kurayami.

暗黒という闇の淵から

2017-10-18から1日間の記事一覧

夏の夢と冬の匂い

風呂を上がると冷たい冬の匂いがした。見れば僕の狭い四畳半の部屋に、薄い毛布にくるまって猫のように寝ている貴女がいて、窓が開いている。どうやら冬を招き入れたまま彼女は寝てしまったらしい。「風邪、ひくよ」 声をかけても、すぅすぅと気持ち良さそう…