kurayami.

暗黒という闇の淵から

シカバネテツバット

 遠心力が俺に自信を付けてくれる。無力の零から、一人分の命を消せるぐらいには。
 何故だか何時からか、俺は家族の教室の町の世間の世界の嫌われモノで、まるで拠り所がなかったんだ。ああ、それは別に良い、嘆く必要はない。自業自得だからだ。俺が容姿端麗じゃなかった、会話する力がなかった、愛されたる魅力がなかった。ただ、無力だった。仕方が無いことだ。
 だが、無力で零ならば、一に、五に、百に千にしようとするのは俺の自由だろう。
 力は常に欲していた。
 俺に出来ることは何だろう。この世界に生を受けた上で、俺は世界に何の影響を与える事が出来るのか。それを疑問に思い、何も出来無いことを悔やみ、苦しみ続けるだけの日々。そんな日々を何年も繰り返してる内に、遂に二十八だ。何も出来無いまま。
 周りの同年代を見れば、まるで俺の生を否定するように輝いている。何かに努力し、生を燃やし、必死だ。一体何の力がそこまでお前らを動かし、お前らの生を実体化させるんだ。俺には、その力がない。生なんてない。
 俺の様は、生きる屍のようだった。
 少しずつだが、俺は力を付けることを諦めていた。いや、そうせざるを得なかった。嫌われモノの俺は社会で人以下の扱いを受け、思考する余裕すら奪われ続けていたからだ。俺の世界は常に威圧的な上司だけ。世界に影響を与えることも無く、上司の言う通りに動き、怒られ、殴られる。それだけだ。
 だが、まさかそんな上司が切っ掛けで、力を得るとは。
 その日、残業の中で上司の暴力はエスカレートし、俺の額から血が流れ出た。ああ、遂に殺され死ぬと、俺は理解し覚悟する。
 きっと、本能だろう。俺は咄嗟に、手の届く位置にあった硝子の灰皿で上司を殴り殺したんだ。壊れた機械のように殴り続け、頭蓋骨に当たる硬い感覚が無くなるまで、何度も。
 上司は何時の間にか動かなくなっていた、暴言を吐かなくなっていた。家族がいて、たまに娘の非行を俺に哀しそうに愚痴る〈人間〉はもう、俺の手で亡くなった。
 俺は身を震わせ理解する。大きな事を成したと。
 世界規模で見たら些細な事だが、生を授かったモノの数を一つ減らした。それは殺されたモノからすれば最大規模の事件。
 俺は片手の鈍器から力を得たんだ。百よりも千よりも限りなく大きな、力を。
 それからというもの、俺は会社を、住んでいた町を逃げ出し、各地を転々とし人という人を、殴り殺し続けた。世界に人に、影響を与え続けた。使うのは常に鉄バットだ。安定した遠心力で人を傷付け、弾力で返ってきた鉄バットを再び振り下ろすのは、自身の力を幾度と無く実感出来る。
 しかし、殴り殺し続ける日々の中で、沸々と違和感が湧いていた。
 何故か鉄バットが手にしっくり来なくなって。
 この力ある日々が続きそうにない気がして。
 次は誰を殺そうと考える頭の働きが、とても、のろい。
 酔っ払ったように、それらの違和感の原因が、俺にはわからない。わかりたくない。ロクでもない理由な気がする。
 唯一つわかるのは、俺がまだ、生きる屍と何ら変わりがないという事だけだ。

