kurayami.

暗黒という闇の淵から

珈琲に浮かぶ白々

 聖夜の音色と光が響き渡る東京都心の街。冷えた夜空の下には不幸と呼べるような珈琲色に幸福のミルクが落とされて、十二月独特の柔らかな雰囲気が醸し出されている。しかし、それも長くは続かない。クリスマスを終えればあっという間に年末が来て、その年が終わる。
 まるで過ぎていく少年時代。夢。
 十二月は幻。最終決戦地。
 そして事実は、どこの街でも変わらなく、西の果てとて同じだった。
 西へ、西へ。最果ての街へ。太陽の街へ。八王子へ。
 どの街にも聖夜は影を刻々と伸ばしている。
 誰にでも〈アドベントカレンダー〉は迫る。
 布団で寝ていても。失恋しても。布団を剥がれても。
 例え一年間執筆を、終えたばかりでも。
「見て見て、骨くん。今日も八王子の夜空はよく見えるよ」
 ボリュームある黒いショートボブをふわふわと揺らす、お姉さんらしさに溢れる女性……星さんが、暖炉ある部屋の窓の外を見て呟き、振り返る。
「冬だから、ですか?」
 一人掛けのソファに腰を掛けた、色素の薄い痩せ細った少年……骨くんが呟きに答えた。
「それもあるけど、夕方に降っていた雨が埃を落としてくれたってのもあるみたい」
「へえ……」
 吐息混じりに嬉しそうな声で話す星さんに対し、露骨に暗い声で骨くんが返事をする。
「どうしたの」
「いや、本当にアドベントカレンダーが始まるのかなあって、思いまして」
「ああ、千代恋雨がずっとやりたかった〈星〉〈花〉〈骨〉の勉強を一年執筆がやっと終えた今、編集部恒例のアドベントカレンダーと兼ねて八日遅れで小説調で始めるって話?」
 息継ぎを控えめにそう言った星さんが、骨くんの正面のソファに座った。
 アドベントカレンダー。それは本来クリスマスまでのカウントダウンを兼ねたお菓子有りきの素敵カレンダー。しかし何処で捻じ曲がったのか、近年ブロガーの間ではクリスマスまで毎日記事をあげるという、タイム〈キラー〉な文化となっている。
 そして、星さんの言う通り、千代恋雨はずっと〈星〉〈花〉〈骨〉の勉強がしたかった。一年執筆が始まる前はやろうやろうとして……いや、多分やらなかった。怠惰で救いようがなかったから。しかし今なら、一年執筆を終えた翌日の今日なら、小説っぽくこの子たちに会話をさせて、楽しく勉強が出来るかもしれない。タイムが〈キラー〉されたとしても。
 暖炉の火はまた燃え始めたばかりなのか、少し弱い。
 白い肌を火に照らした骨くんが、口を開いた。
「うん。千代恋雨がずっとやりたかった〈星〉〈花〉〈骨〉の勉強を一年執筆が終えた今、編集部恒例のアドベントカレンダーと兼ねて八日遅れで小説調で始めるのは……良いんです。でも、星さんの〈星〉の話は神話や美しさがあるので、素敵混じりに語れるじゃないですか。〈骨〉って……〈骨〉ですよ。何話せば興味持ってもらえるか、楽しいのか、わからないな不安だなって」
「思ったより深刻。んん、でも、大丈夫」
 自信に満ちた言葉。そして、星さんが意味有り気に目を瞑り、しばらく考えて沈黙する。
「……星さん?」
「えっと、ほら。オリオンにも骨はあるんだよ」
「ありますけど」
 それがなに。そんな顔をして骨くんが目を細めた。

 八日遅れの最終決戦地、十二月。
 アドベントカレンダーが今始まる。

 

 

 

 


ni℃
〈 キラー 〉

 

