読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

仮面の街


 その街……馬落市は山と山に囲まれ、ひっそりと、そこにあった。

 私立サカス探偵事務所は、今日も依頼もなく、時間を潰している。
「ちょっと志倉さん、今月入って八人目ですよ。放っておいていいんですか!」
 特撮ヒーローのお面をつけた青年が、この事務所の探偵が座る机を叩いた。
「あーあーそうだなあ、これ以上は、良くないけど、ねえ」
 白い狐面を付けた、志倉と呼ばれた男が答える。
「しかしだ、うちは私立探偵事務所。依頼が来なければ動けない、そうだろ? 助手」
「そう、ですけど……」
 助手が言葉を返せなくなる。

 この馬落市には、一つの掟がある。
『顔を見られてはいけない、故、市民はマスクの着用をするように』
 この街に産まれ、この街に育った者であれば、それを不思議に思わない。それ故に、今回の事件が起きた。
 連続仮面強奪事件。

「犯人はマスクを奪うだけ」
 黒いマスクをつけた犯人だと言う。実は、殺人犯というわけではない。ただ、マスクを奪っているだけ。
 問題はそこからで、仮面を奪われた人間は、いずれも顔を削るように、自殺をしている。
「なぜ住人たちは、自殺をするのでしょう……」
「顔を見られるのが、ショックなのかもしれないな。警官も、何人かやられたらしい」
 今までなかった事件だけに、警察もまともに機能をしなくなっていた。
「これはもう、外の世界に頼るしかないんじゃ」
「ああ、無駄だよ。外の人間は、誰もここには来れない」
 志倉がお手上げだとても言うように、手を振った。
「なぜです?」
「この街が、地図に載ってないからだよ。顔のない街なんて、誰も覚えてくれやしない」
「じゃ、じゃあ、いくら自殺が続いても」
「ああ、コップの中の嵐でしかない」
 そのとき、探偵事務所の扉が開いた。訪ねてきたのは、能面をつけた女だった。
「志倉さん、うちの旦那が……」
 どうやら、例の事件のようだった。志倉と助手はコートに袖を通し、事務所の外へと出かけた。


 能面の旦那さんは、道路の縁に顔を被せていた。どうやらそこで顔を削ったらしい。
「犯人は見られましたか?」
 志倉が能面に聞く。
「ええ見ました! 黒いマスクをつけていました……!」
 志倉と助手は目線を合わせた。噂通りの黒いマスク。
「どちらに行かれました?」
「ここから市外の方へ走って行きました……」
 能面が、涙声で答えた。


 志倉は現場調査、助手は犯人が市外の方へ調査に向かった。聞き込みを繰り返し、黒いマスクが向かったと思われるほうへ、助手は走る。
 街中ですれ違うマスク、マスク、マスク。助手は、ずっと疑問だった、なぜ顔を、表情を隠さないといけないのか。犯人は、もしかしたら自分と同じなんじゃないかと、助手は少し思う。自分と同じように、疑問を持っているのかもしれない、と。
 街の外れ、神社の鳥居の前。黒いマスク……黒い狗の面をつけた犯人が、そこにいた。背の高さ、ガタイの良さから、男だと助手は気付く。
 気づいた犯人が、ゆっくりと、助手に近づき、覚悟を決めたも、犯人へと近づいた。
 先に動いたのは犯人だった。助手の右肩を抑え、左手で、
 助手の仮面を、奪った。

「もしもし、志倉さん。あの、やりました。捕まえました」
 助手が、黒いマスクの犯人を、抑えていた。
 数年前、仮面を付けたままこの街に迷い込んだ助手にとって、仮面を取られることは恐怖などではなかったのだ。
 助手にとって、それは数年ぶりの素顔だった。
 風が頬を撫で、視界いっぱいに空が広がる。
 とても、赤い、空。
 息苦しくない空気に、助手は解放される。
 次の瞬間、助手の目に、信じられないものが目に映る。
 見てはいけない、見られては、いけない、もの。それは助手の目の前に現れた。
「……志倉さん絶対に仮面を、外しては……」
 助手はそれ以上声を出せなくなった。ただ、ひたすらに、顔面を岩で打ち付ける他、助手は何もできなかった。

 

妖怪三題噺「地図 コップ マスク」

https://twitter.com/3dai_yokai