読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

理性と薬

  積み重なった医学書。何度も書き直された淡い研究書類。黄ばんだ白衣に染み付いたカフェインの香り。これらは全て、彼女と再び並んで歩くための蓄積。成功と幸福を目指す過程の、道端の石ころに過ぎない。
 ボクと彼女は、不幸を知らない甘い砂糖菓子で出来たような、恋人関係だった。そのはずだった。それが突然の通り雨のように、彼女はころっと病にかかって、溶けて焼けた。
 通り雨なんかじゃない。永遠に止まない、不治の病。
 彼女は見るからに衰弱していった。病は彼女の手足から少しずつ力を奪い、四肢から内側へと蝕んでいく。まるで趣味の悪い悪魔の拷問だ。
 病が心臓に届くまで。ベッドの上で彼女が苦しみ、生き絶えるまで。残り七年。
 誰も治し方を知らないという。自身が医者の卵だということを忘れて、ありとあらゆる医者を訪ねた。だけど揃いも揃って、全員が手を上げた。これほどまでに医者を、医学を恨んだことはなかった。
「万能薬でもあればな」
 ふと、ボクが去る直前に、一人の医者が言った。そんなものがあれば医者滅ぶだけだ。あるなら今すぐにでも寄越せ。そんなものは何処にもない。ふざけるな。……そんな、一瞬の思考の後。ボクは開き直ったように、思い付く。
 無いなら、作ればいい。
 それは覚悟だった。ボクは自身の研究室に高級なシルクのベッドをこしらえ、彼女を横にした。
「大丈夫、ボクが必ずキミを救ってみせるよ」
 彼女の手を握って、ボクが言う。彼女は何か言いたそうに目を泳がせて、言葉に迷った末に、
「ごめんね」
 と、困ったように、目を細めて笑った。
 それは、二度と見たくない笑顔だった。二度とそんな顔はさせないと、ボクは誓った。
 それからボクは研究に没頭した。医学書に目を通し、研究を重ね、彼女の神経が消えた手を握る夜が続いた。一秒一秒が惜しかった。
 彼女を、そして囚われたボク自身を、救いたかった。
 その一心で、失敗を繰り返し、ボクは。
 研究を始めて六年、奇跡を完成させようとしている。
 このフラスコの中で、十八分後。万能薬は完成される、長かった、苦しかった、不安だった。もうすぐでボクと彼女は解放されるんだ。
 彼女の側の椅子に腰をかける。
「なあ、キミ、起きてるかな」
 ボクは彼女の手を握り、語りかける。
 彼女は、額に汗を滲ませ、荒い呼吸を繰り返していた。もう二年以上、ボクの声が聞こえていないらしい。
 だが、
「アナタ、そこにいるの?」
 こうして二年以上、聞いているかもわからないであろうボクに語りかけてくれる。
「ねえ、好きよ。愛しているの」
 ボクだけを信じている。ボクだけが、頼りなんだろう。
 なんて、か弱いんだろう。
「私、今でも、河原に揺れるカワミドリを思い出すわ」
 ボクは。
 ボクは、今。とても良くないことを考えている。
 弱く、ボクだけを頼る彼女をこのままにする方法は、このフラスコを割るだけだった。それだけで彼女はボクにとって、慈しみ深い、存在のままでいる。
 あまりにも長すぎた。この六年間、ボクがいないと生きれない彼女に、恋をしすぎた。
 万能薬を作るだなんて、理性を保つための薬でしか、なかったんだ。

 

 

nina_three_word.