nina 10月-12月 日付別ワード一覧。

10月1日
〈あやなす〉〈ひよめき〉〈かんばせ
#nina3word20171001

10月2日
〈ショッキング〉〈カミングアウト〉
#nina3word20171002

10月3日
〈中心〉
#nina3word20171003

10月4日
〈こぼれ話〉〈図々しい〉
#nina3word20171004

10月5日
〈昇華〉〈霊び〉〈無為〉
#nina3word20171005

10月6日
〈予備軍〉〈慢心〉〈肘〉
#nina3word20171006

10月7日
〈右折〉を繰り返す。
#nina3word20171007

10月8日
〈余震〉〈微雨〉〈小箱〉
#nina3word20171008

10月9日
〈トリガー〉〈破れる〉〈刹那〉
#nina3word20171009

10月10日
〈宝箱〉〈海馬〉
#nina3word20171010

10月11日
ミーム
#nina3word20171011

10月12日
〈学者〉〈憂い〉
#nina3word20171012

10月13日
〈シャーベット〉〈マニキュア〉〈サキュバス
#nina3word20171013

10月14日
〈小心者〉〈駆け落ち〉〈祝女
#nina3word20171014

10月15日
作中で「〈下僕〉になって」を含む台詞を使ってください。
#nina3word20171015

10月16日
〈へそくり〉〈垂れる〉〈よしなに〉
#nina3word20171016

10月17日
〈下心〉〈背中〉〈瞳孔〉
#nina3word20171017

10月18日
〈畳水練〉〈水花火〉
#nina3word20171018

10月19日
〈レンタル〉
#nina3word20171019

10月20日
〈ひだまり〉〈ひねもす〉
#nina3word20171020

10月21日
〈真綿〉〈口篭る〉〈剥奪〉
#nina3word20171021

10月22日
〈うわずり〉〈依怙贔屓〉〈ハマユウ
#nina3word20171022

10月23日
〈ひたすら〉殺してください。
#nina3word20171023

10月24日
〈プロフィール帳〉〈カリギュラ効果〉〈ペタロイド形状〉
#nina3word20171024

10月25日
〈安易〉〈無言〉〈憶測〉
#nina3word20171025

10月26日
〈よろめき〉〈ゆらぎ〉
#nina3word20171026

10月27日
〈ショーケース〉
#nina3word20171027

10月28日
〈化けの皮〉〈裏側〉
#nina3word20171028

10月29日
〈灯具〉〈葡萄〉〈遮光〉
#nina3word20171029

10月30日
〈頬張る〉〈薬降る〉〈木垂る〉
#nina3word20171030

10月31日
〈突き放す言葉〉を並べても、結局〈あなたらしい〉。
#nina3word20171031

11月1日
〈ソファ〉〈あゆみ〉〈ほどける〉
#nina3word20171101

11月2日
〈妙〉〈灰皿〉〈麒麟児〉
#nina3word20171102

11月3日
〈カプセルホテル〉〈アバンチュール〉
#nina3word20171103

11月4日
〈品質管理〉
#nina3word20171104

11月5日
〈ありふれた〉〈ワレモノ〉
#nina3word20171105

11月6日
〈‪邂逅‬〉〈食い潰す〉〈この世の春を謳歌する〉
#nina3word20171106

11月7日
〈レンズ越し〉〈重複〉〈フラストレーション〉
#nina3word20171107

11月8日
「〈どうか〉あなたの手で殺してください」
#nina3word20171108

11月9日
〈厚底〉〈ウサギゴケ〉〈瓦礫〉
#nina3word20171109

11月10日
〈ぺろり〉〈まほろば〉〈ニゲラ〉
#nina3word20171110

11月11日
〈憎い〉〈なんでもない〉
#nina3word20171111

11月12日
〈祝杯〉
#nina3word20171102

11月13日
〈Aメロ〉〈25時〉
#nina3word20171113

11月14日
〈フレア〉〈ペトラ〉〈タイト〉
#nina3word20171114

11月15日
〈蠢動〉〈懇願〉〈至情〉
#nina3word20171115

11月16日
〈酸いも甘いも〉お前次第。
#nina3word20171116

11月17日
〈交わす〉〈靡く〉〈‪綯い交じる‬〉
#nina3word20171117

11月18日
〈‪酣‬〉〈袖〉〈‪鯊‬〉
#nina3word20171118

11月19日
〈イシュタム〉〈テレプシコーラ
#nina3word20171119

11月20日
〈見えざる手〉
#nina3word20171120

11月21日
〈断頭台〉〈巾着袋〉
#nina3word20171121

11月22日
〈捏造〉〈相対〉〈反証〉
#nina3word20171122

11月23日
〈僕ら〉〈それでも〉〈ここにいる〉
#nina3word20171123

11月24日
1行目を〈まだ〉から始めてください。
#nina3word20171124

11月25日
〈はにかみ顔〉〈忘れたこと〉〈やみつき〉
#nina3word20171125

11月26日
〈デート〉〈イーゼル〉〈モーンガーター〉
#nina3word20171126

11月27日
〈平行世界〉〈メタ〉
#nina3word20171127

11月28日
〈寝穢い〉
#nina3word20171128

11月29日
〈刻々と〉〈途絶える〉
#nina3word20171129

11月30日
〈思慮分別〉〈螺旋階段〉〈代償行為〉
#nina3word20171130

12月1日
〈非売品〉〈‪優曇華‬〉〈免罪符〉
#nina3word20171201

12月2日
「〈きっと〉朝は」を含んだ台詞を作中で使ってください。
#nina3word20171202

12月3日
〈垣間見る〉〈項垂れる〉〈手込めにする〉
#nina3word20171203

12月4日
〈軌道〉〈カタルシス〉〈光陰〉
#nina3word20171204

12月5日
サウダージ〉〈脚色〉
#nina3word20171205

12月6日
〈靉靆〉
#nina3word20171206

nina 8月-9月 日付別ワード一覧。

 

