kurayami.

暗黒という闇の淵から

臙脂色の傘

 今日も、あの子の傘はなかった。

 荷物の詰まった段ボールが日に日に増えていく。この街を離れるまであと、二日だ。
 所謂、一目惚れというものだった。あれは二年前の梅雨。今日みたいに紫陽花が喜びそうな、シトシトと雨が降る、梅雨の日のことだ。俺は冷蔵庫の中のビールが切れたことに気付き、買い物ついでに坂の下まで降りたんだ。水溜りに片足突っ込んで、雨という災害に対して殺意を抱いていた。些細な雨だというのに小規模な冒険をして、なんとかコンビニに辿り着いた。ああ、ちなみにそのコンビニ、最寄りのコンビニってわけじゃない。お気に入りのビールってのがあって、それがこの坂の下のコンビニまで行かないとないんだ。ついでに欲しい煙草もここででしか買えない。悪いのは最寄りのコンビニと、この化物坂だ。
 まあ、そんな悪態をついていたのも、その日までだったんだが。
 買い物を済まして、帰りの上り坂に嫌気がさしていた俺は、出口で綺麗な女とすれ違った。肩まで伸ばしたロングの茶髪、大きな黒目、みどり縁のメガネ。左頬の小さな黒子。甘い香り。小ぶりの胸。一瞬のすれ違いだったにも関わらず、多くの情報量が俺に入ってきた。まあつまり、俺はその女に惚れたのだ。
 コンビニを出る時、傘立てには俺のビニール傘と、臙脂色の傘が刺さっていた。店内には俺一人しかいなかったことから、それが彼女のモノだということがわかった。
 ああ、それからだ、俺が臙脂色の傘に過剰反応するようになったのは。馬鹿みたいに傘を気にするようになったし、雨を毛嫌いしなくなった。そしてあのコンビニの傘立てに、臙脂色の傘が刺さっているのを見かけるたびに、俺は煙草を買いに入っていった。どうやら、あのコンビニが彼女にとっての最寄りらしい。
 しかし人見知りな上に奥手の俺は、いつになっても彼女に声をかけられなかった。進展は正義ではなく、希望だ。そして希望は表裏一体、絶望でもある。声をかけてドン引きだなんてこともあり得る。しかし彼女のことは心の底から好きだった。
 そんな想いを募らせ腐らせ、二年。俺はある都合で、この街を引っ越すことが決まってしまった。それもこの梅雨に。まだ彼女に、何も伝えていないのに。
 引っ越しが決まってから俺は、雨の日は必ずコンビニに行くようにした。会ったその日に、気持ちを告げるために。伝えなければ必ず後悔することを、俺はわかっていたからだ。
 しかし、彼女になかなか会うことは出来なかった。荷造りされ、梅雨に湿った段ボールが日に日に増え俺は焦っていく。
 もう会えないのかと諦めた、引っ越し前日。ついに、傘立てに臙脂色の傘がささっているのが見えた。彼女はレジで精算している、どうやら公共料金の支払いをしているようだ。
 とっさに俺は、コンビニの横に隠れた。しばらくして、彼女がコンビニから出て行くのが見え、俺は後ろを着いて行く。このまま家に帰るのだろうか、だったらチャンスだ。
 この時をずっと待っていた。もっと早くこうしていれば良かった。どうせサツに追われる身なのだから。何をしても怖くはない。彼女が家の玄関を開けた瞬間に、俺に長く付き合ってくれたこの傘で、背中を刺し抉ろう。怯んだ隙に、雨に濡れないように、家の中に連れ込むんだ。
 あとはその、美味しそうな黒子を抉っていただくだけ。

 


nina_three_word.

