kurayami.

暗黒という闇の淵から

2017-07-09から1日間の記事一覧

カフェのあの頃

小さな駅を降りて徒歩七分の場所に、俺のカフェは静かに佇んでいた。 錆びたシャッターを腰を降ろし、思いっきり引き上げる。引っかかるようなうるさい音と共に〈カフェ・シラキ〉と、赤色の文字でプリントされた硝子窓が俺の目の前に現れた。 シラキ。この…