読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

暖かさにサヨナラ

n3w 習作

 あれは、悲惨な事件でした。
 その年の冬。一番の寒さを超えた日のこと。
 公園でのデートの途中、恋人の沙織の「喉が乾いたなあ」という一言を聞いた私が、自動販売機を探しに出た時のことです。
 公園の裏にあった、ビル隙間に存在していた裏路地に、私は吸い込まれるように入りました。
 その裏路地はとても長く、奥に細長い出口の光が見えていて、その光を見ているうちに、私はデートの最中だというのに、沙織を突き放すことばかりを考えてしまいました。
 いいえ、私は元々考えていたのです。沙織を突き放そうと、サヨナラを言おうとしていたことを。
 風船に空気を入れるように、徐々に膨張する想い。私はいい加減、限界だったのかもしれません。
 想いは、裏路地のなかで、加速をしていきます。
 沙織は、とても我儘な子でした。
 休日は、必ず会わないと怒るのは当たり前で、たまに、仕事を休めと言って 休まないときには仕事先に来ていました。
 とても、寂しがり屋でした。
 連絡は必ず返さないといけませんでした。出先で携帯の充電が切れたとき、家に帰り再起動させた携帯には、何十件という着信がありました。
 心配性で、独占欲が強くて、お節介。
 路地裏を抜けた先には、都合よく自動販売機が二つ並んでいて、私は少し悩んで、私が飲むブラックと、沙織が飲む缶コーヒーを買いました。二つとも暖かいものを。
 沙織は、コーヒーが飲めません。私のちょっとした抵抗です。
 コートの両ポケットに缶コーヒーを入れて、私は元来た道を戻ります。
 その道は、来た時に比べ、とても暗い印象に見えました。その暗さに引きずり出されるように、私は沙織への嫌悪の想いは増殖していきます。
 私の髪を触る癖だとか、嘘をすぐつく癖だとか、セックスの相性だとか。
 ああきっと、もう私のなかの風船は破裂していたんだ、そのときは、そう思って、近いうちに言うことを決めました。
 なんなら、この路地裏を抜けたら、キライだと言ってしまおう、そう考えて、暗闇を抜けると。
 何か、騒がしかったのです。ざわめきが、していました。
 不自然に車が止まっていました。
 まるで事故が起きたように。
 ああ、危ないな、沙織は事故現場を見てないといいな、なんて思い、横断歩道を渡るとき、沙織のピンク色のスカートが鮮血の水溜りの中に、見えてしまったのです。
 ああ、なんということでしょう。その不自然に曲がったソレは、沙織でした。
 一つ一つ、私の中で思考が整理されていきます。
 キライだってもう、伝えられないこと。
 次に、破裂したと思っていてた風船は、本当は膨らんですらいなかった、ということ。
 こんな自分だから甘えてしまう沙織を、突き放そうと思っていたこと。
 沙織と、もう、話せない、こと。
 それらに気付いてしまったことが、悲惨な私の事件でした。
 それは、ポケットの中の缶コーヒーが、冷えた頃のこと。

 

nina_three_word.

〈風船〉〈缶コーヒー〉〈悲惨〉