〈 傘立て 〉

〈 段ボール 〉

〈 抉る 〉

 

残された結び目

 赤い糸、と呼ばれるものがある。
 それは運命の糸だなんて言われるけど、私はそうじゃないと思う。だって、赤い糸はきっと、血管の比喩。熱くて、命を流して、脈を打つ。
 そう、赤い糸は繋がる……じゃなくて、結ばれる。
 だって、例えどんなに愛し合って繋がったとしても、お互いの血と愛が流れてぶつかって、パンクしちゃうでしょ。それって、失恋よりも残酷。
 だから、結ぶんだ。それで、どうせ結ぶなら、固く。
 離れないように、何処にもいかないように、解けないように、固く固く結ぶ。
 例え、血管が痛いと悲鳴をあげても。貴方が、顔を歪ませ嘆いても。
 パンクするよりはいいと思う。愛のために、血を滴らせて流すなんて素敵じゃない。底に出来た二人の血溜まりは、生温い思い出なんかよりも価値があるはずだから。好きなだけ嘆いていれば良かったんだ。

 私には、赤い糸なんて見えない。
 だけど、結ぶのは誰よりも得意だった。
 解くのだって、同じぐらい。

 欲しい男がいたら、うまい具合に手繰り寄せて結んで。飽きたら解いてあげていた。
 赤い糸を運命と呼ぶのは、逃れられない快楽からの、支配的錯覚。
 運命だと思わないと狂っちゃうんだろうね。可愛い生き物。それに比べ、自覚し利用していた私は、とても醜い。
 ある日、異様なまでに欲しい貴方が現れた。
 時間をかけて、好きになっていた。これが本当の恋なんだと、目眩がした。
 花が好きだからと言うその趣向も、その寝惚けた眼差しも、少し赤い耳も、これから先の貴方の未来も、どうしても欲しかった。
 だから、私は強く強く、何重にも、固結びをした。手離さないように。
 最初の内は、貴方喜んでいたよね。私に血が流れるほどに熱く愛されて。共依存に陥って抜け出せないという毒を、笑顔で啜っていたよね。
 なのに、貴方は時が経って、愛が痛いだなんて嘆き始めた。
 心の内は、その愛が無いと生きていけないくせに。私無しには生きれなくなっていたくせに。
 固結びに自信のあった私は、特に焦りはしなかった。優しく宥めて、毒を注ぎ続けた。
 いつまでも一緒。そう毒に侵されていたのは、私だったね。
 気付けば、貴方はいなくなっていた。
 とても寒い夜、柔らかく結ばれた縄に、首を通して。
 馬鹿な人。だけど、私はそれ以上に馬鹿だ。
 いつまでも一緒にいれる、そんな私の自信が、何処までも私を哀しませ、狂わせた。貴方の未来も、耳も手も、趣向も、もう何処にも残されてないのだから。
 きっと、私の元にあるのは、この痛々しい、結び目だけ。

 

 運命だって受け入れられるような可愛さが、私にも欲しかった。


 

 

nina_theree_word.

〈 固結び 〉

〈 嘆く 〉

 

迷えるノースポール

「ママー……どこー……」
 少女の呼びかける声が、黄色くなった空と十字路に響く。
 迷子の声は、母にも、誰にも届かず、ただただ不安混じりが濃くなっていく。
 十字路を真っ直ぐ抜けた先、少女は白い砂浜を歩いていた。荒波が立てる音は、少女の呼ぶ声の気力を消し、無言の不安となり、やがて、目から雫となって落ちていく。
「ママ……」
 少女が呟く。
 その声に答えるように、少女は白い砂浜に水色の建物を見つけた。


