読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

内包されたラブレター

 ねえ。退屈じゃない?
 僕もそう思ってた。だけど、卒業式中に筆談はまずいんじゃないかな。
 大丈夫だよ。私たち後ろの方の、真ん中だし。それに最後の最後って、先生たちも喜んでるよ。
 そうなのかな。そうだとしたら、かなしいなあ。
 悲しいの。前から思っていたけど、健吾君って繊細だよね。
 そうかもしれない。そうやってヤチヨに名前覚えてもらってるのも、なんだかうれしいし。
 最後まで漢字弱かったね。八千代。全部小学校で習う漢字じゃない。
 いや違うどの漢字か覚えてなくて自信がなかっただけだから。
 そっかあ。
 ごめん。でも、下の名前は書けるよ。陽子。
 よくできました。ねえ。筆談って少し、ドキドキするね。
 見つからないか、心配?
 それもあるけど、手書きの文字、だけだからかな。
 たしかに。八千代は字きれいだよね。
 そういう健吾君は、字に癖があるよね。平仮名も多くて、子供みたい。
 きずついた。
 傷付くと思って言ったの。
 なんでそういうこと言うかなあ。
 最後だから、許して?
 最後だなんて。これから先もあるのに。
 あのね、私、健吾君のこととても好き。
 どういうこと。
 これ、一応告白ね。自身の気持ちを告げているのだから。でも、付き合いたいとか、思ってないの、思っちゃいけないの。
 いつから好きだったのさ。
 一年生の冬。一緒に帰ったとき。私の家の話を聞いてくれたときに、決定的に。
 そうなんだ。うれしい。でも、付き合いたいとは思ってないんだ。
 うん。というより、付き合っちゃいけないと思う。
 どうして。
 私ね。汚されちゃったの。先月。
 どういうこと?
 察しが悪いね。つい先月、梵木君にキスされたの。隣のクラスの。もちろん合意の上で。
 そうなんだ。
 健吾君の、上手いことフォローできない感じ好きだよ。繊細なのに。
 いや、その、なぜか知らないけど、悲しくて。
 もしかして、嫉妬してるの?
 これは、そうなのかな。少し、なぜか、にくい。
 ああ、やっぱり私、健吾君のこと好きだな。だけど、だから終わらせるの。待てなくて彼を受け入れた、私のために。
 ぼくは、どうしたらいい?
 教えてあげるね。この筆談した紙を、死ぬまでずっと持っていて。
 うん、わかったよ。
 この紙には、健吾君を好きな私と今この時間が、内包されているの。ここで私は生き続けるし、健吾君を愛し続ける。だからどうか、この紙が日に焼けても、色褪せても、何度でも読み返して欲しい。私からの、最後のお願い。
 わかったよ。ぼくも、愛してる。
 嘘つき、けど、そういうとこも知ってた。好きだよ。

 


nina_three_word.

〈 色褪せた 筆談 〉