kurayami.

暗黒という闇の淵から

前衛恋愛

「これは私から、貴方という時代への挑戦」
 曇り空の下、廃墟と化した暗い民家の中。荒れた元リビング。
 誰かに届けたい声量で少女が呟いて、マッチに火を点けた。
 柔らかく、まだ幼い少女の顔が、橙色に照らされる。
「ううん。貴方への戦争は、実はずっとずっと前から、仕掛けていたの」
 桃色の、小さな唇からの、声。
 覚悟と告白を含んだ、その少女性には似合わない、低い声。
 マッチに灯った火が、蝋燭へと移った。少女は次から次へと、準備された蝋燭へと火を灯していく。
「私はね、策士で芸術家だから。貴方に気付かれないようにするなんて、簡単だったのよ。ねえ、隣のクラスで可愛いって評判の私に、話しかけられて浮かれちゃったの? 馬鹿ね」
 全てに火が灯り、荒れた民家の中が聖夜のように、暖かく照らされた。
 家具も何もない、剥き出しの元民家。柱に残る横線の傷、壁のヤニが、二人の知らない関係ない過去を、物語っている。
「駄目だよ。貴方が思っている以上に、女は危険なの。強姦より洗脳。男の子って本当に、油断だけで出来た生き物だと思う」
 クスクス笑った少女が、ひらりと制服のスカートを揺らす。
「少なくとも私が、このセーラー服に袖を通した時点で、貴方に勝ち目はなかったのかもしれないね」
 少女が、細めて笑う目で、貴方を見た。
 力を無くし、壁にもたれかかり、口を半開きにし、土色になった、貴方を。
「ああ、ねえ。お茶にしない? うん、そうしようね。二人で仲良く紅茶を飲んで、私の勝ちを迎えるの」
 両手を合わせて笑顔を浮かべる少女。スクールバックから水筒を取り出して、貴方の頭にとぷとぷと紅茶をかけた。
 少女が、貴方の頬に流れる紅茶を指ですくい取り、舐める。
「美味しい? ふふ、良かった。これって、きっと、最初で最後のデートになるのよね。忘れないように、しないとね」
 愛おしさを込めた、深く重たい声。屋内は見えない毒の空気に侵食されていく。
 火を灯された黒塊。一酸化炭素
 少女の声が、眠気に飲み込まれていく。
「私、ね。ずっと、思ってたの。触れ合った身体から、魂が抜けたときこそ、真に密着できる……って。寂しくないって。拒絶のない触れ合い。それってなによりも、恋人、じゃない……かな」
 横に座り込んで、貴方の手を強く握る少女は、微睡みの中で微笑んでいた。恋の叶った幸せな少女として。
 私の勝ち。
 おやすみの代わりに、キスの代わりに。少女はそう一人呟いて眠りにつく。
 ゼロ距離の手と手の中、恋愛を閉じ込めて。

 

 

 

 


nina_three_word.

