。

 果てしない、この道の上。

 

nina_three_word.

〈 果てしない 〉

玉響な少女

 今でも思い出すわ。あのいたいけだった頃のこと。
 いたいけを奪われた、ときのことを。

 あれはね、森の胡蝶蘭が開花する前のことだった。高等学校に入学した私は、すぐに、その男を知ったの。一つ上の学年、背が高くて、生徒会役員の書記をしていたかしら、世の中にはこんなにも綺麗で美しい人がいるんだ、なんて感動したのを覚えてるもの。
 藤取先輩。私は話すことなく、ずっとずっと、遠くから、芸術作品を眺めるように見ていたわ。全校集会になれば先輩は生徒役員として、端に並んで目立つから。それだけじゃなくても、放課後によく見かけていた。そうやって追いかけることが、恋なんだって気づくのに、半年もかかって、秋には私から探すようになったの。藤取先輩は、一人でいることが多かった。まるで、何かを待ってるみたいに。
 夢にまで見るようになって、私はきっと、あのときが一番少女だった。先輩の幸せを考えて、私が先輩で幸せになることを考えていた。そんな矛盾を抱えて、それに気づかず、日々混沌とした純粋無垢な恋心を持っていたの。
 少女だった私は、それを秘密の園として、永遠に隠すつもりだったわ。……ええ、そうね、そのときの私は、いつまでも〈私〉でいられるって信じていた。
 だけど、それを暴いたのは、他ならない先輩自身。
 三月上旬。生徒会の手伝いが必要だって先生に呼ばれた私は、生徒会室に向かったの。そこには、先輩しかいなかった。風邪だったか、なんだったか、他の役員の代わりに私。とにかく先輩と話せるってことが嬉しくて、そんなことは気にしなかったわ。私は変だと思われないように、必死に必死に、普通でいた。卒業式に使うという箱を、先輩と一緒に体育館に運んだの。たった少しでも関われて、それだけで私は幸せだった。
 作業が終わって、私は生徒会室に荷物を取りに戻った。帰るとき、先輩も生徒会室に戻ってきたの。私は、私は何か言わないとって思って、今日は話せて良かったです、って伝えたわ。そしたら、それが火蓋みたいに、先輩が私に近づいて、あっという間に。
 先輩は私を優しく抱きしめて、耳元でいろいろな質問をした。恥ずかしかったけど、その甘い声に私は逆らえなくて、私が日々想っていたこと、全部吐かされたわ。その声が、今でもお呪いのように頭に残ってる。きっと、こうして記憶に残すこと、そして、つぼみだった私を開花させる呪いだったの。
 私が、少女を終えることと引き換えに、数多の快楽を先輩から教えられた、植え付けられた。先輩の声、指、力、言葉。
 夢と地獄のような時間はあっという間に終わって、先輩は果て、一言呟いて、帰っていった。
 それ以来、私はまた同じ立ち位置に戻って、少女は死んだ。先輩との未来を迎えずに。

 それは、たまゆらだった。いたいけだったあの頃、終わる時。
 そのたまゆらが、今も私にお呪いを残して、つぼみに戻りたいと願うの。

 

 

nina_three_word.

〈つぼみ〉〈たまゆら〉〈いたいけ〉〈おまじない〉

イートユー

 廃ビルの中。私は綺麗なミント色のガムを、口の中に入れた。それが始まりの合図。
 ターゲットの男は、私の姿を見て一目散に逃げ出していた。それが常人の反応なんだろうけど、少しだけ傷つく。
 くちゃくちゃと、音を立てて静かに歩く。ターゲットは遠くに逃げれないはず、まだ近くにいる。
 この咀嚼音だって、耳を澄ませば聞こえるはずだ。威嚇と恐怖の足音と同じ。音が近づけば、追い込まれるだろう。
 口の中で、時間と共にガムの味がなくなっていく。
 ふと、私の憎らしい太く長い尻尾が、壁に当たり音を立てた。相手の気配が、息を殺したのを肌で感じる。
 無味になったガムと共に、そろそろ潮時。私は口の中のガムを歯に挟んで、口の外に膨らませた。
 ふうせんガムというものが、人間だった頃は出来なかった。それが人間もどきになった今になって出来るだなんて、人間らしいとは何だろうか。