「いらっしゃい、迷子さん」
 少女を出迎えたのは、二十代半ばのポロシャツを着た〈お姉さん〉だった。
 目線を合わせるように、お姉さんはしゃがむ。
「いつから迷子なの?」
「うう……さっき?」
「そっかそっか、貴女は運がいいね。うん、もう大丈夫よ」
 その言葉に少女が安心した瞬間、疲れが身体に回った。目尻がヒリヒリしている。
 お姉さんに案内されるがまま、少女は中に入っていく。水色の建物の中は、何処までも広く、何処までも続いていた。無造作に置かれた無数のベンチには、老若男女の人々が座っている。
「ここはどこなの?」
 前を歩くお姉さんに、少女は着いて行く。
「すべての迷子センター」
「すべての? あそこに座っている人たちは、迷子なの?」
「そう、迷子。まだ、迎えも来ず、帰る場所もわからないまま」
「……大人の人も、いるよ? どうして帰れないの?」
 大人は探す側じゃないの、とても言いたげな、少女の目。
「大人だって、迷子になるんだよ。探しているうちに、見つからなくなって、迷い込んで出口を失ってしまう」
 まるで、説明とは別に意思の篭った、お姉さんの声。
「だめだよ貴女。大人だから、子供だからって言ったら。そうやって責めて、大人になったときつらいのは、貴女なんだからね」
「ん、ん、大人もつらい?」
「つらいよ。でも、それを救ってくれる人がいるからこそ私たちは、しあわせ」
「わかった、じゃあ、帰ったらママもパパも、たくさん甘やかす」
「えらい!」
 お姉さんが、書類の散らかった机に辿り着き、席に座った。
 パソコンにかかった上着を払いのけ、電源をつける。
「どこで迷子になったか、わかる?」
「えっと、十字の道」
「なるほど。夕方?」
 お姉さんは、質問の答えに合わせ、キーボードを鳴らす。
「うん、うん」
「誰といた?」
「ママと、弟のヨシ君」
 最後の質問と答えを区切るように、エンターキーが押された。
「ふうん、……よし。わかったよ」
「ほんと?」
「ほんと。だけど、貴女から向かわないといけないね」
 そう言って、お姉さんが席を立った。
「案内するよ。あ、でもその前に……」
 お姉さんは帽子掛けにかかった黒い布を手に取り、少女の目が隠れるように巻いた。
「どうして、隠すの? こわいよ」
「ごめんね。でも、見えるから迷子になることだって、あるんだよ」
 少女の小さい手を、お姉さんは引く。
 お姉さんの冷たい手に、少女は引かれていく。
「まだ、まだ?」
「もう着くよ」
 重たい鉄が引きずられる音を、少女は聞いた。
「ここに、横になって」
 お姉さんにエスコートされ、少女は怯えながらも、少し硬いベッドに横なる。
「すぐに、ママに会えるよ」
 お姉さんの優しい声に、少女は考えることを止めた。
「はやく、帰りたいなあ。帰ったら、」
 少女の言葉を遮るように、お姉さんが横たわった小さな身体に、鎌を振り下ろした。


 少年の前で、姉だったモノが潰れて、道に転がっていた。
 そして、母が膝をつき、言葉を失っている。
 少年はそっと、母に抱きつき、肩を優しく叩いた。
「ママ、だいじょうぶだよ、大丈夫」
 やっと帰れた。
 そんな言葉が少年の胸の内に一瞬浮かんで、消えていく。

 


nina_three_word.

