kurayami.

暗黒という闇の淵から

2017-03-08から1日間の記事一覧

低温の眼差し

その黒髪の中の、冷ややかな目が、好きなんだ。 ある冬の晩、彼女の鈴世と喧嘩をした。些細な喧嘩だった。鈴世は、俺の目さえ、見てくれなかった。 その時期、喧嘩は頻繁にあったんだ。些細な喧嘩は重ね重ね、時間の解決に頼っていた。だから、お互いがお互…