 この変な病気で、骨と肉が徐々に人間離れをした。七年前のこと。
 治すために無法地帯にも近いこの国で、人を狩り始めた。五年前のこと。
 人を狩ることで、別の何かとして確立して、安心するようになったのは。
 ……いつからだろう。

 風船ガムが膨らみ続け、そして、弾ける。
 さあ、本気で探そう。人間に戻って、この煙たい国から出るんだ。
 私は自身の憎らしい尻尾で、壁を壊し、咆哮する。ターゲットが怯えたのを感じた、斜め後ろ。
 私は壊れた戸棚を倒した、中から叫び声。
 もう逃げれないことが確定し、私は微かに人間らしさが残る右手の指で、戸棚を静かに開ける。中で、男が怯え、小さく収まっていた。ああ、こういうときなんて言うんだっけ……見ぃつけた。ただ、それを口に出せば、私のしゃがれた声が女心を殺す、自身の声で傷つくんだ、滑稽だ。
 私が人を狩ることで、人間に戻る方法は二つ。
 一つは、金を奪い貯め、医者を探すこと。
 もう一つは、人間が人間に戻るための、血肉を得ること。
 豚肉を好む人間が豚になることはない、それはわかる。けど遠い昔、人間だった頃、好きな人の傷口を舐めて、その人に近づけた気がしたんだ。
 人間だった頃の記憶が、私を人間から外し、人間に戻る可能性を指し示す。
 だから……いただきます。知らない男の人。
 逃げようとする男を、私の尻尾で巻いた。怯える男の腹を、人間離れをしてしまった、左手の長く鋭い爪で、一思いに刺す。男は水に溺れるような声を出して、その声が途絶えないうちに、新鮮な肉を食らう。
 少しでもその男を愛そうと、人間らしい右手で男を愛でる。この食事は、愛情表現だ。逃さないようにキスをするのと、大差はない。
 私の中で、生き続ければ良い。
 ごちそうさまでした。愛しい人。

 

nina_three_word.

〈 ふうせんガム 〉〈 尻尾 〉〈 煙たい 〉

後見役人魚の行く先


 彼女は、どこにでも、どこへでも泳いでいくことができます。
 その姿は淡い白色のショートボブの髪に、血色の良い肌、そしてその下半身は魚の尾で、まるでお伽話の人魚姫のよう。
 どこにでも、泳いでいける彼女にとって、空は海のようでした。
 でも、彼女は一度も、海に辿り着いたことがありません。
 街角の電気屋、そこに置いてあったテレビで見た人魚は、海を気持ち良く泳いでいました。
 海は彼女にとって憧れ。

 そして今日も、彼女は空を泳いで海を探して彷徨います。

 人々から姿を目視されない彼女は、困っている人たちをよく助けていました。
 例えば、外出する間際、携帯が見つからない学生と一緒に携帯を探したり。
 火を点けっぱなしで寝てしまった、おじさんの代わりに火を消してあげたり。
 よろけてるお婆ちゃんの重い荷物を、少し軽くしてあげたり。
 決して、それ以上のことはしようとしませんでした。あくまでこの世界の後見役黒子程度として、それが自身の役割だと信じて。
 彼女は、自身がこの世界の主役ではないとわかっていました。