アバンギャルド

寂しさを空かし続けて

 孤独なの、ずっと。
 前髪長くてお化けみたいだから、かしら。誰かから話しかけられるなんて、ずっと昔の記憶。そうよ、昔はもっと可愛らしい少女で、家族にもご近所さんにも、愛されて……ねえ? いつの間にこんな、前髪お化けになって。
 二十三年も生きて、なにも縁がないわけ、ないのに。
 私、寂しいわ。
 そういえば、ああ、そうだ。あの人。近所に住んでいた、教育実習生だった、あのお兄さん。私が高等学校に上がる頃まで良くしてくれた、あの人は今、どうしてるのかしら。願い通り先生になれたのなら、良いのだけれど。
 ちょうど良いわ。秋になろうとして、冷たい風が頬に当たって、センチメンタルになっていたところなの。故郷の夕焼けが恋しいと思っていた。うん、ちょうど良い。慣れた空気を吸いに、故郷へ帰りましょう。孤独を埋めるため、お兄さんとお話をしに行きましょう。
 東京から四国へ。海沿いのあの街へ。
 夜行列車を使って、四国を縦に切る線路を乗り継いで、一日。退屈の中で読んだ小説が四冊目に入ったところで、電車は錆びれた駅へと辿り着く。改札を出てすぐ、潮の匂い。ああ、懐かしき故郷。
 赤くてのっぽなポストも、一年前に来た頃と変わらないまま。東京なんかじゃ全部四角いんだよ、なんて、話す相手見当たらないけれど。にしても、何度来ても、懐かしいと思う感情は沸くものね。誰かに手を引かれた橋の上。誰かと遊んだ公園の砂場。誰かと並んで座った、バス停のベンチ。
 ああだけど、変わるものも、あるのね。お兄さん、引っ越しちゃったみたい。お隣さんに聞けば隣町の、黄色いお弁当屋さんの裏に引越しったって。そうよね、少なくとも最後に話したのは八年ほど前だもの。
 八年越しの縁。そう想うと、なんだか愛おしくて重くて、切ない。
 隣町にはバスで、夕焼けを見れるよう、ゆっくり目指した。この街の夕焼けだって、私の目的の一つでもあったし、なによりあの人はまだ帰っていない気がしたから。
 バス停に降りた頃、ちょうど夕焼けの時間だった。西の空に広がる紅、深い曇り空。
 でもそんな曇り空の夕焼けも、確かに私の記憶に重なっていて……
 陽が沈んでから、一時間ほど。あの人は、昔の姿に髭を生やして、そしてほんの少しだけ膨らんで、暗くなった家の前への現れた。ああ、あの人だ、お兄さん。とても懐かしい。
 そう、とても懐かしい。懐かしいのは、古くからの縁である、証拠。
 お兄さんは私のことを、思い出すわけがなかった。
 いや、思い出す暇もなく、私の大きな口の中に、
 逆さまに頭から、飲み込まれていく。
 これは、私の過去。私の古い記憶。
 私の、私だけのご馳走の、エニシ。
 可哀想な私。きっと一日後には東京で孤独に埋もれ、一人の道理に反した〈縁食い〉になってしまっていることすら、忘却する。
 そして、一年後。私は孤独という腹を空かせて、またこの地へ戻るのね。

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 えにし 〉

〈 さかしま 〉

制動装置破壊論

 これは僕の憶測で人生の持論になるわけだが、人は前へ進み続かなければ死ぬ。
 逆に言えば止まれば死ぬんだ。根拠という根拠は全くない。説得する面からの利点で言えば、ほら、踊り続けれたなら楽しいだろう? 永遠に恋人とセックスし続けれたら気持ち良いし、一秒でも長く最年少センター美少女アイドルと握手出来たら幸せだろう。そういうことなんだ。納得出来たか。
 納得しなければ君は死ぬまでだ。止まるたびに死んで無限コンテニューを繰り返せ。死ぬのが気持ち良いだなんて、とんだマゾヒスト希死念慮だな。言い忘れたけど僕の〈制動装置破壊論〉を実行したいなら、イヤホンヘッドホンでアイフォンアンドロイドよろしく、派手にロックンロールを流し続けろ。踊れ踊れ。ちなみに制動装置ってのはブレーキのことだ、これから先に必要ないだろう?
 ほらほら、死んじゃうぜ。僕は自殺なんて勘弁だけどな。
 もちろん後ろへ戻りたければ、前へ大きく回り続けるしかない。次にこの場所へ来るのは来年来世だ。ロクでもない置き去りの時間に派手な僕たちを見せつけてやろうぜ。なあに、歩き続けてヘロヘロった顔はイカしたメイクだ。僕を見てみろよ最高にエモいだろ、流行りのブラックアイシャドウだ。
 歩き疲れたなら踊ろうぜ。踊り疲れたなら次の店まで歩くんだ。今までもそうしてきたし、君もお前もそうしてきた。忘れたなんて言わせないからな。生まれたあの頃、泣きやまなかった癖によ。ママが困ってたろ。
 思い通りに動いて楽しいか? 先が見えて楽しいのは教科書に支配されてる証拠なんじゃないの。「右足出そうと思ったら恩人を脱がせてた」おいおい、なんだよそれ最高だな。そら、ドラッグなんかなくてもラリってみようぜ。ほら、誰かが言ってたろ「考える前に動け」ってさ。
 動け動け、前へ前へ。
 時間との勝負だ、秒針は止まらないぞ。秒針が動く前に前へ、約束の時間の前に遊び倒してやろうか。電池が切れた方がウィンで、壊れた方がレジェンドだ。
 勝ちも伝説も僕のモノ。
 しかし前進し続けてたなら、欲しい最期も手に入らないよな。つまり、つまりだ。僕を止めてくれる子が必要だろ。この前進をぶち止める、僕の意思を止めてくれる、殺してくれるようなとっておきの子だ。そんな身勝手サイコパス殺人は、素晴らしい唯一確かな愛でしかないじゃないか。そんな停死なら心から歓迎だ。
 ああ、僕は決して止まってやるものか。
 だから、どうか。
 いつか僕を止めてくれないか。そしたらその時は、僕の時間も息の根も、君のモノだから。

