読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

君とエーエム

 君か。久しぶり……いや、ついさっき寝たばっかな気もするし、ううん……おはよう、かな。まあ良いか、ほら、立ってないで椅子に座りなよ。
 何から話そうか。
 ううん、じゃあまず、僕の話でもしよう。
 ……僕が誰だって? 誰って……君がよく知ってる人だよ。
 あっけど、その想像した彼とは違うかもしれない。僕は彼の〈現実〉と〈虚構〉によって作れられたんだ。そもそも彼は君のことを「君」とは言わないだろう。君が「君と言われるより名前がいい」と言ったんじゃないか。
 そして、虚構が混ざっているのは、君も。この文章を読む〈君〉だって、様々な〈君〉の読解が混ざり合って出来た存在。鏡を見てごらん、角度によって顔が変わるだなんてユニークだね。
 ほら、彼は“ユニーク”だなんて言わないだろう? そういうこと。
 で、僕の話だ。そうだなあ、そう、僕は九十五年の五月に、千葉県で産まれた。そこからなんだって顔をしたね、まあ、聞いて。
 それで、親の都合で転々と転校したんだ。親の都合ってのは親の都合で、まあ虚構的に言ってしまえば、両親は健在だよ。きっと今も、トラックの運転手をやっている。転々の末、僕は東京の最果ての街に辿り着いた。
 そう、或る君はそこで僕と出会ったね。
 十歳から今に至るまで、僕はずっとこの最果ての街に住んでいる。たまに閉じ込められてる気もするけど、それすら悪くないと思えるよ。最果てだから夕焼けが綺麗なんだ。君も、そう思うだろう。
 うん、だからだね、僕の思い出は夕焼け色が多いんだ。君と秘密基地を作ったあの頃も、君と写真部の暗室に篭っていた頃も、君と手ぶらで登校をしていた頃も。全部夕焼け色だ。
 ここまでは、ほとんど彼とは同じだけど高等学校を卒業してから一変する。
 彼が専門学校に入り失敗しているとき、僕は広い海を彷徨った。
 青い時間線を指でなぞり、そこで君と仲良くなったんだよね。
 彼が日記と呼ぶ世界の中でも生活もしたよ、それは明るく楽しい世界だった。なんて言ったって書けることを書いた世界だからね。そういえば、あの世界で君と出会ったんだ。
 様々な広い海を泳いで、二年かな。瀕死の彼と入れ替わるように、僕は表役を貰った。広い海でのことを無駄にしないように、僕が僕であるために、文字を綴り続けた。文章の怪異と出会ってから、ずっと。
 そうだ、そう、そこで君と出会ったんだ、こんにちは、こんばんは、おはよう。
 文章の怪異から離れ、今度はまた、海を彷徨っているんだ。舟を漕ぐ少女、あの少女もまた、怪異らしいね。
 ざっくり話してしまったけど、これが僕の話だ。なに、彼の虚構混じりの話なんてこんなものだよ。君がいなかったら話にならなかったね。
 さて、どこかで聞いたような締めになってしまうけど、ぜひ、聞きたいんだ。

 今度は君の話を聞かせてよ。

 

nina_three_word.

〈君〉から始まる物語。