〈 万能薬 〉
〈 慈しむ 〉

白カーディガン

 天使だと思ったのは、一瞬だった。


 夢を見始めたのは年が明けた頃、少しざわめきが足りない歌舞伎町でのこと。僕は個人で頼まれた仕事をするため、パソコンを抱えてカフェに篭っていたんだ。そのカフェに通い始めて三日目ぐらいかな、昼過ぎに、僕に仕事を任せていた友人に呼び出されたんだ。「今もしかして歌舞伎町にいる?」「ああ、良ければなんだけど、シネマの前まで来てもらえるか」なんて二往復のやりとりをして、僕は映画館の前に向かった。
 キャッチと行き交う人、少し汚れた映画館前。怪獣が見下ろすその場所に、長身にカジュアルな服装で身を包んだ友人と、並んで女性が立っていた。
 その容姿は、友人と同じ二十代前半、僕らよりは歳下に見えた。幼い顔。ダークブラウンに染めた腰までの長髪。紺色のシャツに白いカーディガン、紅色のプリーツスカート。四十弱デニールの黒タイツに、紅色のヒールを履いて身長を高く見せている。
「よう」
 友人は僕を見つけて手を上げた。
「やっぱり歌舞伎町にいたな。俺の仕事してたんだろ」
「そうだよ。まあ、たぶん。期限までに終わる」
 そう僕が言ったのは半分嘘で、実際は余裕がなかった。
 友人が隣にいた女性を紹介しないので、僕から聞く。
「そちらは?」
「ああ、こちら美優さん。坂崎美優さん」
 隣にいた女性、美優さんが小さくお辞儀をした。
「で、俺これから用事があってさ。例の仕事、全然期限伸ばしても良いからさ、彼女に新宿案内してくれねえかな」
 期限延長とは願ってもいない話だが、僕には女性をエスコートする自信はなかった。
「いや、でも」
「まあまあ。どうせ例の仕事、厳しいんだろ?」
 恐らく全てを見通している友人に、僕は何も言えなくなる。
 友人はわざとらしく携帯を見て「じゃあ後はよろしく」と言って、僕と美優さんを残して去っていった。
 友人の無茶振りには慣れていたが、こうして第三者を交えてのことは初めてだった。僕はどう声を掛けようかと迷って、一先ず美優さんを見た。
「あの、ごめんなさいね。巻き込んじゃって」
 先に切り出してきたのは、美優さんからだった。
「ああっ、いえいえ、むしろ光栄ですよ」
 意外にも僕の口は軽快だった。これはいけるかもしれない。
「新宿を案内、ですよね? 何処か行きたいところはありますか?」
「こんなこと言うのなんですけど、何処でも。新宿は初めてなもので……」
 白いカーディガンに半分隠れた手の甲を顎に添えて、美優さんは続ける。
「あの、期待しているので、お願いします」
 意地悪そうに美優さんは笑った。
 僕みたいに単純な男が落ちるのに、その女王様のような我儘な台詞と、無垢な少女のような笑顔は充分な理由となった。
 ゴールデン街を通り、花園神社。新宿御苑に行き、電車に乗って都庁。良い男ならもっと気の利いたデートをするのだろうと思いながら、駅前で夕食を取った。話を聞けば、美優さんは僕と友人の一つ上の年齢だと言う。
 帰る間際。美優さんは終電が無くなったからと言って、僕の袖を引っ張った。
 全ては、その日の出来事。
 そして、堕落していく日々の始まりだった。
 美優さんは事毎に僕を呼び、一晩を共にする。
 夜を重ねる中で、僕は美優さんを植え付けられ、溺れていく。
「今日も来てくれて有難うね」
 美優さんは、自然と僕の主導権を握り、我儘に行使した。そして、一切僕に隙を見せず、側にいることを〈許している〉……そうとでも言いたげな態度を僕に見せた。
「はやくして」
 しかし、そうはわかっていても、利用されるように扱われても、僕は美優さんから離れられない。
「お利口ね」
 飴と鞭をこの世で一番上手に使えるのだなんて、悪女の他ならないと身を持って知る日々の中で、僕は金と性を擦り減らし、美優さんに惹かれていった。


 悪魔に神聖を見出してしまえば、何への冒涜となるのだろう。
 
 
 
nina_three_word.

ファム・ファタール

メランコリーチケット

 私の憂鬱なんて、きっと他人のモノに比べたら些細なことだと思う。
 バイトをしていたフリーターが、バイトを辞めたらニートになる。だから、私はニート。バイト先の人間関係から逃げて、そのうちバイトが見つかるだろうとゴロゴロして、もう一年以上経った。
 流石に、もう私の貯金は底を尽きた。
 金が無ければ遊ぶこともできない。友達はもう誰も遊んでくれない。今となっては、頼れるのは兄だけになってしまった。ああ、情けない。
 兄の家で、こうしてごろごろして、平日の真夏日を窓辺に感じている。快適だけど、それも終わりを迎えつつある。
 無職。貧乏。孤独。
 そして、リビングに転がる、兄の遺体。
 ああ……とても憂鬱だ。でも、これも他人からしたら些細な憂鬱、なんだろうなあ。
 憂鬱な、夏。
 いよいよ、電気が止まった。クーラーも付かなくなって、外の夏が家の中へと侵食していく。網戸にしたところで、蝉の喧しい鳴き声も、兄の腐敗も止まらない。ああ、これはいよいよ、いよいよかもしれない。もはや私に訪れる終わりが何なのか、有りすぎてわからない。
 兄が倒れてからというもの、私は何度もこの家のものを漁った。生活をなんとか繋げようとした。しかし殆ど漁り尽くして、残るは私のだけになってしまった。
 私の部屋なんて何もないだろう、そんな気持ちで漁っていたら、本当に何もなかった。その再確認が、なんだか本当に悲しくなる。髪を滴る汗と共に、枯れた涙も落ちそうだ。
 最後の再確認に、何も入っていないであろう財布を開いた。色褪せたプリクラや、昔通っていた美容院のポイントカードに混じって、見慣れないカードを見つけた。
 ああ、思い出した。これは去年の秋に拾ったモノだ。『夢恋メンタルクリニック』と書かれた、診察券。持ち主の名前は、掠れて消えている。
 私に残った、微かな可能性。
 私は半ば縋る思い、半ばやけくそになって、診察券の裏に書かれた病院の住所を目指すことにした。病院は、兄の家から徒歩二十分の場所にあるようだ。
 兄の遺体を置いて私は家を出た。見つかったら駄目だとか、もう、そういうのは諦めていた。炎天下は私を殺そうとする、そんなことしなくても私はもう充分苦しい。
 私は何で病院を目指しているのだろう。家を出て十分、疑問は早速具体的となった。診察してもらう? 確かに私は病気かもしれない。こんなずっと働かないで私は病気かもしれない。けど診察してもらう程のことだろうか。なら家で兄が死んでいると、駆け込んで助けを求めるべきだろうか。いやもう遅いか。二ヶ月遅い。
 角を曲がり見上げると、緩やかで長く続く木陰の上り坂が現れた。ここを真っ直ぐ行けば、病院だ。
 坂を上りながら、考える。なんで兄はあのタイミングで倒れたのか、私が甘えすぎたのがいけなかったのか。なんで友達は私を見捨てたのか、それがとても寂しい。貯金が底を尽きたのも、別に無駄遣いをしたわけじゃない。バイトを辞めたのは、私は悪くない。
 そうだ、私は、私は悪くないんだ。
 なのに、なんでこんなに、苦しいんだ。
 手入れのされていない病院は、半年ほど前に閉館したようだった。そのことが廃病院の入り口に張り出されていた。
 私は途方に暮れたように、病院の前に座り込んだ。
 夏の日差しは私の平穏があった頃と同じように、降り注いでいる。
 ここに来ても何も変わらなかった。むしろ自覚はより深まって、異臭を放つ。
 この夏にあるのは、死体と、私の憂鬱だけだ。