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 ブレーキ 〉

〈 秒針 〉

〈 憶測 〉

時嫌われ

 真夜中四時前の大須商店街に人の気配はない。眠る店の並びはシャッターが連なり、高いアーチ状の屋根には寂しい影が伸びていた。
 そんな眠る商店街の静寂を破ったのは、ヒールが鳴らす踵の音。
 カンカンと音に釣られるように、ペタペタとたどたどしいシューズの音。
 二つの足音は、商店街の外を真っ直ぐ目指して、止まらない。
「急げ急げ、朝はすぐそこだぞ」
 そう言ったのは、長く綺麗な白髪の髪を唸らせらた三十路手前の女性。
「急ぎます、急ぎますから。先生、小生と楽しくお話しながら行くのは、どうでしょう」
 女性……先生に、伸びた襟足を後ろで結いた少年が提案する。
「ほう、いつそんなチャラくなった」
「先週の晩、名駅の前でお兄さんがそう言ってるのを聞いたんです」
 少年の声に、先生が歩みを止めず振り返った。
「悪くないな」
 先生は少年のチャラさも提案も含めて、肯定する。
「本当ですか。お話しましょう。先生は今幸せですか?」
「その話題が楽しいかはさておき、こんな昼夜に生半可な体質になってしまったからには、幸せとは言えないな。今もこうして夜の出口を目指して急がねばならないわけだ。満足はしていない。しかし今この瞬間、一人ではない点で言えば、私は幸せかもしれないが」
 少年は急ぎ足の先生の言葉に、一つ一つふむふむと頷いた。
「君はどうなんだ。もちろんそんな生まれつきじゃあ、世を恨むだろう?」
「いやいや、小生は幸せですよ!」
 心から出た少年の声に、先生が足を止める。
 商店街の温度は徐々に下がっていく中で、迫る終わりと始まりの気配を漂わせていた。
「こんな生半可な、現状でもか」
「ええ、小生はそんな立派な幸せは、もう望んでいませんから」
 そう言って、少年は無邪気な笑顔を浮かべる。
「良いんです。もう小生にはまともな両親なんていなくて、当たり前だと言われる昼夜の思い出だって、もう作れないと思います。今から大きく満足に生きるだなんて、想像もつきません。ただ、小さく生きるだけですよ」
 商店街の終わり、夜の出口の前。先生は改めて、目の前に存在する〈狭間と歪みが生んだ可愛らしい癌〉を認識した。
 生まれつき、時間に嫌われたその存在を。一人の少年を諦めさせた、世界を。
「それに小生、美人な先生と一蓮托生なだけで男としてはかなり幸せです」
「可愛いこと言うじゃないか。しかし、少しチャラすぎる、あざとすぎる。次の時間になったら、改めて私がチャラさを教えてやろう」
 先生の言葉に少年は犬のように、それだけが幸せかのように、喜んで見せた。
 空が白んでいく。
 暗闇が薄れ、二人の〈時嫌われ〉が何も惜しまず、夜の出口の中で姿を消失した。

 
 

 

 

nina_three_word.