 ある日のこと、彼女が世界を彷徨っていると、あるアパートの一室の中、困っている人を見つけました。
 その青年は椅子に立ち、天井から吊るした縄に首をかけようか、思い留まっています。彼女はそんな青年のために、首に縄をかけてあげました。
 青年は、取り憑かれたように目が死に、椅子から飛び降ります。
 青年はもがき、撒き散らし、動かなくなりました。彼女は自害することに何の意味があるのかと首を傾げ、でもまた何か手伝えることができたと、喜びました。
 ふと。嗅いだことのない匂いが、彼女の小さな鼻に入りました。その正体を知ろうと、彼女は匂いを辿ります。
 辿り着いたのは、ある高校の階段の踊り場。男子生徒が、女子生徒に跨って首を絞めています。しかし、その絞める力は強くありません。
 殺したいんだ、と理解した彼女は、一緒に首を絞めてあげました。男子生徒は言い訳を口に出しながら、彼女と一緒に女子生徒を殺します、ゆっくり、ゆっくり。
 女子生徒は面白い顔をして、動かなくなりました。男子生徒もまた、少し面白い顔をしていて、彼女はクスクスと笑いました。
 匂いがまた強くなりました。彼女はその匂いを辿り、優雅に泳ぎます。
 今度は、希死願望を呟く男の家に辿り着きました。彼女は自身に何が出来るかと悩んで、その男の家に火を付けました。
 燃え盛る中、男は叫びながら助けを求めます。彼女は少し悩みましたが、数分前の希死願望の呟きを尊重しました。
 全てが焼け朽ちたのを見届け、また匂いが強くなりました。それは、もう、すぐそこのように。
 辿り着いたのは、大きな大きな青。それは彼女が夢にまで見た海。
 きっと、人助けをしたご褒美なんだと、彼女は大喜びしました。
 ふと、崖の上から海を覗く少女に彼女は、気付きます。ああきっと海に入りたいけど勇気がないんだ、そう思った彼女は、少女を後ろから落としました。
 落ちていく少女。それを追うように彼女も海に入り、深い深い暗闇の中へと、沈んでいきます。

 後見役を終えた彼女は、海の中で綺麗な泡になりました。

 

nina_three_word.

〈 人魚 〉〈 黒子 〉

男子高校生二人

 放課後、俺と永友は、川沿いに座って並んでいた。
 丁度良い高校の帰り道の途中。誰も来ない茂みの奥。見ていて飽きない、永遠に動き続ける川の流れ。それらの条件は長話をするのに都合が良くて、俺らは放課後、ここによく集まっていた。
 ただ、今日は長話をしにきたわけじゃ、なかったけど。
「あーマジかー」
 永友が眼鏡越しに、遠くを見つめて呟いた。何回目のマジか、だっけそれ。
「なあーどうする?」
「知らんし」
 俺の言葉にそう返して、足元にあった石を永友が川に投げる。それも何回目、だっけ。
 川沿いに並ぶ俺らの後ろには、吉乃さんの死体が転がっていた。
「殺してしまったのは……ほんと、ごめんな」
 殺したのは、俺だ。
「いやーいいって」
 失恋したのは、永友だ。
 今日は、永友が勇気を出して近所のお姉さん、吉乃さんに告白をする日だった。
 この場所で俺は、永友の想いを何度も何度も聞いてきた。この場所で俺たちは、どうしたら恋愛は成功するかだなんて話して、盛り上がった。
 そして遂に今日、永友はこの場所で吉乃さんに想いを告げた。でも、吉乃さんの答えは「ごめんなさい」だった。
 見たことのない表情をする永友、シーサーみたいな顔してたと思う。
 俺は茂みの影から隠れて永友を応援してたんだけど、吉乃さんが何か言おうとして、俺はとっさに茂みから飛び出て、手に持った石で吉乃さんの頭を後ろから殴りつけて、何も喋らせないように何度も何度も何度も、顔面に石を振り下ろした。
 じゅぶじゅぶ音を、立てていた。
 日光が川の水面を照らし、川沿いは光に包まれている。なんだかこの時間は非現実的で、後ろに転がる死体も嘘みたいだった。
 しかし手には、川の水で落ちない血が、残っている。
「それ、落ちない? ウェッティいる?」
 永友がカバンからウェットティッシュを取り出して、俺に渡した。あるなら先に渡して欲しかった。
「自首……するかなあ」
「はあ? 別にお前は自首する必要ないだろう」
「いや、でも、どうする……」
「いいって、隠すの手伝うから」
 永友はよく口癖のように「いいって」と言う。永友が吉乃さんのことを教えてくれたとき、俺が「成就させようぜ」って言った時も、そう言っていた。
 本当に、いいのか?
「……まあ、なんだ。俺のためにだったわけだし、結果聞かなくて良い言葉だったろうしな。うん、いいんだ」
 俺の考えに答えるように言った永友が、眼鏡を中指で掛け直し、立ち上がった。
「よし、北と西。どっちがいい」
「えっ」
「どうせここにいても捕まるだろ」
「えっ、えええ、そこまでは考えてなかった……」
 俺も手が綺麗になり、立ち上がった。
「お前は、行動力だけだよな」
 呆れたように、永友が言った。
「……そういうお前は、考え過ぎで行動力ないじゃん」
 俺の言葉に、永友がニカっと笑う。俺もきっと、笑っていた。
 放課後の河原、茂みの中死体を一つ埋める。俺ら二人が、街から消えた。

 

nina_three_word.

