読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

砂糖をまぶした桜の部屋

 復讐に動いた麻衣は、何も知らない。

 狂っている、それはあの頃も、今もわかっていて、でも確実な手段が私を変えていく。
 大好きな大好きな麻衣に見てもらうきっかけと、近づいてもらう理由。それらを得るために、私は麻衣の男に近づいた。
 私は運良く、男の好みだったみたいで、後は簡単だった。最低限の距離と、私が被害者でいられるラインで、男を誘惑し続けた。
 それに比例して、私は麻衣の目線を得ていく。嫉妬の目線を。
 何でもいい、私を見るその目線が愛おしく、嬉しかった。初めて興味を持ってもらえて、満ちた。
 綺麗な薔薇の棘に触れ、生きていると笑う、そんな日々。
 そして、事は上手く運んで、麻衣と男が別れた。待ち望んだ結果と、少しの不安。麻衣は私を恨んでくれるかな、全てを諦めてしまったらどうしよう。なんて考える毎日。
 麻衣は、笑っていた。いつものように凛として、生活をしていた。けどそれは、時が過ぎていくに連れて、憂いを帯びていく。
 私を見る目線が少し、減って、その嫉妬は憎悪の色が微かについたように、見える。けどきっと、優しい麻衣は自分から復讐をする、なんてことはできない。
 だから、私がその復讐のために、背中を押してあげたんだ。

 

 可愛いプリーツスカートを着て、お花見デートなんて、私にはもったいない幸せだと思う。
 告白して、デートの提案をもらった。あとはもう、この先のレールに任すだけ。
 可愛く見せること、美味しく見せることは得意。
 さあ、どうするの。
 予定のお花見は、人が多くできなくて出来ないからって、近くにあった麻衣の家に通された。それに少し、どきっとした。そんな自然にエスコートをするだなんて、私が惚れただけのことはある。
 麻衣の部屋、ベッド。横を通るときの微かな匂いがそこにあって、そんなことを考えているなんて知られてはいけない。
 桜が、よく見える部屋。
 ふと、麻衣が私を押し倒し、身体に順に、キスをしてきた。
 快楽と、達成。思わず声が出る。
「可愛い」
 そう、確かに、麻衣の意思でそう私に言って、唇を重ねてきた。
 一瞬の幸福。スローモーションになる世界。
 そして、それが一瞬の幸福だったように、次の瞬間に麻衣が私の首を絞めた。麻衣の意思じゃなかった。まるで他人を真似るような。
 麻衣の目には憎悪と嫉妬の目。一瞬の幸福に囚われ忘れていた、でも、それでいいの。
 私はその嫉妬を、必ず砂糖漬けにして、愛に変えて見せるから。
 だから、今はいっぱいいっぱい、恨んで。
 呼吸が止まるほどに、私を見て。

 

nina_three_word.

〈砂糖漬け〉の〈嫉妬〉