〈 迷子センター 〉

夢寐病

 人工的な静けさに包まれた東京に、中央線の音だけが響いていた。
 乗客が存在しない電車は、もはや意味のない虚しい往復を繰り返している。
 二十四時間のコンビニも、眠らない街も、夢の幻だったみたいに機能していない。
 約二十日前。半数以上の都民が、まるで合わせたように、学校を、仕事を休み始めた。
「まるで、寝ているように身体がうまく動かない」
 数々の電話が、そう主張した。
 夢寐病。
 医者が見たこともない聞いたこともないと、両手を挙げている間に、メディアが勝手に付けた名前が広まっていた。
 わかっているのは、潜伏期間が非常に長く、かかれば身体が眠るように動かなくなっていく。苦痛も、空腹もなく、ただただ、身体が時間をかけて、微睡みの中へと落ちていく。
 そして、治し方が未だにわかっていなかった。
 誰がどのタイミングで最初にかかったのか。日常的に電車の中で混ぜられ、様々な副都心を交差する都民にとって、それはもうわからないことだった。
 次々と、夢寐病にかかっていく、都民。
 しかし、蔓延した不治の病を、都民は心の底で喜んだ。
 安堵していた。救いだと思う者もいた。
 会社から、学校から、集団から。体力を、気をもう、使いたくない。雑踏から、意味のない通知から、離れたい。
 都民は、心の何処かで東京から解放されたいと、思っていたのだ。
 そして、それは僕もそうだった。
 八日前のこと。僕はついに夢寐病にかかった。
 かかる前に、東京を離れることだって出来た。けど、それをしなかったのは彼女の存在があったからだ。
「はなれないで」
 うわ言だったのかもしれない、けど、微睡みに囚われた彼女は一度だけ、確かにそう言った。
 愛しかったのが大きな理由だとは思う。でもその背景にあったのは、この非現実的で、静かな東京に麻痺されたというのもあるだろう。
 僕は許可もなく、彼女の横に寝転んでいた。本当に食欲もなく、微睡みの時間だけが流れていく。彼女とこうして長い間隣にいれるのは、いつぶりだろう。
 夢寐病にかからなければ、僕は、彼女とのずれた時間を取り戻せなかった。
「東京から解放されるって、こういうことだったんだね」
 僕の言葉に、彼女は何も答えない。
 もう四日間、彼女は何も喋っていなかった。
 テレビはずっと砂嵐で、外からは小鳥の鳴き声がする。
 東京は死んだのか。いや、眠りにつくのが、正しいのかもしれない。きっと、疲れすぎたんだ。
 霞んだ視界の中、彼女の安らかな寝顔が見えた。
 僕は全てがどうでも良くなって、東京共に、微睡みに溶けていく。

 

 


nina_three_word.

〈 都市 〉

〈 不治の病 〉

 

黒い匂い

 ふわふわぼさぼさの寝癖が、目立つ男の子だった。
 たまに中でも会えたけど、中庭に行けばもっとたくさん会えた。
 出会いは確か、私がカマキリの卵が孵ってるとこを見ていたとき、横からあの子が覗いてきたんだっけ。そうだ、カマキリのメスがオス食べちゃうって私が知ったのは、あの子のせいだった。
「こんにちは、今日も寝癖が酷いね?」
 ふわふわで、ぼさぼさの寝癖をした男の子を、私は心の中でねぐせ君と呼んでいた。
「こんにちは、君はいつも寝癖のことを言うねえ」
 会うたびに同じことを言っても、許される歳の頃の話。
「だって目立つもん、その寝癖。帽子を掛けるやつみたいだよ」
「寝相が悪いんだから仕方ないじゃん。というか、そんな帽子掛けみたいに、背高くないし」
 ずれたところで、彼がむすっとした。
「今からそんなこと気にしてるの? 男の子なんだから、これからだよ」
「……これからだと、いいなあ」
「これからだよ、大丈夫、だいじょうぶ」
 少し落ち込んだ彼を、私は励ます。
 次に会ったのは、それから約二週間後の夕方。飛行機雲の影が空に出来てるの見てたとき。
「綺麗だね」
 後ろから、彼が声をかけてきて、私は少し驚いた。
「あ、ね、ねぐせ」
 思わず声に出してしまった。
「ねぐせって名前じゃないよ。別にそれでもいいけどさ」
「ごめんごめん。わ、今日は少し落ち着いた寝癖だね?」
 彼が、私の横に並んだ。
「少しだけ、ね。ああ、君は松葉杖になったんだ」
 いつも車椅子だった私に、彼はそう言った。病気で動けなくなった足が、少しずつ良くなってきていた。
「うん、リハビリ頑張った」
「えらい。君からはずっと、嫌な匂いがしてたからなあ」
「嫌な匂いってなによう。そういう貴方は薬の匂いがするんだから」
 少しむかついたから、はやく良くしなよとは、言ってあげれなかった。
「ごめんごめん。ああ、でも、良かった。足が重症って感じだったもんね。もう重症じゃないね」
「そういう貴方は、寝癖が重症だけどね?」
「あーいえば、こーいう」
 そう言って、日が沈んでも二人で笑った。
 彼は、辛くて寂しい入院生活の中で、私の支えだった。
 歳が近くて、物腰の柔らかく、聞き上手。安心する。
 でも、ある日から、彼は中庭に現れなくなった。寂しさと心配を重ね切った私は、病室を訪ねることにした。
 彼はベッドの上で、上半身を起こし、何所か寂しそうに手元を見ていた。
 寝癖は、なかった。悪い寝相が無いほど、元気がない証拠だったんだ。
「やあ、もう松葉杖無しに歩けるようになったんだね」
「頑張ったからね。そういう貴方は、寝癖がなくなったね」
「おかげさまでね」
 彼が、力無くへらっと笑った。子供ながらにその笑顔が、嘘だとわかった。
「私が頑張ったんだから、頑張りなよう……」
 その重症具合に、私は不安になる。
「どうかな、重症だからなあ」
「ねえ、またカマキリの卵が孵ってたよ」
 だからまた、中庭で遊ぼうよ、そう言いたかった。
「ああ、じゃあまたカマキリのオスが食べられちゃったんだね」
「その話、いやだ怖いっ」
 彼がけらけら笑う。
「……ああ、ねえ。君、良い匂いするようになったよ」
 不意に言われ、どきっとした。しかし今思えば、そういう意味ではなかったんだと思う。
 だって彼からは、
「ありがとう……あの、私、貴方の薬の匂い嫌いじゃないよ」
「なにそれ」
 彼がまた、笑った。
 そのとき、彼からしたのは薬じゃない、黒くて遠い、嫌な匂い。


