kurayami.

暗黒という闇の淵から

「警察官」「電話」「教室」

「なあなあ。噂なんだけどさ」
「台所の夕暮れ鯨の話でしょ」
「違う違う。全く新しい話」
「ふうん。都市伝説ってそんな、ぽんぽん生まれるものだったかな」
「いいや、俺とお前が知らなかっただけだ。なんせ今回は、三つもある」
「へえ、三つも。ああ、三つ、と言えば……」
「まあまあ。聞けよ。まずは、聞いてみなって」


『探す警察官』
 K市E公園でのこと。
 夜中のことだった。終電を逃した男が、歓楽街から逃げるように公園を訪れた。
 中央に位置する大きな池と、人っ子一人いない雰囲気が寒気を呼び、男を震え上がらせる。
 あまりの寒さに男は萎え、帰ろうとした……そのときだった。
「あのぉ、すみません」
 男は後ろから声を掛けられ、振り返る。
 そこには、ライトを持った警察官が立っていた。
 職質だろうかと考えた男が、聞くからに元気のない返事をする。
「はい」
「今、女の子を探していましてぇ、もし良ければご協力お願い出来ますかぁ」
 警察官が、独特の喋り方で男に聞いた。
 男は安心し、警戒を解く。
「ええ、もちろん大丈夫ですよ。しかし、この公園に入ってから人っ子一人見てないですよ」
「そうですかぁ……三つ編みで、水色の髪を持った女の子なんですけとぉ……」
「見てないですねえ」
 男は素直に答えた。
「残念ですねぇ。うん、じゃぁ、行きましょうかぁ」
 そう言って、警察官が男の手に手錠を掛ける。
「な、なんですか。なんのつもりですか」
「なにって。探すのに協力してくれるって言ったじゃないですかぁ」
 警察官が喚く男の肩に警察官用の上着を掛け、帽子を被せ、暗闇の奥へと連れて行く。
 女の子が見つかるまで、永遠に。


『呪いの電話』
 ああ、あれは忘れはしない。年が暮れる頃のことだ。眠ければ布団に潜るし、腹が減れば飯を食いに行く。ただそれだけの自堕落生活を続けていたある日、当然のように、突然に、僕は生活に限界を感じた。今思えばまるで操られたかのように、僕は風呂場で手首を深く何度も切り、ぬるい浴槽に浸し始めた。このまま死ぬのかと気を失って、どれぐらい経ったときだろうか。僕は、電話の呼び出し音で起きた。見たことの無い電話番号だった。手の届く位置にあった携帯を耳に当て電話に出ると、可愛らしい少女の声がそこから聞こえた。「__、___、__ 」と、短く僕に要件を伝え、少女はクスクスと笑いながら電話を切った。直後、僕は風呂場を飛び出て、ペンを握り、メモ用紙に書き始めた。噺を書くこと。少女が僕に、言葉とは別のモノで伝えた要件だ。書かなければならない。何故かそう思って、書き始めたんだが、もう、書き始めて何年になるのだろうか。何度も辞めようとしたのだが、辞めれば手首から血が流れ始める。書いているうちは止まる。ああ、それに何故か、書くのがとても、楽しい。書けば書く程、抜け出せなくなる。
 今日も、呪いの電話が、僕にかかってくる。


『路地裏教室』
 原宿の裏には、教室がある。
 ああ、裏原宿じゃない。原宿の路地裏だ。条件えっと、なんだったかな。
 そうだ。夕暮れ、電柱が見えない路地裏。誰も見ていないところで。
「おはようございます」
 そう三回、真正面を見ながら挨拶して進むんだ。それだけで良い。
 そうして道なりに進むと、教室の残骸が地面に落ちているのが見える。掃除ロッカー、生物係りの水槽、誰かが落とした給食当番の割烹着、赤白帽。それらを目で追っているうちに、あっという間に教室に着くんだ。
 気付けば席の真ん中。「クラスメイト」に囲まれて、教壇には「先生」が立っている。
 そこに辿り着いた人はクラスメイトに混じって、先生からある質問をされるんだ。
「xぁう寐xちゃんを隠したのは、だあれ」
 まるで聞き取れない、女子生徒であろう名前を、先生が無機質な声で言うんだ。
 もちろん誰も、辿り着いた人も、反応しない。できない。
「わかりました。それじゃあ、みなさん伏せてください。知ってる人は手を上げてくださいね」
 先生はそう言うんだけど、何故か誰も動かないんだよね。
 そこで辿り着いた人も動かないでいると、先生に、
「そこのあなた、はやく伏せなさい」
 と急かされる。
 そこで仕方がなく伏せると、辿り着いた人は、誰かに頭を抑えられる。
「ん眼pqぃちゃんを隠したのは、だあれ」
 また、先生の質問。
 しかし頭をあげようとも、抑えられて動けない。
 質問は手を挙げるまで繰り返されるんだけど、この時、絶対にしてはいけないことがあるんだ。それをすると、もう帰れなくなってしまう。
 それはね、嘘を、つくこと。


「……ってね。どう、どう」
「うーん、面白いかは、さておき、いつも疑問に思うことがあるんだけど」
「なにさ」
「これってさ、みんな消えたりしてるわけだよね。こうして僕らに伝わるまでに、誰がどう伝えたのかな」
「ああ、それはね。全部全部。あの話も、この話も、呪いの電話を受け取った男がね」
「あーなるほどなあ」

 

 

 

 


nina_3_word.

三つの「都市伝説」

広告を非表示にする