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 鈍 〉
〈 規模 〉
〈 違和感 〉

初夏心中

「ねえ、どこに行こうね」
 女子高生の女の子は、隣に座っている男子高校生の男の子に、明日の予定を聞いた。
「どこ……どこにしようか。綺麗な、空が見える場所が良い」
 男子高校生の男の子は、暗い顔で遠くを見るように、女の子の問いに答える。
 二人が座っているのは、山の中の野原、大きな石の上。
 頭上には夏の夜空が広がっていて、涼しい風が吹いていた。
「空、どうして?」
「だって、暗くて狭い所なんて怖いじゃんか」
 男の子が、遠くを見ていた目を静かに閉じる。
「死ぬときぐらい、明るい気持ちでいたいから」
 男の子の言葉を区切りに、二人は沈黙する。
 心中を探す旅、四日目。その夜のこと。
「……そうね。私も怖いよ。でも、だから、貴方には私がいるんじゃない。だから私には貴方がいるんだよ」
 女の子が慰めるように、男の子の手を握った。
「大丈夫。大丈夫だよ、きっと一瞬で死ねるよ」
「でも、苦しい想いは、するだろうから」
「苦しくても私が貴方を離さない」
「……ごめんね」
「どうして謝るの」
「こんなところまで連れてきて」
「私が貴方に着いてきたのよ」
 悪者になりたかった男の子は、女の子の笑みを見て、敵わないなと諦める。
「でも、悲しいな。来世で私たち、また会えるかなあ」
「来世があればきっと、僕は必ず探し出すよ。もし見つけられなかったらその次の来世で、駄目だったらまたその次の来世まで。会えるまでずっと、探す」
 真面目な顔してそう言う男の子を、女の子が子供を可愛がるように、目を細めて見た。
「ふふ、嬉しい。けど、だけど。きっと来世の私は〈私の残骸〉であって、その次の来世はもう残骸も残ってなくて、私じゃない」
 女の子が石から飛び降りて、一歩一歩、今確実に自身のモノである足で伸びきった雑草を踏みつける。
「だから〈私と貴方〉にとっての転生来世は一回だけ。来世で〈私の残骸〉と〈貴方の残骸〉が出会えなかったら、もうそれで、おしまい」
 そう言った女の子は、男の子から見えないように、根元に生えていた小さな百合を足で踏み潰している。
「私、死ぬことは怖くない。けど、貴方と会えなくなるのは嫌」
「なら、来世なんてあって無いようなもの」
 男の子が石から降りて、女の子に近付く。
「心中出来るまで、あと何日あるかわからない。けど、そうだね、来世なんて考えないで、もっと一緒にいるべきなんだ」
 そよ風が吹いて、鈴虫の鳴き声が一瞬無くなった。
「だから、僕から一歩も、一瞬も、離れないでほしい」
 死ぬまで、死んでも、離れないでずっと一緒にいて欲しいと願う、男の子。
「ええ、もちろん。私はどこにも行かない。貴方とずっと一緒」
 しかし、男の子に対し、願うならば、死なずこの世で生を共に消耗したいと、女の子は心の底から想っていた。

 

 

 

 


nina_three_word.

一回限りの〈転生〉

 

