kurayami.

暗黒という闇の淵から

2017-03-26から1日間の記事一覧

蛆虫と背徳心

「やっぱり、駄目だよ。僕には……できない」 少年が、ナイフを片手に躊躇った。 廃工場のような、廃れた建物の中、深夜。細身の少年と、猫背の男、そして二人の前には虫の息となった少女が、横たわっていた。「おい。思い出せよ、こいつが今まで、お前にして…