読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

積もる質量

「今日は早かったね」
 貴方がいつもの場所、公園のベンチに座っていた。
「遅かったね」「待ってたよ」
「お疲れ様」「おかえりなさい」
 この場所に来れば、
 貴方は必ず様々な言葉で私を迎えてくれる。
 それが例え、口数が少なくて言葉の貧しい私でも。
 私から言わせたら、貴方は物好きだ。
 いつもありがとう。
「ちょっとだけ、学校で引きとめられて」
 私はそう言って、いつものように貴方の横に座る。
「それは災難だ」
 風のような不思議な貴方の声。
 ここに来れば貴方に会える。
 そう確信できる程、ここで貴方に会ってきた。
 いつもの、なんて言える程に。
 きっと、貴方と離れたら、ここは呪いの地。
 なんてね。まだ先の話。そうであってほしい。
「ねえ、なに考えてるのかな」
 貴方がいつもの質問をした。
「貴方のことよ」
「それは、なんとなくわかってた」
「顔に出てたのね」
「うん、それで、なに考えてたのさ」
「うーん、この場所のこと」
「んーそっか、そっか」
 そう言って、貴方が聞くのを諦めた。
「はー寂しかった」
 貴方は、それもいつも言う。    
 次に会えるのは一週間後だものね。  「寂し
「あ、パン持ってるんだけど食べるかな」   い」
 貴方がそう言って、カバンを手に取った。
 今日はパンなんだ。
「ん、食べる」
「クロワッサン」
「あ、好き」
「美味しいよね」
 貴方が渡したクロワッサン。
 私は一口齧る。
 今日ここから見える夕日は、オレンジ色。
「あー今日も、疲れたなあ」
 私の言葉に、君は反応しない。  「疲
「この先、不安だ」          れ 
「このまま帰りたくないや」   「不  た」
 足が、地面に繋がったみたいに、  安」
 動かない。          
「貴方と、一緒にいたい」     「帰りた 
 私の言葉を、貴方は黙って聞いた。    くない」
「離れたくないなあ」
 そして、私の頭を撫でた。
 いつも、いつもありがとう。    「離れ
 私の嘔吐に、付き合ってくれて。    たく
 貴方のおかげだよ。            な
 貴方がいるから、私はたくさん吐き出せる。  い」
 貧しい言葉の代わりにある、膨大な感情。
 いらないものが多すぎるの。動けなくなっちゃう。
 吐くとこ、捨てるとこ、いつまでも見てて。
 ああ。
 きっと、目には見えない、
 膨大な感情がここに、積もっている。
 この曜日、この時間。私と貴方がいるいつもの場所。

 ここはもう、私たちのごみ捨て場。

 

 

     「眠た
nina_three_word.い」
             「お金が足りな
〈 いつもの場所 〉が〈 ごみ捨て場 〉
                    い」

  「助けて」
            「もうしないから」


         「うそ」
   が怖い」           「憂
 「夜「友達だったのに」   「苦しい」鬱」
「可愛くなりたい」「お父さん」  「喋りたくない」
「頼れないな」「むかつく」「辛い」「どうでもいい」
「死にたい」「あの男」「死んじゃえ」「いなくなれ」
「あのクラスメイト」「脚痛い」「嫌い」「愛してる」
「」「」「」「」「」「」「 」「」「」「」「」「」
「」「」「 」「」「」「」「」「」「」「」「」「」