生きること、この世界のこと

 突然の天気雨が、過疎化した町に降り注ぐ。私は思わず、だいぶ昔に閉店されたカフェの屋根を借りて、雨宿りをした。夏の熱気を暴力的に冷ますように、雨音が地を心地良く叩いてる。高校の帰り道、少し短い夏服のスカート。
 今日は終業式間近だからって、少し嬉しいことに午前授業で高校は終わったんだ。だから今日は、カフェに寄り道して、読めてなかった小説をフレンチトーストをお供に楽しんできた。そんな日の帰り道。
 家に帰るには、ここから歩いて十五分。傘のない私はこの天気雨の中を歩く術を持たない。
 でもきっと、すぐに止む。こんなに勢いが良いのなら、雲の中の水溜まりもすぐに底をつくだろうから。
 右を見ると、枯れ果てた植物の中から新鮮な向日葵が顔を出していた。足元を見るとカナブンの死体が落ちている。はしゃぐ声が聞こえて前を見れば、二人の少年が傘も差さずに、まるで濡れること楽しむように走っていった。
 そしてやっぱり、シャワーの蛇口をゆっくり閉めるように、天気雨が止んだ。
 油蝉の鳴き声。見上げれば大きな入道雲が、大きな威圧感を放って、だけどふわふわと、青空の主役を独占して浮かんでいる。
 ここは確実に、夏の入り口。
 けれど、この世界は、もう。
 涼しくなった町に、私は足を踏み出した。人がまるっきりいなくなった町。それはこの町に限ったことではないけども、犬の散歩をしていたお姉さんに挨拶が出来ないこと、隣の太郎君ともう遊べないこと、日常がどんどん欠けて無くなっていくことがとても、寂しい。
 通りかかった家で、泣き声が聞こえた。聞き慣れた〈生きることを盲信して、未来を覚悟していたはずだった〉泣き声だ。ああ、ここは村上さんちの。じゃあ、ここはもう、お婆ちゃんだけになるんだ。また、欠けてしまった。
 有害機能酸素。
 この〈生きるための毒〉が嬉々として世界にバラ撒かれたのが、私が中学生のとき。酸素不足という過去の人たちの後腐れ問題は、私が生まれる前からあった。頭の良い学者さんたちはどうにかして人工酸素を作り出そうとしたけど、どうしても実験の末に辿り着くのが、有害でありながら生きることを機能させる酸素。
 酸素に飢えていた人たちは、喜んで呼吸マスクを投げて、有害を受け入れた。
 有害機能酸素は生物を生かす一方で、気まぐれに身体を劣化させ、弱らせて殺す。
 時間をかけて身体を壊す人もいれば、ある日突然死ぬ人だっている。
 私の学年も、五クラスもあったのに、今じゃ一クラスだけになってしまった。
 百合ちゃんはもう、いないんだ。一緒にもうお弁当を食べれない。
 私は運が良いのか悪いのか、黒い血の塊を吐く程度に留まっている。だけど私だって、妹みたいに突然死ぬかもしれない。
 そんな死を考えて、死にたくないって思う一方で、疑問に思う。
 有害を受け入れてまで、生きることは正しいのかって。
 みんな、盲信してる。生きること。未来を。死ぬことは怖いことで、痛くて辛いことだって。
 もういい加減みんな気付いていて、口には出していないんじゃないかな。
 取り残された側からしてみれば、この世界はもう、地獄なんだってことを。

 

 

 

 

 

 


nina_three_word.

〈 盲信 〉
〈 後腐れ 〉
〈 有機酸 〉

 

海の日

 海の日。それは、この酷く蒸し暑い七月にうんざりする者たちの、仕事に疲れた一部の社会人の、固定休日が合わない恋人たちの……救済処置的祝日だ。
 私はこの全てに該当する。「今年は今まで一番暑い」だなんて年々よく聞くが、そんな文句も許されそうなほど、今年は暑かった。紫外線は容赦なく白い肌に刺さり、日焼け止め必須の外出。冷房の効きすぎた社内と、微妙に蒸し暑い廊下の温度差には具合が悪くなる。終いには、異常なまでの熱量は帰宅後の私の体力を根こそぎ奪い、娯楽に逃げることも許さない日常に変えていた。
 私が普段土日仕事で会えない恋人と会える、次の祝日。それを楽しみに思う感情が、疲労に壊れて自身見失わないための術。救済処置的祝日。
 だから、酷く楽しみにしていた。いや、勝手ながら過度な期待もして、寝る前には「あと何日かな」だなんて、乙女じみたことも考えた。
 そして前日の日曜日。私の家に恋人が泊まりに来た。「明日は何処に行こうか」だなんて、食事をしながら普段話さないような話題に盛り上がり、そんな些細な時間が私を幸福にする。
 しかし、それを幸福だと思うのは、翌日の祝日があってだからこそだ。
 翌日、朝。私が起きると、恋人は誰かと電話をしていた。
 嫌な予感が、私の中に浮かぶ。しかし、まさかそんな、祝日にそんなことがあり得るはずがない。許されるはずがない。
「本当にごめん。クライアントとの間でトラブルがあってさ……今日の埋め合わせは必ず、ごめん」
 などと、言っていた気がする。クライアントがどうの、埋め合わせがどうの、詰まる所、仕事が入ったのだ。
 だから恋人は、ひらめに、なってしまった。
 私が気に入っている真っ白なフローリングの上で、恋人が不自然に首を捻じ曲げて横になっている。見降ろしたとき頭を左にしないと、恋人の顔を真正面から見れない。だから、ひらめ。
 恋人がこうなってしまったのは、急な仕事の電話と、私の過度な期待のせいだ。そして私に殺人を勧めたのは、間違いなくこの蒸し暑さ。
 まず、殺してしまった、もう恋人と話せないという後悔が脳裏に浮かんだ。しかしそれも一瞬で、次にはどうやって隠すべきかと、自身でも驚くほど冷静な思考になった。
 隠すことはきっと容易いだろう。何故なら今日は祝日だからだ。時間ならたっぷりある。暑いのを我慢して、この奇怪な恋人のひらめ遺体を山の中にでも隠せばいい。
 だがしかし、容易いという事実は、私の苦悩を拭い去るモノではない。
 私が何より気掛かりなのは、今日という祝日が潰れてしまうこと。次の祝日、山の日まで半月以上もあるじゃないか。私はこの猛暑の中、これ以上自身を保ち続ける自信なんてもうない。
 ああ、そうだ。ひらめ、恋人はひらめになったのだ。それなら、山よりも海の方が良いだろう。
 そのついでに海水浴でもしようか。
 何故なら、今日は祝日、海の日なのだから。
 