 この会話を最後に二日後、彼は息を引き取った。

 


nina_three_word.

〈 寝癖 〉

〈 重症 〉

〈 匂い 〉

ダークインダーク

「何処に行けばいいの」
 希望のない明日に解き放たれ、路頭に迷う少女。
 望んだ自由。
 支えのない未来。
 一生目に慣れることのない暗闇の中を、少女は手探りに進む。
 少女を引く手は、もうない。何処までも何処までも、漠然とした不安に心をミンチにされながら、ゾンビのように這うだけ。
「やっぱり、少しだけ、寂しいなあ」
 少しだけ……自身で言ったその言葉に少し疑問を持った時。暗闇の中、少女は微かな光を見つけた。

 少女は小学校からの知り合いと、よく連絡を取るようになった。
 同性の知り合いは、休日には一緒に買い物に出掛けるようになり、少女にとって、友達とも言える存在になりつつあった。
 しかし、そこにあったのは都合の良い距離感だけ。知り合いが求めるものは、空いた時間を埋める存在。
 微かな光は、失われた。
 少女は再び、暗闇の道を進むこととなる。

 次に見つけた光は、鋭く強かった。
 少女は部活動に誘われ、入部する。
 その曜日、その教室に行けば会える存在たちに、少女は半ば安心する。
 しかし、互いを互いに必要とするだけ、強要される意味のない時間に少女は耐えられなくなり、その鋭い光の元を、自ら離れた。

「結局、都合が良い存在が欲しいのは、私もなんだろうか」
 ふと、少女は〈あの頃〉と〈貴方〉を思い出す。
 しかし、首を振り、再び、暗闇を進み始めた。
 自由を求め離れたのは私なのだからと、繰り返し呟いて。

 少女は、自ら光を作ることにした。
 スケッチブックとペンを持ち、誰に見せるわけでもなく、そこに自己満足に自身の世界を描いた。
 少女にとって、絵は光とまではならなかったが、それは暖かく、力となって暗闇への背中を押す。