〈 放課後 〉

低温の眼差し

 その黒髪の中の、冷ややかな目が、好きなんだ。

 ある冬の晩、彼女の鈴世と喧嘩をした。些細な喧嘩だった。鈴世は、俺の目さえ、見てくれなかった。
 その時期、喧嘩は頻繁にあったんだ。些細な喧嘩は重ね重ね、時間の解決に頼っていた。だから、お互いがお互い、鬱憤は溜まっていたと思う。
 鈴世が俺の目を見なくなって、どれぐらいが経ったか。
 でもそのときは、気付けなかったんだ。いつも通りの喧嘩、きっとまた時間が解決してくれる。それでいつまでもいつまでも、一緒にいられる。鈴世は永遠に俺のモノ。そう思っていたんだ、きっと、いや、俺は馬鹿なんだ。
 過ちというものは、過ぎてから気付くものだった。
「もう、ダメだと思う」
 その「もう」というのに、どういう意味が込められているのか、数秒考えて、可能性として「ずっと考えていた」ということに気づいて、それはつまり、この数日の間、二人の関係に希望を抱いていたのは俺だけだったという推測を立てて、イラっとした。
 違う、気に入らなかった。
「一応聞くけど、なにが?」
「この先の時間」
 鈴世が抽象的な表現をするときは、大抵マジのときだった。
「なんで?」
「そうやって聞くのがもう、終わってるよ」
 逆撫でをしたらしく、鈴世は俺の部屋にある荷物をまとめ始めた。
「待てって」
「待たない」
「こっち見ろよ」
 きっと、俺のその要望は本人にとって重要に捉えられることはなかっただろう。目って、俺にとっては重要なことなんだけどな。
 だからこそ、鈴世は言ったんだ。
「死んでも見ない」
 次の瞬間に、灰皿で鈴世の頭を殴っていた。何度も何度も。抵抗していたのも俺の目には見えてなくて、それで、何度も、何度も。
 六畳の俺の部屋の中。鈴世は机の脇に、腕を伸ばしうつ伏せに倒れていた。死んでいた。考えたこともない未来だった。
 不思議なことに、スカッとした感情と、後悔の感情を自由に行き来することができた。まるで多重人格のように。
 妙に、冷静だった。
 鈴世の死体を、ひっくり返した。薄く、目が開いている。それは、少し、あの冷ややかな目のような、それ以上のものだった。いくらでも、見つめてられる。
 どれぐらい時間が経ったんだろう。時の経過を、濁った鈴世の目を見て、気づく。
 窓の外は真っ暗だった。街灯の気配も感じない。廊下の奥はどこまでも続いていて、天井はどこか、高かった。
 ああ、叶うなら……

 朝の光で目を覚ました。
 隣では、鈴世が俺に背中を向けて、寝息を立てている。
 起き上がって、鈴世を起こさないように台所へ向かって、煙草に火を付ける。
 夢の内容は、はっきりと覚えていた。ライターが、手汗で滑り落ちるほど、鮮明に。
 安堵をする。夢の中の過ちは、あり得ることで、もう少し鈴世への接し方を、改めるべきだと考えた。
 しかし、それと同時に、鈴世の死んだ目も、忘れることはできなかった。
 過ちは過ぎてから気付くもの。
 成功は行いの後に見えるもの。
 煙草の灰が、床に落ちる。

「もう一度」

 

 

nina_three_word.

