kurayami.

暗黒という闇の淵から

2017-06-28から1日間の記事一覧

胃の中の余命

医師に余命四年を宣告されたとき、僕は「まだ結構あるな」と感じた。 長いようで、短いような。そんなことを考えながら、彼女との待ち合わせ場所に向かう。「死んだりしたら駄目だよ、約束だからね」そう、彼女が言っていた から重要なことだと思って、告げ…