〈 生半 〉

〈 小生 〉

〈 託生 〉

デイゴースト

 最近、何もないんだ。
 話すことがまるで何もない。だから友人たちにも会おうと思えないし、そもそも人の充実した話を耳にしたくない。聞けば耳も心も腐りきってしまう。羨ましい。そんな日々、心を何かに動かされているだなんて。
 しかし、俺に潤いがどんなに無くても、街のざわめきが消えることは無い。
 何をそんな、みんな楽しそうにしてるんだ。
 どこで満足を得られるんだ。常々誰かと一緒にいるのか。光る携帯のディスプレイには何を流して見ている? 昨日はこういうことがあっただとか、先週は哀しいことがあっただとか。話すことがあるほど、最近に満足出来るその秘密を、俺にも教えてくれよ。
 思い出す過去と、想い描く未来だけだ。俺には。
 あの頃は良かっただなんて、そんなことばかり。友人と悪ノリ続きの酒の席。話題が無くても続けた恋人との通話。尊敬する人に近付きたくて努力した夜。日々何かしらがあって、最近はどうだとか言えたもんだぜ。過去の思い出を頼りに、先へと後押しすることすら俺には無理だ。
 未来だって、今じゃ何も考えられない、希望がない。期待を持てないから。今現在に何の材料もないから。こうなりたいだとか、どこへ行きたいだとか、欲を持つほど体力がない。
 ああ、そうか。最近がないから、未来がないのか。
 この先にはあるのは、変わらない虚ろな日常だけ。
 まさか、永遠にこのままなのか。
 俺の最近が失われたのは、いつからだったっけ。もう長いこと、この虚ろな日常の中にいる気がする。思い出そうにもぼんやりして……いつからだ、いつから。あの時はまだ、日々の街の混み具合を認識していた。昨日食った飯を考えて今日の飯を考えていた。
 そういえばあの日、あの時を最後に、最近がない。
 友人と酒を飲んだ帰り道だった。持たされた酒ビンを片手に、ぬるい風が服の隙間を通るような夜。酔っ払いを良いことに恋人に甘えて、返ってくる言葉がいつも以上に心地よかった。
 そうだった。あの夜道。やけに眩しい車のライトが俺を照らしたのを最後に、最近がないままだ。
 はは。馬鹿みたいだな、これじゃあまるで、幽霊じゃないか。
 幽霊にだって、最近と日常があって良いだろうに。
 なあ、ところで、最近何もないんだ。
 彷徨うだけで何も得られない。時は進まないまま、帰り道から戻れないまま。過去を懐かしむだけで、未来がない。
 どうしたらそんな、生きた日々が過ごせるんだ。
 どうしたらそんな、死から遠ざけるんだ。
 俺にも、教えてくれよ。

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.
〈 最近 〉という概念を失った男。
 

 
 
 
 

ヨスガの星

 あれに出会って私が逃げ延びれたのは、これが初めてかもしれない。
 まあ、これが終わりなんだろうけど。
 冷たい冷たい夜。本当だったら身震いして寒さに浸るはずなのに、今はもう震える力もない。身体が動かない。全身は傷だらけで、片足なんて繊維で繋がってるみたいに、ぷらぷらしてる。
 たぶん、この夜に死ぬから。
 あれらがすぐそこまで来てるのに気付けなかった。ああでも、きっと気付かなかくても、あれだけの数がそこまで迫っているのなら、遅かれ早かれ私たちは死んでいた。
 あの人も、死んじゃうのかな。
 私なんかよりずっと強くて、生きるという芯がブレないあの人。この終末の世界で誰よりも信頼できる。私なんかいなくても大丈夫だと思うけど、だけど、少しだけ心残り。
 心配? ううん、違う。私自身心残りなんだ。
 もう少し一緒に居たかった。もう少しだけ頼って、甘えたかった。縋ることが、許してもらえることが、とても心地良かったから。
 身体を引きずっていた腕が、動かなくなった。腕だけじゃない、他の傷がみるみるうちに膿んでいく、膨らんでいる。あれの爪になんか塗られていたんだろうな、趣味が悪い鉱物たち。じわじわ殺していくなんて、人間の特許なのに。
 ああ、なんとかして廃墟街の果てまで辿り着いたけど、もう、ここまで。化膿に飲まれていく。最後にあの人の顔を見たかった。でも、こんな顔じゃどのみち会えないな。笑っちゃう、こんな最期に女の子になるなんて。
 急に寂しくなって、あの人がいる隠れ家がいる方向を見た。街の外、荒れ果てた地の向こう側に、黒い山のシルエットと星空が見える。あの人が言っていたっけ。人間が減ったからこそ、汚かった夜空が綺麗になったって。だから、今だからこそ見れる景色だって。人類がこんな窮地に立たされた代償に、綺麗な星空を楽しむだなんて、その時は理解できなかった。でも、この死の間際に見る今なら、そうなのかなって思えるよ。
 だって、本当に綺麗な夜空。死への恐怖も、忘れそうなほど。
 あの夜空の中には、動かない星〈ポラリス〉があるらしい。廻る星たちの中心に位置して、何千年何万年と変わることがなく。そう、まるであの人みたいに。聞いた時から思っていたんだ。私にとっての、変わらない安心。人が死んでいく、世界が終わっていく中で、あの人だけ変わらなかった。
 〈ポラリス〉は、どこにあるんだろう。
 気付けば化膿に包まれていた。全身が痛くて、もう何も動かない。ああ、私はこのまま、不気味な肉塊として終わっていくんだ。
 でも、それなのに、残酷なのに、心はとても穏やか。
 星空にあの人を重ねて、安心してるからかな。