〈もう一度〉という台詞。

恋茄子事件

ナスカさんがカストルに来て、先月で一年ですよ」
「んん、それは微妙な記念だねロング君。口に出す必要もなさそうな記念じゃないか」
 部屋の中、暖炉に揺られて二人の男の影が踊っている。
 ここは暗黒街カストル、寿命在る街。
 ナスカ・ウィンドウが自身の世界を失い、魔法という力を主流としたこの世界に辿り着いて、ロング・ミラーと共に探偵業を始めて、一年と一ヶ月が経った。
「いや、記念は記念ですよ。カストルでは一年と一ヶ月をクリームドリンクで乾杯して祝うのです」
「本当かなあ」
「ええ、本当ですよ。でもまあ、疑うのは、その目の前にある事件を解決してからにしてください」
 話を逸らしたのは君だろうと、頭を掻きながらナスカは机の上にあったアイテムを手に取った。
「どうですか? 魔法使い探偵」
 魔法使い探偵。人は魔法の使えないナスカを、皮肉と尊敬の念を込めてそう呼ぶ。
 三日前。十字街ポルックスのカフェ〈ツインズ〉のマスター、ウィリアム・クロウが何者かに殺された。
 ウィリアムは悪魔を見たような形相で倒れ、現場には、一つのアイテムが残されていた。
「僕が医療に携わっていれば、この世界で大儲けできたんだけどねえ。まあ、死体を見る限り毒か、君らが使う魔法の類なんだろうけど」
「それもわからず。現場に残された俺らにはわからないアイテムだけが頼りで、ナスカさんの出番ってわけですね」
 単眼の怪物を思わせるような箱型のアイテムを、ナスカは机に置いた。
「これは、カメラだ」
「カメラ?」
「ああ、見るからに古いってわけではないが、フィルムを使うものだな……やはり、僕以外にもいるんだな……」
「なんですか、カメラって」
 ぶつぶつ話すナスカを前に、置いてけぼりにされたロングが不機嫌そうに言った。
「ああ、すまんな。そうだなあ、一瞬で風景画を作る魔法、とでも言おうか」
「はあ、そんなのがあったら芸術家は死んでしまいますね」
「……いや、そうでもないよ。時間が為す技というのは、評価されるものだ」
 再び、カメラを手に取るナスカ
「それじゃあ、その中に事件の真相の絵が入ってる、ってことですか?」
「そうなんだが、僕はその絵を取り出す術を知らなくてな……下手に取り出せば中身が消える」
ナスカさん……」
「ええい、待て待て、考える……」
 ロングにカメラを渡し、椅子に深く座り込んだナスカが、斜め上を見上げた。
「ロング君、それに魔法を使った痕跡は?」
「ばっちりありますね。この単眼のところ」
 レンズ、魔法、フィルム……ナスカは考える。
「参考になるかわからないんですけど、暖かいです、この魔法」
 暖かい。ナスカはバチバチと燃える暖炉の火を見つめた。
 下手に取り出せば、消える。
「なるほど。下手に取り出すよりは、いいかもしれない」
 ナスカはそう言って、カメラを暖炉に投げ込んだ。
 暖炉の中で、カメラが崩れる音。
「えっ、なにしてるんですか!」
 ロングが騒ぐが、その影を見て、口を閉ざした。
 暖炉から、影が伸び、まるで絵のように浮かび上がる。
「フィルムには、光の情報を記録する性質がある。ならその光が火の魔法であれば、またそのフィルムの情報を引き出すのも火、だろう」
 次々に写り出される人型の影は、人とは程遠い、形をしている。
「ロング君、これは?」
「マンドレイクの、根ですね。人を殺す幻覚を見せる……猛毒です」
「ふむ、珍しいものかな」
「ええ、珍しいです。売人を絞り込むのも容易いかと」
 息を大きく吹き、ナスカが立ち上がった。
「解決、だな」
「ですねえ……それにしても、なぜ火の魔法だってわかったんですか?」
「あそこのな、ウィンナーコーヒーが好きだったんだよ。ああ、君らはクリームドリンクと呼ぶんだっけ。品がない……」
「待ってください。品がないかはともかく、あそこに通ってたんですか?」
 なぜ連れて行ってくれなかったんですか、と怒るロング。
「いやあ、僕はカストルっぽさはないからねえ」
「今度は俺も連れて行ってください!」
「そんなことより、カストルでは一年と一ヶ月をウィンナーコーヒーで祝うってのは本当かい? カストルを敬愛する身としては、是非知りたいとこだなあ」
 

 

nina_three_word.

〈 フィルム 〉

〈 マンドレイク 〉

〈 ウィンナーコーヒー〉