 

 

 


nina_three_word.

〈 ひらめ 〉
〈 祝日 〉
〈 容易い 〉

 

たくさんのハートを

「お前は本当に、怪しからん奴だな」
 溜息をついた女が、写真を片手にそう言った。
 書斎のような部屋に、机を挟んで女と男が座っていた。
「何遍言ったらわかるんだ。無駄に散らかすな、と」
 男にとっての常連の依頼主、女……カナシマが写真を机の上に放り投げた。
 写真には、腹を切り裂かれた男女の遺体が写し出されている。
「いやあ、一応確かめないといけないわけですからねえ。もし、間違って殺してたら大変じゃないですか。そうなったら殺し直しですよ、へへ」
 カナシマが依頼した殺害屋、男……ニシニが手をハエのように擦り合わせそう言った。
「……これも何遍も言ったことだが、身体の中身を取り出す必要はないんだ。お前仮にもプロだろ、こんな目立つ殺し方しちゃダメだろ」
 目を細めたカナシマが、声を低めて言う。
「へへへ、いや、こればかりは、どうしてもクセで。何よりプロだからこそ、安全確実にターゲットの臓器を見て確かめないといけないんですよ。へへ」
 ニヤニヤ顔の癖もそのままに、ニシニがそう言った。
「そんな不機嫌そうな顔をしないでください、お嬢様。結局そうは言っても、このニシニ以外に依頼出来る相手なんて、もうお嬢様にはいないんですから」
「何故、そう思うんだ」
 カナシマが手を組んで聞いた。
「理由は三つです。一つ目は、これまでに殺してきた男たちの共通点に、ニシニが気付いているから。二つ目、ニシニの親切な値段設定。三つ目は、ニシニがお嬢様のお気に入りだからです。……へへ、なんだか照れちゃいますね」
 鼻の穴を人差し指で掻くニシニの言葉に、カナシマは目を閉じた。
「そうか。まあ、強いて言うならその三つの内、一つしか正解してないのだが。そうか、気付いていたのか」
「へへ、ニシニは頭が良いので」
 相変わらずのニヤニヤ顔のニシニ。しかし、その目は笑っていなかった。
「ふん。気付いているなら、もう構わないか。頼む予定だったターゲットのリストを、まとめて送ろう。まあ、そっちの方がお前も都合良いだろう」
 カナシマが、リストをニシニに渡す。
「ええ、こっちの方がありがてぇです。こんなリスト、本来なら人に渡すのもおぞましいでしょ」
「いや。いや、いいんだ。もう殺しを頼むぐらいだからな、恥も無い。ああ、次にそのニヤニヤ顔を見るのは、彼らが全員死んだときか」
「そうですねえ、どうでしょう。寂しいんですかい?」
 ニシニの言葉に、カナシマは微笑んで首を振った。