8月1日
〈見せしめ〉〈キャンペーン〉
#nina3word20170801

8月2日
〈爪やすり〉〈裏技〉〈口調〉
#nina3word20170802

8月3日
〈今更〉〈懐柔〉〈貢献〉
#nina3word20170803

8月4日
〈メロンソーダ〉と恋。
#nina3word20170804

8月5日
〈長靴〉〈日焼け〉〈予定調和〉
#nina3word20170805

8月6日
〈眼差し〉〈際立つ〉〈暇乞い〉
#nina3word20170806

8月7日
〈しみじみ〉〈まばたき〉
#nina3word20170807

8月8日
シーラカンス
#nina3word20170808

8月9日
〈朧〉〈粃〉
#nina3word20170809

8月10日
〈足元〉〈泡影〉〈表情〉
#nina3word20170810

8月11日
〈たらふく〉〈なりきる〉〈たおやか〉
#nina3word20170811

8月12日
〈存在意義〉〈夜行性〉〈一部〉〈底〉
#nina3word20170812

8月13日
グランジ〉〈エース〉〈ハードル〉
#nina3word20170813

8月14日
〈返却〉〈サンプル〉〈ひととき〉
#nina3word20170814

8月15日
不毛地帯〉〈模範解答〉
#nina3word20170815

8月16日
〈いたちごっこ〉
#nina3word20170816

8月17日
〈コントローラー〉〈預ける〉
#nina3word20170817

8月18日
〈昔話〉〈ノウゼンカズラ〉〈時効〉
#nina3word20170818

8月19日
〈ガム〉〈目敏い〉〈可視化〉
#nina3word20170819

8月20日
貴方だけの〈固有名詞〉を三つ。
〈ㅤㅤ〉〈ㅤㅤ〉〈ㅤㅤ〉
#nina3word20170820

8月21日
〈癒える〉〈饐える〉〈銜える〉
#nina3word20170821

8月22日
〈対峙〉〈代償〉〈偏在〉
#nina3word20170822

8月23日
〈シニカル〉〈シンパシー〉
#nina3word20170823

8月24日
ポルターガイスト
#nina3word20170824

8月25日
〈あえて〉〈あえか〉
#nina3word20170825

8月26日
〈火薬〉〈水鏡〉〈夜鷹〉
#nina3word20170826

8月27日
〈ブーツ〉〈すまし顔〉〈帝国〉
#nina3word20170827

8月28日
〈誤字脱字〉をしてください。
#nina3word20170828

8月29日
〈居場所〉〈過渡期〉〈放物線〉
#nina3word20170829

8月30日
〈量り売り〉〈踏ん切り〉〈立ち回る〉
#nina3word20170830

8月31日
〈逃げ水〉〈誘い水〉
#nina3word20170831

9月1日
〈偏執病〉
#nina3word20170901

9月2日
〈もみの木〉〈布マスク〉
#nina3word20170902

9月3日
山椒魚〉〈泡風呂〉〈虚栄心〉
#nina3word20170903

9月4日
〈キーチェーン〉〈スケープゴート〉〈オープニングセレモニー〉
#nina3word20170904

9月5日
男の子から想いを〈悟られぬよう〉に過ごしてください。
#nina3word20170905

9月6日
〈不備〉〈防音〉〈猶予〉
#nina3word20170906

9月7日
〈文明〉〈ぐるり〉〈カッコウ
#nina3word20170907

9月8日
〈煤〉〈昴〉
#nina3word20170908

9月9日
〈即興劇〉
#nina3word20170909

9月10日
〈水葬〉〈桜流し
#nina3word20170910

9月11日
〈膝小僧〉〈鉄火肌〉〈規格外〉
#nina3word20170911

9月12日
〈慎む〉〈‪忽ち‬〉〈翻る〉
#nina3word20170912

9月13日
〈生きとし生けるもの〉への言葉。
#nina3word20170913

9月14日
〈コーンフレーク〉〈まどろっこしさ〉〈八卦八段嘘九段〉
#nina3word20170914

9月15日
〈座標〉〈安全〉〈往生〉
