kurayami.

暗黒という闇の淵から

ネクストゲームヒーロー

 やあ、君はこの世界が好きかい?
 昼と夜が好きかな。家族は、友人は、好きな子は? なに、照れなくて良い。教えてくれ、君は明日が楽しみだろうか。寝れば明日が来ると、喜んで布団に入れるだろうか。
 ……そうか、そうか。良かった、安心したよ。君なら、これからコンビニの新作おにぎりを意気揚々と買いに行こうとしてる君なら、そう言うと思ったからね。ごめんよ、もう少しだけ僕の話に付き合ってくれないか。
 それで、明日の話なんだけど。もしも、宇宙人や怪獣が来たりして、明日が急に無くなったりしたら、どうする?
 そうだね、困る、よね。僕だって困る。しかしこれは〈明日が来るなんて確証は何処にも無い〉なんて話じゃないんだ。〈明日を脅かすモノは存在する〉……そんな話なんだけど、君は信じてくれるかな。
 いつ……それがいつかは、わからないんだ。いや、そうか……なるほど、君らしいな。疑うより対策を取ろうとするか。いや謙遜しなくて良い、僕は心から安心してるよ。君に決めて良かった。
 それで、ここに一つのコントローラーがある。
 ゲームとかそういうのじゃない……でも、コレを造った人はそういうつもりだったのかもしれないね。少なくとも僕にこれを預けた人も、その人に預けた人も、どういう経緯でこれを造られたかだなんて知らなかった。まあ、恐ろしい事実を消したくて、何処かで嘘が生じた可能性もあるんだろうけど。
 このコントローラーは、意識した対象を、自由自在にコントロールする事が出来る。
 それは例えばコンビニの店員や、風も猫も、世界も……未来も。もちろん君も。
 なに、なんだ、慌てなくても大丈夫だよ。君にはコレを使ってはいないから。……話を聞いて貰ってる身でなんだけど、ちょっとは疑うことを覚えた方が良いんじゃないか。……はは、有り難う。そう言われると照れ臭いな。……コレを預けようとしてることが、申し訳なくなるな。
 うん、そう。君に、明日を清く望む君に、このコントローラーを預けたいんだ。良ければ、受け取ってくれないだろうか。うん、自由に使ってくれても構わない。
 僕は、疲れてしまった。
 さっきの〈明日を脅かすモノは存在する〉って話だ。信じられないことに、このコントローラーと対になるように、もう一つ自由自在が効く機器が存在するらしい。世界を自在に書き換えれるノートパソコンだって、僕は聞いてるよ。本当かどうかは定かじゃない。お互いの機器自体には干渉出来ないらしいからね、そのコントローラーを使っても何もわからなかった。

 だけど、僕らの目の前にこうして、常識を超えたコントローラーが存在する。それだけで、真実味が増すだろう?
 僕は怖いんだ。誰がそのもう一つの自由自在を持っていて、いつ何をするか。突然感情に任せて世界を終わらせてしまうかもしれない。それに、そのいつ起こるかわからない厄災に対して、コントローラーを持って構って怯え続けることに疲れてしまった。明日が怖くなってしまったんだ。
 だからどうか、明日を強く望む君に、このコントローラーを受け取って欲しい。
 君が次の、眠る英雄として、このコントローラーを手に。

 
 

 

 

 


nina_three_word.

〈 コントローラー 〉
〈 預ける 〉