読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

騎士の唄

「すとっく、すとっく、ないっ」
 陽の出た日曜日。家の前で少女が歌を口遊み、犬の毛繕いをしている。
「すとっく、すとっく……ねえ、マーマ、この歌ってどういういみー?」
 少女が開いた玄関の奥に向かって、問いかける。
「ねーえ。マーマ」
「国のために、男はどんどん騎士になろうねって、歌だよ、カリナ」
 男の声に少女……カリナが顔を上げる。
「パパ!」
 カリナが顔を輝かせ、父……ユウイに抱きついた。
「カリナ、カリナどうしたの。ってあら、貴方」
 玄関から母……セリアが顔を出した。
「ただいま、セリア」
「……どっち、かしら」
 セリアが不安そうに、顔を曇らす。
「すまない……悪い方だ。もう、二日後には戦争が始まる」
「そうなの……」
 ユウイの言葉に、セリアが暗い声を出した。
「えーパパまた行っちゃうのー」
 カリナが寂しそうに、大きな蒼い目でユウイを見つめた。
「また行くけど、必ず帰ってくるさ。ほらほら、玩具を買いに、街にデートと行かないか?」
「えっ、カリナお洋服がいい!」
 そう言って、カリナは家の中に準備しに戻る。
「大丈夫さ、必ず帰る」
 ユウイがセリアに向き合い、抱きしめ、約束する。
「俺は、この国の騎士だからな」


 戦争が始まり、数ヶ月。どちらが優勢になるわけでもなく、ただただお互いがお互いを抑えるような攻防が続く。両国の物資が尽き、戦争が終わるのは時間の問題となっていた。
 曇が柔らかく浮かぶような、晴天の日のこと。ユウイが所属する部隊は、国の研究所を守備し、その日を終えれば、一度、国へ戻れる予定となっていた。
 しかしその日、多くの敵が研究所を攻め込んだ。攻防の末、敵を全滅することにユウイたちは成功したが。失ったものは、多かった。
「ああ、ユウイさん……片腕が……」
 ユウイの部下が、爆発で弾け飛んだユウイの片腕を心配した。
「下半身飛んでる奴に心配されたくないよ。いいから、眠れ。お前はよく頑張った」
 ユウイがそう言うと、部下は安心したように、黙った。
「……ストック、ストック、ナイト」
 懐かしい歌を、忌々しい歌をユウイは口遊む。
「代わりはいくらでもいる、か」
 ユウイは、片手のランスを握りしめる。
 騎士道精神に、代わりなどない。己が積み上げたモノだけだ。しかし〈代わり〉は。
「カリナ、セリア、すまない」
 最後の最期。その後までユウイはランスを手放すことを、しなかった。


 一ヶ月後。
「すとっく、すとっく、ないっ」
 日が暮れた水曜日。少女が、門の前で口遊む。
「……パーパ」
「呼んだかな?」
 男の声に、カリナが振り向く。
「パパだ、パパ!」
「ただいま、カリナ」
 男の両の腕が、カリナを持ち上げた。


nina_three_word.

〈 騎士 〉

〈 口遊む 〉

〈 ストック 〉