 時が経ち、少女が〈少女〉である期限の末、その頃。
 少女は気まぐれに仲良くなった少年に、心を開こうとしていた。
 年相応の、発見と共有。純粋な距離感。
 側にいるとくすぐったい。絵を褒められると、嬉しくて幸せ。少年の仕草が愛おしい。
 やっと見つけた、少女にとっての光。
 しかし、少年の姿に重なるのは〈貴方〉だった。
「何処までも付き纏う〈貴方〉が、私を光に触れさせない。まるで呪いのように」

 少女は混入する記憶と日々が噛み合わず、少年を突き離し、再び暗闇の道を歩んでいく。
 少女は強くなっていた。強く……飢えていた。
 手探りで進んでいた道を、少女は迷いなく、真っ直ぐ進む。
「誰よりも毒で、甘味で、私にとっての闇である〈貴方〉の元へ」
 何処までも深淵の底。漆黒で、暗闇のずっと奥。
 〈貴方〉はまるで、デートの待ち合わせに遅れた少女を迎えるように、口を開いた。

「おかえり」

 


nina_three_word.

最初、又は最後に〈おかえり〉

 

感染思想、君に終止符

 私があの人と出会ったのは、そうね、今みたいに桜の花弁が落ちて、緑が生い茂ってきた頃かしら。話し掛けても無愛想で、でもその癖、気まぐれに向こうから話し掛けてきて、こっちが適当な返事をしていると怒るような人だったの。だけど、私が話を聞いてる内は楽しそうに、にこにこ笑ってて、それを見てると呆れるような、愛おしい気持ちになって。
 そう、これは私の好きだった人の、話。
 あの人、酒癖が酷くてね。暴力とかじゃなくて、外で酒を飲むとすぐ他の女抱いちゃうの。ふふ、そう、私もその被害者。ずるずる関係を引きずってしまった被害者なの。寂しかったなあ。私はあの人にとって〈なんでもない人〉だったから、何も言えなかった。狭い町だったから、いつ抱いたかだなんて、翌日にわかった。ああ、わかった日には、辛くて暗い夜だった。あの人にも、抱かれた女にも「死んじゃえ」って思うだけで、何も出来なかった。何もしなかったわけじゃないけどね。
 そんな根がクズのあの人に惹かれてたのは、もちろん笑顔だけじゃなかった。あの人は〈夜〉が、とっても、上手だった。罪な人、狡い男よ。ナニもかも上手で女鳴かせ。けど、最も上手かったのは、なによりキスだった。
 あの人はね、無理に来ない。理由を付けたり、腕を引いたりして自身に引き寄せる。そしたらもう、逃がさないように、後ろ首に手を回して、顎にもう片手を添えるの。じっくり、浅いところから、深く、這わせ入れていく。中で合わせるように動かして。
 他の人にはない、ぴりぴりして、痺れて溶けていくようなキス。
 それが、支配を受け入れさせるような、危険な安心感をもたらすの。
 ……ふふ、その顔、とっても面白い顔してるね。
 私が、君にするキスと、同じだもんね。面白くて哀しそうな顔。
 おいで。
 支配を強要するんじゃなくて、受け入れさせちゃうのは、今の私の美学。
 そしてこれは、あの人の美学でもあった。
 きっと、あの人が私に感染したように、あの人に感染した女がいる。
 どうしてこんな話、私を大好きな君に話すと思う? その悪い頭じゃ、わからないかな。もう君は、私に必要ないの。そして、この美学だって、もう感染する必要もないの。君には必要ない、自覚して欲しくて話したんだけど、どうなるかな。
 あの人が町に帰らなくなったように、私はもう、君の元を去るんだ。
 だからどうか、この〈夜〉を楽しんで。そしてらこの話も、美学も感染されることなく、全部忘れて。
 さようなら、可哀想な君。

 

 

nina_three_word.

〈 接吻 〉

〈 美学 〉

〈 感染 〉