読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

幸福な患者

最初は、小鳥を可愛がるぐらいの気持ちで、僕はその子に近づいた。 小鳥というよりは、ひよこみたいな、可愛くて簡単に潰れちゃいそうで、まさに黄色が似合うような、明るくてひ弱な女の子。彼女とは、小学校の同窓会で出会った。向こうは僕を覚えているとい…

呼吸を止めて、桜

春のそよ風は、何かを、揺れ動かす。 それは、桜の繊細な枝や、アマリリスの太い茎、昼寝をする野良猫の上下に動く髭、 そして、女の子のプリーツスカートも。 美与はもう、駅前の時計の下で待っていた。白いシャツに、紺色のカーディガンとプリーツスカート…

プレゼント、アイ

「なあ、お前、俺の手伝いをしないか?」 その男は、グラスに烏龍茶を注ぐ俺を見て、そう言った。男の足元には、動かない兄が、昼寝をしているかのように転がっている。「お前みたいに、こういうのを見ても動揺しない……そう、感情が欠如したようなやつが、必…

眼窩に花束を

「なあ、お前、俺の手伝いをしないか?」 その男は、俺の兄の腹部に刺さったナイフを抜きながら、そう言った。息絶えた兄が、重い人形のように転がる。「お前みたいに、こういうのを見ても動揺しない……そう、感情が欠如したようなやつが、必要だと思ってな。…

行き止まりアスファルト

良い天気とは言えない。暗雲のかかった空の下。 男は何かを目指して歩いていた。どこまでも続く、黒い黒い、アスファルトの上を。 滑らかで綺麗なアスファルト、その道の外。浅い、枯れた草原が、どこまでも続いている。男は道を外れる気にもなれず、アスフ…

初恋禁忌

「キキちゃん? へえ、漢字でどう書くのさ」 金曜日の夜、橙色の明かりを灯す、バーの中。賑わいを見せている中、キキと呼ばれた少女が、隣に座った酔っ払いの男に絡まれていた。「絆のキと、綺麗のキで、絆綺って書くんです」「可愛いねえ、ええ? お嬢ちゃ…

半田鏝の過ち

夏の青空を、まるで、空の高さに合わせるように飛んでいる飛行機の音が、中学最後の教室に響く。この島の飛行場は、帰省時期もあって忙しそうだ。 夏休みまで残り半月、授業は“締め”の雰囲気を見せていた。「あーえっと、夏休みが近いからって浮かれるなよ、…

死食鬼の夢幻、現実入門

「君に、夜明けなんて一生来ないよ」 半月が浮かんだ丑三つ時。僕は、綺麗な金髪の女の子に、斧を振り下ろされた。 ああ、もっと遊んでおけば良かったな、なんてのが、僕が生きていたときの、最後の記憶。 「おはよう」 目覚めたのは、硬い土の上だった。少…

上映期間

眩い証明が落とされ、開幕を合図するブザーと共に、真紅のカーテンが開かれた。 無言の拍手。 メトロノームが、動き出す。 舞台の上、下町の病院の中、一人の男の子が産まれた。男の子の親は、初めての子供をとても喜んだ。 男の子は、とても、利口な性格の…

坂道の街

私の住むこの街は、山の麓にあるということもあって、坂道がこの街のシンボルとでも言えるんじゃないかというぐらい、多かった。 だから、この街の住人は、帰るのに坂を登る人と、帰るのに坂を下る人に分かれる。 私は前者、帰り道は登る人だ。 今日最後の授…