読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

狐の婿入り


 薄暗い店内で、僕は目を覚ました。携帯の時間を見ると昼の午前十時。店内は窓がないせいで、時間感覚が狂う。時間の情報がなければ夜だって疑わないと思う。
 隣を見れば、先輩の美夏さんが寝息を立てていた。一瞬疑問に思い、すぐに思い出す。添い寝してくれって言われたんだ。
 美夏さんに毛布をかけ、ベッドルームを出ると、店長が会計室でパソコンを触っている。脇にあるエナジードリンクを見る限り、寝ていないのだろう。
「おはようございます」
「ん、おはよう。有希くん」
 パソコンを覗くと、新人の女の子の紹介ページを作っていた。
「新人の子、入ったんですか」
「ああ、しかしどうも、掛け持ち臭い」
「あらま、要注意ですね」
「うん。ところで、今日夕方五時から予約入ったぞ」
「わ、ありがとうございます。男ですか、女ですか」
「女だ」
「ああ、女ですか。わかりました」
 夕方なら、一度家に帰って整える時間がある。
「一度帰って支度しますね。ああ、あと美夏さんまだ寝てます」
「寝かせとけ。おつかされん」
「はい、お先失礼します」
 服を着替え、外に出ると、春の快晴が広がっている。

 僕が、水商売の職について、一年と三ヶ月が経った。
 親戚のおじさんに、半ば売られるような形であの店に辿り着いた。女性向けのサービスも始めてみたいということで、初の男性キャストとして僕が選ばれたらしい。しかし、そんな急に女性客が来るわけもなく、最初の半年はひたすら物好きな男性客を相手にした。嫌ではなかったけど、サービスという意味で不得意、でも逆にそれが良いという常連さんもいた。それから程なくして、女性客もちょっとずつ付くようになって、今じゃ半々ぐらいだ。
「アンタ、顔はいいんだから自信もちなさい」
 いつもそう励ます先輩の美夏さんを始め、店のスタッフたちはとても親身だ。この仕事を続けていられるのは、きっと先輩たちに恵まれているからだ。だから大丈夫。

 家に帰る途中、駅前の喫煙所で煙草を一本取り出して吸う。そういえば、煙草を吸い始めたのも、この仕事を始めてからだ。
 なんとなく髪を触ると、指が引っかかった。たぶん、昨日のお客さんに唾をかけられたせいだ。唯一の男性キャストという肩書きが引き寄せているのか、変なお客さんが多い。本番行為を求めるお客さんだっている、いるけど、頑張って、上手くかわしている。
 なんだかんだ、この仕事は上手くやっていけてる。すっかり、深海を自在に泳ぐ魚になった。全然辛くなんか、ない。

 ぽつりと、快晴の空から降ってきた雨粒が、煙草をかする。
 お天気雨が降り始め、僕の煙草の火を消した。
 青い空から勢いよく落ちる雨は、まるで僕の心を代弁しているようで、嫌になる。

 

nina_three_word.

〈深海魚〉〈お天気雨〉