 連なる男の名前と、対になるように並ぶ女の名前。
 そのリストは、とある女の失恋記録。

 ニシニにリストが渡されて、二度目の春を迎えた、一年と少しが経った頃。カナシマの家に大きめの段ボールが、手紙と共に冷凍配達で届いた。
 それは殺害屋ニシニからの贈り物。
『心ばかりですが、心ばっかりですが、お嬢様が昔欲しがっていた心です。よければどうぞ。』
 中にはターゲットだった男たちの、心臓と脳が、ごろごろと入っていた。
『追伸 どっちに心があるんでしょうか。わからないので二つとも入れておきました。』
カナシマを手紙を置いて、ニシニのニヤニヤ顔を思い出し溜息をつく。
「本当に、怪しからん奴だ」
 ニシニは笑みを浮かべながらそう言って、過去の男たちの心に、優しく指先で触れていた。

 

 

nina_three_word.
〈 心ばかり 〉
〈 怪しからん 〉

長机の中で再会

 前々から気になってはいた。しかし、入る理由もなかった。
 だから、こうして入るのは、同僚の悪ノリだとかそういう理由付けが無ければ、今後ずっとなかっただろう。
 新宿、歌舞伎町、その奥。呑み会と水商売のキャッチの賑わいから離れ、静まり返ったラブホ街の中に、その〈相席屋〉はあった。
「何名様でしょうか」
 中に入ると、金髪のウェイター風のスタッフが俺ら二人を出迎える。
「二人……なんですけど、こういう相席居酒屋みたいのは、僕ら初めてで……」
 だから説明しろよ、とでも言わんばかりの同僚の遠回しな言葉に、俺は少しイラついた。
「ああ、大丈夫ですよ。案内しますね」
 金髪のウェイターが慣れたように俺ら二人を席へと案内し、そして当たり前のように、俺らは別々に離れ離れに席に座ることとなった。こうなってしまえば、結局、一人で来るのと変わりないじゃないか。
 同僚が半ば助けを求める目で遠くの席から俺を見ていたが、すぐに、隣に座った女に夢中になり始めた。
「隣、よろしいかしら」
 声に振り向くと、そこにはアジア系美人と言えるような、少し濃い、整った顔の女性が立っていた。
「あ、あ。はい、どうぞ」
 聞いていた話と違ったということもあり、俺は少しどもる。
 安い酒に集るような女が来る場所で、美人がくるような店ではない。そう俺は聞いていたぞ。こんな美人と飲めるのなら四千円も安いじゃないか。
 艶のある長い黒髪。睫毛は長く、目は少しつり目。気が強そうだが、こういう女に限って夜は熱いもんだ。
 だが、しかし。なんだ。どこか、懐かしいような。親近感がある、ような。
「あの、何処かでお会いしましたっけ」
 俺はいつの間にか、古い手口のナンパとも取れるような、安い言葉を発していた。
「ふふ、やっぱり、覚えていないのね」
 女性が俺の隣に座って、小さく笑った。それにつられて俺も「はは」と笑う。
「もう貴方にとっては、ずっと過去のことになってしまったのかしら。少しだけ、悲しいわ」
 そう言って女性が、机に置かれた安っぽいウーロンハイに口を付けた。俺と乾杯もしないまま。
「……え、俺ら、やっぱり、何処かで」
「いいのよ。私は思い出して欲しいわけじゃない。だけど、貴方と再び会って、話したかった」
 女性が、俺の頭に手を乗せ、軽く撫でた。そうやって俺を撫でる女性は、まるで姉のような、母のような。
「以前は横浜。今回は新宿。良かったじゃない、貴方、徐々に近付いてきてるわ」
 横浜、横浜? 俺は、横浜で飲んだことがあっただろうか。
 いや、そもそも、この人は一体。近付くってなんだ。
「あの、俺、本当に」
「気にしないで。慣れてるからいいの。またこうして、相席の中で会えただけでも、奇跡なんだから」
 そう言って女性が、ウーロンハイを飲み干す。
「ああ、そろそろ時間。……ねえ、くれぐれも、もう、横浜に戻っちゃだめよ。貴方すぐに潰れちゃうんだから、今度は帰れなくなっちゃうわ」
 女性の言葉に、さっきから幾つもの疑問が生じる。
 何から聞けば良いか。そんなことを迷っているうちに、女性はいつの間にか消えていた。
 奥の離れた席から同僚が「相席なんてロクなことがない」と、怒りながら歩いてくる。
 俺はというと、ぬるくなったウーロンハイに、一口も付けていなかった。