#nina3word20170915

9月16日
〈コスモス〉〈ゆめゆめ〉
#nina3word20170916

9月17日
〈慮る〉
#nina3word20170917

9月18日
〈断崖絶壁〉〈校外学習〉
#nina3word20170918

9月19日
〈ハンガー〉〈皮肉〉〈足並み〉
#nina3word20170919

9月20日
〈化膿〉〈ポラリス〉〈よすが〉
#nina3word20170920

9月21日
〈最近〉という概念を失った男。
#nina3word20170921

9月22日
〈生半〉〈小生〉〈託生〉
#nina3word20170922

9月23日
〈秒針〉〈ブレーキ〉〈憶測〉
#nina3word20170923

9月24日
〈さかさま〉〈えにし
〉#nina3word20170924

9月25日
アバンギャルド
#nina3word20170925

9月26日
〈益荒男〉〈次女〉
#nina3word20170926

9月27日
〈値札〉〈漂白〉〈残滓〉
#nina3word20170927

9月28日
〈隠れ家〉〈土臭い〉〈残り香〉
#nina3word20170928

9月29日
流れる〈テロップ〉を観て諦める。
#nina3word20170929

9月30日
〈ステータス〉〈アパシー〉〈チャーター〉
#nina3word20170930

 

ここに

 長い綴りを、僕はやっと終えたようです。
 誰かを救えたでしょうか。
 この一年、ずっと神さまになりたい想いで続けていました。誰かの、みんなの。希望の光のようなモノでありたいと思っていました。罪で愚かな願望です。しかしそれが虫の息で今にも死にそうだった僕の唯一。他に目指す先も見当たらず、並ぶキーに縋るように指を被せることしか出来ませんでした。僕に残された手段は溢れている〈想像〉を〈世界〉に創り変える事ぐらいで、頭に存在する悲観を悲劇に、救いのない物語で誰かを救おうと綴り続けてきました。少女の憂鬱は枯れた蕾を落とし、草臥れた男はシワだらけのワイシャツに袖を通しましたね。雨が降るついでに血と涙を幾度となく登場人物は流し……さあ、どうでしょうか。虫の息に創られた三八二作の世界は、誰かを救えたのでしょうか。結果は一目瞭然でしょう。
 僕は誰の神さまにもなれませんでした。誰も救えなかったようです。僕すらも。ああ、しかし皮肉なことに、様々な物語に散りばめられた「僕」の私情の断片は、一つにまとまり、海の渦のように〈「私」という一つの思念〉を〈この場〉に出現させました。活字となって肉体を持たず、数多の物語世界の神さまとして。
 最後に綴られるのは、終えた物語たちが生んだ私が語る僕の話。
 私の最初で最後の役目。
 綴り続けた僕は、一年という称号を得ても、きっと何も変わらないのでしょう。救われないまま。自ら救援信号のように散りばめられた弱味を、誰かに読み解いてもらうことを期待してしまった末路です。結果として私という思念を生み出してしまっただけ。僕に必要だったのは祈られ「希望だから」と自己を保つような信仰ではなく、これまでの物語に生まれた少女の憂鬱に浮かぶ歪んだ希望のような、僕だけの神さまだったのではないのでしょうか。そもそも救いたいのではなく、救われたかっただけなのですから。まあ、存在しないからこそ自ら綴り、世界を創ったんでしたね。救えないわけです。
 しかし、物語は綴り続けることが出来ました。救えない草臥れたような僕がやり遂げれたのは、目に見えない読者がいたからでしょう。悲劇のページを捲る音が僕を前へ進めたのでしょう。なぜ読んでくれたのかなんてことを考えれば十分な救いのはずなのですが、本当に僕は救いようがないのでどうしようもないですね。欲深いのは罪だということがわかりません。
 ああ、わからなくても良い。私は、僕にとっての救いは、綴り続ける他にないだけだと思っています。続けることは真実として延命です。捲る音によって綴り、そこに少しでも読者にとっての価値が有れば、有り続けれたなら、いつの日か息が出来るぐらいの信仰を僕は得れるんじゃないのでしょうか。認められるという、些細な信仰が。
 だからどうか、私という物語が途絶えないように。
 僕という著者の息が続くように。
 救いのない物語を捲り、価値を。
 救済を。
 

