kurayami.

暗黒という闇の淵から

愚かな生物

「はやく、はやく」
 セーラー服に身を包み、ガスマスクを付けた細身の少女が、同じようにガスマスクに学ラン姿の少年を呼んだ。
 微塵が飛ぶ灰色の空気の中、黒い水が緩やかに流れる川沿い、橋を潜った向こう側。
 枯れた木だけが存在する、開けた河原。そこに、モノクロ世界を飾る青紫の花の群生があった。
 オダマキ
「本当に、本当にまだあったのか」
 少年が、くぐもった声で言った。
「ね。暑さにも寒さにも比較的強くて、初心者にも育てやすいって」
 少女がしゃがんで、オダマキを指で揺らす。
「でもまさか、大気汚染にも強いだなんて、ね」
 続けて少女が言った。
「一輪、持って帰るか?」
「ふふ、まさか。せっかくここに慣れたのに、この子たちが可哀想だよ」
 ガスマスクの下で、少女は笑みを込めた声を出した。
「あーあー。欲張っても、良いことなんてないものね」
 少女は立ち上がり、川の淵に立った。
「危ないぞ」
「それ以上に、人間はもっと危ないの」
 少年に返した言葉は、二人を取り囲む汚れた空気への答え。
「欲張って、欲張って、刺激を求め過ぎたもの」
 少女は川の向こう側を見つめて呟いた。少年はその言葉を聞いて、少女に近づく。
「……だからと言って、俺らは欲望には逆らえない」
 少年は、少女の横に並んだ。
「そうだね、その通り。人間は、何処までいってもスパイスからは逃れられない。スパイスが大好きだから」
 少女は少年の腕に抱き着く。ガスマスクの硬い食感が、少年の腕に伝わった。
「それは、私も。貴方も」
 少女が後ろに手を回し、ガスマスクを止めていた金具を触る。
「お、おい」
 少年が動揺するのをよそに、少女がガスマスクを外した。
 肩までの黒髪が、流れ出てくる。小さな顔に、色白な肌と少し紅色の頬。それらは少女のセーラー服と、在るべき姿として調和していた。
 少女の切れ長な目が、少年を見つめる。
「こうしてマスクを外さないと、私は本当の声を聞いてもらえないし、貴方に顔を見せれない。貴方と、いつものように河原でキスが出来ないの」
 少女の遠回しな我儘に、少年は少し呆れたフリをして、小さく笑った。
「結局、俺らはこうして、欲望に飼い殺されるしかないのか」
 少年がガスマスクを外し、少女に顔を見せる。
「そうね、でも、滅ぶ過程で悔いの無いよう進むしかないんだよ、きっと」
 少女が、自分より背の高い少年に、背伸びして手に肩を回す。
「ねえ、オダマキ花言葉、知ってる?」

 汚染された世界の中で、オダマキの群生の中。
 少年少女のガスマスクが、愚かにも薄汚れて、塵に塗れていた。

 

 

 

 

nina_three_word.

オダマキ
〈 スパイス 〉
〈 大気汚染 〉