 

 

 

 

 


nina_three_word.

相席屋

フィクション

 運が良いことに、私はとても幸せだ。
 あの頃は何もなかった気がする。空っぽで何もなくて、ヘラヘラしてれば良いと思っていた。時間の空白への恐怖に麻痺し、目を背け、毒の中で怠惰に堕ちていることにすら気付かないまま。
 思い返してみれば、とても恐ろしい日常だった。まるで別人のような愚かな私だった。
 それが今じゃどうだ。物語を創作し紡ぐことで、毎日が充実している。時間が執筆作業で埋まっているのだ。忙しすぎて、やること全てに手が回らない。むしろ時間が足りていないぐらいだからな。日々の創作作業に加えて、同人誌に出す原稿だってある。考えることはたくさんあるんだ。
 忙しさと、思考することで、時間が満ち足りている。私は幸せだ。
 寂しいと思うこともなくなったなあ。それもこれも、私が創作の世界に落ちれている証拠だろう。創作の世界の中なら私は、面白くて可笑しい友人がいる、何処か抜けた主人公になれる。疲れた顔をした恋人と同棲している、雨に濡れた主人公になれる。あまりの美しさを疑って殺せる相手がいるような、イカれた主人公にだってなれるんだ。
 言いたいことが言えない、睡眠薬漬けの女子高生にも。
 地下室に綺麗に血の瓶を並べるような、殺人鬼にも。
 頭を打ち付けるのが大好きな、妖怪にだって、なれる。
 私はもう、一人じゃない。あの頃のような、真の孤独の中にはもういないだろう。私はキーボードを叩くことで、理想の世界にいける。
 なぜなら私は、物書き雨心千世子だ。貴方たちも、もう、知っているだろう?
 そう、もうお気付きだろうか、今回はこうして、私自身が主人公だ。雨心千世子という実在する人間だ。わかるだろう。
 私を知らない人は、これから知ってもらえば良い。何度も言う、私は実在する。この世界にも、そちらの世界にも生きているんだ。そうこうして文字を綴っているのは私、雨心千世子だ。決して似た名前の別人の男なんかじゃない。騙されるなよ?
 私は原稿を落とさないし、一人じゃないし、読み手がいる。
 創作の世界へと入れば、友人も殺人鬼も妖怪もいる。
 ああ、私は幸せだ。
 しかし、幸せと思う一方で、私は知っているのだ。
 確かに〈雨心千世子〉は実在する。
 だが、もし〈雨心千世子〉が何かの形で死んだとしたら。
 そうなれば、ペンネーム〈雨心千世子〉を失った〈私〉には、何も残らないのだ。
 読み手も無ければ、友人や殺人鬼も妖怪なんて、もちろん存在しない。書く原稿だって存在しない。
 たった〈雨心千世子〉が死ぬだけで〈私〉はあの頃に戻ってしまう。
 はてさて、私は〈子供だまし〉な存在なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 子供だまし 〉〈 メアリー・スー