 

 

 

 

 

ni℃
〈 あとがき 〉

 

終心

 私は何かに呼ばれるように、外へと出た。
 水曜午後三時半、雲のかかった冬の空が高く舞い上がってる日。洗濯も課題も全部やることは済んでいた。コンビニへ行こうにも買いたい物は何も思いつかない。一体、私は何に導かれているというのだろう。そもそも気のせいなのかもしれない。気まぐれに出掛ける理由なんて、どうでも良いけれど。
 絡まったイヤホンを解いて耳へと招く。一曲目に何を聴こうかと迷って、気分的に夜っぽいバンドを選んだ。朝には朝のバンド、昼には昼のバンドと私の中で決まっている。夜っぽいバンドは、落ちるような気分を継続させるような雰囲気、覚悟を決める歌詞を流すバンド。そう、なのだけれど、こんな日中午後に聴くことはあまりない。
 少しだけ落ち着かない。こんな日は貴方に会いたくなる。
 叶わない気持ちを引きずって、複雑な住宅街の中を進んでいく。気まぐれに意味なんてない、それはどうして? なんて、よくわからない自問自答を繰り返して、小石を蹴って、平和な天気。誰も死にそうにない。ああ、そっか。何を考えたら良いかわからないんだ。何かを考えたいと思っている。
 どうしてだろう。やっぱり落ち着かないからかな。なんでだろう。なんで。ううん。私の中で〈会いたい〉が暴れている。でも、そのうち、加速して、爆発して、気付く。〈会いたい〉から落ち着かないわけじゃないって。落ち着かないから……じゃあ、この気持ちは。
 ふと足が止まって、街を横断する大きな川の前に立っていた。平日だからか誰もいない。私だけ。だから、とっても広く見える。
 川も。街も。空、も。
 あっ。
 気付いて、しまった。落ち着かないのはいつもより空が高く、広く見えるから。なんてことのない冬の空だけど、端から端へとかかる雲が大きなことを主張している。まるで、全てを飲み込んでしまいそうなほど。人も街も、冬も物語も貴方のことも。そんな青と白の模様空がとても怖くて……美しいと思って、落ち着かない正体。
 私がちっぽけで、ただ想うことしかできなくて、些細な存在だと思い知らされてしまう。ああ、この広い空の中で何処へでも行けるのに、例え貴方に会えるのに、深く暗い気持ちに飲み込まれて、なんだか自信がなくなっていく。広大を前に成す術を無くして絶望してしまっている。私はどうしようもない。小さくて小さくて、小さくて。
 そして、少しだけ消えたいと思って、笑った。
 海のように波打つ空、
 私は活字となって、
 幽霊みたいに揺らぎ、
 ふわっと薄れていく。
 終わる気持ちを。

 