 今となっては、私にとって安心の星を聞けなかったことが、心残りで。

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 化膿 〉
ポラリス
〈 よすが 〉

水飛沫

 帰宅路。新宿で電車を乗り換えるとき、僕は無意識にネクタイを緩めていることに気付いた。今までも無意識に緩めていたのだろうか、そんな事をしても帰りの電車の窮屈さは変わらないのに。
 駅のホームに並ぶ。電車が来るまでの四分の間、携帯に来てた仕事のメールを確認した。少しだけ納期が短くなったのと、準備していた別の仕事がキャンセルになったと言う。ふと顔を上げれば規則正しく並ぶ周りの人たちも、同じように携帯を触っていた。
 ホームに止まった電車に、よたよたと人が入り、綺麗に詰まっていく。
 もちろん僕も例外なく、満員電車の一員として、揺れる人の群れの中。
 ふと、自分が過去ある〈固体〉では無くて、社会という〈液体〉なんじゃないかって、思うことがある。よく言われる〈歯車〉とか、そういうのじゃない。〈歯車〉には役割があって、一つでも抜けてしまえば動かなくなるだろう。例え僕が抜けたところで社会は動きを止めることも無くて、きっと抜けたことすら気付かないまま過ぎていく。
 足並みを揃えて、みんな同じように波紋に揺れている。
 瞬間に飛び出した水飛沫に、誰も目なんて向けない。
 ガタンと、電車が大きく動いた。特にアナウンスをする事もなく、電車は走行を続けていく。僕らもそれに興味を示さないまま、車窓の暗い景色は流れるまま。
 気付けば僕は電車を降りて、閑散とした駅前を歩いていた。住んでいるアパートがある線路沿いの方へ歩いて行く人は全くいなくて、この頃になってやっと僕は一人になる。いや最初から、ずっと、一人だったのかもしれないけれど。
 空いたはずの腹も何を求めていなくて、真っ直ぐ家に帰った。生きるためだけの僕の部屋は、まるでかっこよくない。唯一動きを示すものとして、ベッドの脇には読みかけの小説が置かれていた。
 カバンを机の脇に置いて、スーツをハンガーにかける。よれよれで少しべたついたスーツ、袖を通してもう四年になる。
 大人として、新しい自分が育むと信じていたあの頃から、四年か。
 きっとこのまま永遠に何も変わらない。結婚して子供が出来ても、この乾きはそのままに、死ぬまで社会に溶け込んで何も生まれない。他に何も見出せない。
 もう僕は僕として、終わりを迎えたんだ。
 だけど、もし、もし、この社会から抜け出すことがあるとすれば。
 それは目の前にかかったスーツと同じように、ハンガーに首を吊る未来だけ。
 誰にも気付かれず、目を向けられない。皮肉なスーツと共に、朽ちるか生きるかしかないんだ。

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 ハンガー 〉

〈 皮肉 〉

〈 足並み 〉