読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

鶯菜の想像価値

「小松菜、たけのこにょっきっきしようぜ」
 昼食と五限の間、余韻の時間。私はクラスの男子、小林に声をかけられた。
「いやだよ……そんな人数集まってないじゃん」
 小松菜というのは、私、小松菜奈のあだ名で、なぜか苗字より長い、そのあだ名がみんなに採用されている。
 たけのこにょっきっき。順に、たけのこを出すゲーム。
 例えば、今私の目の前には、男子二人、小林と吉田くん。女子の靜香ちゃんがいる。
「たけのこたけのこにょっきっき」
 全員が開始の合言葉を言う。
「いちにょっき!」
 小林が出る。
「ににょっき」
「ににょっき!」
 吉田くんと、靜香ちゃんが被った。この場合、この二人が負け。
「もう一回やろうぜ」
 珍しく吉田くんが乗り気だった。私も、まだにょっきしてないからしたい。
「たけのこたけのこ、にょっきっき」
 合言葉の後、しばらくの、沈黙。
「いちにょっき」
 吉田くん。
「ににょっき!」
 靜香ちゃん。
「さんにょっきー!」
 すかさず小林。
「あっ、あっ、よんにょっき……」
 最後に私。珍しい負け方をした。
「ええ、小松菜弱すぎない? 雑魚にょっきじゃないですかあ?」
 煽る小林。なんだか微妙に悔しい。
「小松菜さん、珍しい負け方だったね」
 吉田くんまで……
 授業開始のチャイムが鳴る。私の昼休みは、たけのこにょっきっきで終わってしまった。


 家に帰り、一日お世話になったブレザーの制服を、ハンガーにかけた。この制服とも、もう二年の付き合いだと思うと感慨深く、感慨深いだけだった。
 声も出さず、思いっきりベッドへ飛び込んだ。別に疲れたわけじゃない、頭のなかにある、たくさんたくさんの思考を静めたいだけだ。しかし、それも結局、静まらない。
 吉田くん。
 今日の帰りも、私は体育館を覗いてきた。相変わらず赤い練習着かっこよかったし、サイズが合ってないのも、補欠練習ばっかさせられているのも、可愛かった。それよりも、今日は喋ってしまった。小松菜さんだって、ふふ、さんって、可愛いなあ。そういえば今日、現国の教科書忘れてたな……あと三列近かったら貸せたんだけど、誰にも言えず困ってて、可哀想だった。家も、お父さんがリストラされてたし、心配だ。
 彼が愛おしくて、欲しくてしょうがなかった。どうしたら、彼を買えるのだろう。私は携帯で「人 値段」で検索をかける。いくつかサイトを見てみたけど、どれも楕円の形をした数字が、たくさん値段に付いている。人って、そんなに高いんだ。じゃあ吉田くんはきっと、もっと高いんだろうなあ。
 買ったら、なにしてもいいんだよね。毎日ご飯あげるんだ。それから、お風呂も入れてあげる。吉田くんは血色もいいから、きっと血の色も綺麗だ、綺麗な真っ赤なんだろうなあ。
 考えていたら恥ずかしくなってきて、枕に、顔を埋めて静めようとして、結局静めることなんかできず。ただ、吉田くんの値段ばかりを考えるのだった。

 

 

妖怪三題噺「小松菜 赤 楕円」

https://twitter.com/3dai_yokai