nina_three_word.
〈 靉靆 〉

憧憬

 僕は僕を失っている。
 過去という積み重ねを。履歴という、僕を。
 長い放棄癖の果てに「気付けば」というモノだった。失ってしまったのには理由が幾つかあって、まず第一に自身をどうでもいいと思っていたから。第二に目先の未来への希望に縋っていたから。第三に過去をわざわざ思い返し、懐かしむ必要性がわからなかったからだ。
 思い返そうにも何もかも朧げ。朝に起きて夢を思い出そうとする行為にも似ている。見えてはいるけど掴めない。ああ、記憶なんて些細なきっかけで思い出すと過信していた。しかし、ただ思い返すことを怠っただけで、霧が晴れたようにそこには何もない。人伝に聞く僕の過去はきっと真実なのだろうけど、自分の中に無ければ意味もない気がした。「そんなことがあった」と言い切ることに意味がある気がした。
 そういえば昔、一度だけ住んでいた町を訪れたことがある。小学生の時に何かの都合で転校することになった、その時の町。駅を降りて迷い込んだ先が、なんとなく辿ったことのある道だったような気がして、気がするだけだった。しばくして住んでいた住所に行けたのは良いけど、結局その周りで、遊んだであろう公園で、何も思い出せず、何も感じなくて、得られるモノは何もなかった。他の名残ある町を彷徨ってみても結果は同じ。
 僕の記憶は、僕は、結局何処にも居なかったんだ。
 二十歳から数年経って、やっと気付いた大きな喪失感。
 自身の証明を失った日常の代償。
 寂しさと悔しさ。懐かしいとはどんな感情なのだろう。故郷を恋しいと思ったり、戻ってみたいって気持ちはどんなものだろう。帰る場所があるのは羨ましいかもしれない。人は皆、知らず知らずのうちに帰る場所に安心しているのか。帰れることや、帰る場所があるという〈人並み〉に。そうなると僕は〈人下〉ということになってしまうが、そうなのだろう。ああ、そもそも僕は自身を持って無いのだから話にならない。誇る過去も、成り行きも話せない。僕は誰かだなんて言われて〈ああああ〉なんて言うのも恥ずかしいんだ。自信がない。自身がない。幼少期に好きな食べ物は、なんだったか。僕には初恋というモノがあったのか。思春期にはどんな妄想をしたのか。夢は、あったのだろうか。
 想像からの脚色ならいくらでも出来る。けど、それはとても、虚しいなあ。
 真実ではない、というだけで、ハリボテでしかないと思ってしまう。幕のある舞台と同じだと思ってしまう。
 そしてこれがまた、ないものねだりってわけでもないのが、酷く寂しくて、悔しいんだ。

 

 

 

 


nina_three_word.
サウダージ
〈 脚色 〉

グラデエション

「私は、この部屋の窓を酷く気に入ってるよ」
 男は窓から溢れる眩いばかりの陽を背に、暗い部屋の奥へと話しかけた。
「夕焼けが好きだからね。景色の向こう側へと沈む様子をいつまでも見ていられる。特に珈琲を淹れることもなく、ただ黙って手ぶらで眺めるだけでいい。ああ、本当なら貴女と窓の前に並んで……いや、少し歩いた所に丘がある。高く見晴らしが良く、静かな場所にベンチがあるんだ。そこに座って一緒に夕陽を眺めて、そのまま変わりゆく空を貴女と一緒に見てみたい。覚えているだろうか、橙と闇のグラデーションを。……まあ、それはもう、過去の話なんだろうが」
 窓の縁に体重をかけて語る男に対して部屋の奥から返事はなく、代わりに『夕焼小焼』のチャイムが外から鳴り響いた。
「もう子供たちも帰る時間だ。本当なら……私も。だが、まだそれが出来ない。せめて残り三日はここに。だから、それまでに決めねばならないね。私たちの軌道の行先を」
 朽ちた窓の縁を男がなぞり、横目に部屋の奥を、暗闇の中を睨む。街の各地で鳴っていたチャイムは、多少のズレを起こしながら何回も終わりを迎えていた。部屋が冷え込み始める。演じる男の言葉に戸惑いが出現する。
「どうせ私たちに希望は無い。無いだろう。ならばいっそ次も悲劇なんてどうだ。何も悲劇の次が喜劇である必要なんてない。無理に幸せを演じても嘘臭いのだから。なあ、あの悲劇でどれだけの感情を解放出来たんだ。残酷な秒針の中に正当さを感じてしまったのは私だけか。貴女はどうだったか」
 沈んだ陽が徐々に部屋を暗闇へと侵食していく。本棚に並ぶ三百六十のタイトルが読めなくなり、床の木目が溶けていった。
「光が許されるのは幼い子供だけさ。時は夕焼け。徐々に徐々に、夜へと変わっていく。悲劇は正当だ。喜劇は虚。カタルシスの存在がその証拠だ。人は自身を傷付けることでしか救われない。貴女は造られた幸福に何を想う」
 目線の先には街灯によって薄く伸びた男の影。
 誰もいない部屋は勿論返事をしない。それだけだ。
「否定することでしか立っていられない私を、どうか許してくれ。だが人生の軌道は光に始まり陰に終わることを解って欲しい。返事は良い、構わない。そこでずっと揺れていてくれ。これからも貴女は私と一緒だ。ずっと」
 窓の外から陽の気配が完全に消えて、男は座り込む。何も無い部屋を見つめて男はただ、悲劇がこれからも続いていくことを自覚して、唇を噛んだ。
「長い光陰の中に、せめて貴女がいてくれたら」
 それは揺れるモノへではなく、この夜の何処かにいる彼女へ向けた言葉。

 

 

 

 


nina_three_word.
〈 軌道 〉
カタルシス
〈 光陰 〉