 

 

 

nina_three_word.

〈 診察券 〉
〈 憂鬱 〉

 

招かれざる異人

「あら、キャベツ切らしちゃった」
 日曜日、少しだけ陽が落ちた午後三時過ぎ。おやつに出されたホットケーキを口に運ぶ少年の前で、母親が呟いた。
「ぼく、買ってこようか?」
 少年はお小遣い欲しさに、自分から申し出た。
「あら本当。じゃあ頼んじゃおうかしら」
「うん、任せてよ」
 少年は最後の一口を食べ、お気に入りのショルダーバックを肩に掛けた。
「どこで買ってきたら良い?」
「少し遠いけど、隣町のあの、黄色いスーパーまで。お願い出来る?」
 母親がしゃがみ込んで、ガマ口財布を少年に渡しながら言った。
「大丈夫!」
 膨らんだガマ口財布をバックに入れ、少年は笑った。
 母親に見送られ、少年が家を出て行く。少年が玄関を開けると、色が少し落ちた青空が広がっていた。
 少年の家から隣町まで、小さな林を迂回する大通りを沿って歩く必要があった。
「どうせ行くなら、林の中を冒険していこうっと」
 道の端を歩きながら、少年は林を目指す。
 誰かの敷地であろう林は、手付かずで整備もされていない。少年は倒れた大木を乗り越えて、奥へと進んでいく。
 ふと、少年は林の奥に、木が生えていない広けた空間を見つけた。真ん中には主役のように、レンガで作られたアーチ状の橋のようなものが建っている。
 少年は警戒もせず建造物に近付き、登ろうとするが、急な角度で登ることが出来ない。その代わり、下の空間は大きく広がっていた。
「今度、ここを秘密基地にしよう!」
 少年は良いものを見つけたと上機嫌に建造物の下をくぐり、隣町へと向かった。
 林を突き抜け、大通りに少年が出る。車が数台通り、見計らって少年が渡った。
 後ろを通った車に、少年が振り返る。
「……あれ」
 少年は、通った車に違和感を持った。
「あっ……プラスチックだ」
 その車は、プラスチックで出来ていた。よく見れば、大通りを走る車は全て、プラスチック特有の光沢を見せている。
「変なの」
 そう呟いた少年の後ろを、猫にリードを繋げた女が歩いて行く。
 少年は女たちが角を曲がる瞬間まで見届る。「わん」と、角の向こうで動物が鳴くのを少年は聞いた。
「変なの……」
 町に並ぶ家は全て、地下に玄関があった。
 町を歩く子供達は、全員サンダルを履いていた。
 町の空の色は、ペンキを零してしまったようなべた塗りの青だった。
 何処か、少年の町と間違いがあった。
 少年は好奇心から間違い探しをした。間違いを見つけるたびに、少年は不安になっていく。
 町の奥。少年は目指していたスーパーに辿り着く。
 しかし、その色は黄色ではなく、赤色のスーパー。
「こんなところでなにしてるのさ」
 男の子が少年に声をかけた。
「あ、ケンちゃん!」
 少し息の上がった少年が、顔喜ばせて近付く。男の子は少年の友達、ケンだった。
「ねえ、ここのスーパーって、黄色だったよね?」
「ううん、元から赤色だったよ」
 ケンちゃんが何気ない顔で言う。
「なんで、やっぱりおかしい」
「そんなことより、君はここにいていいのかい」
「どういうこと?」
 少年が、息を上げて聞く。
「ここは、君が、君の身体が知っている空気とは、違うからね」
 ケンは膝を突く少年を前に、続ける。
「いろいろな間違いがあるのは、そもそも世界が違うんだ。君は、僕の知る君じゃない」
 遠くからケンを呼ぶ声がした。
 少年の意識が遠のき、地面に倒れる。ケンの靴と、見慣れた靴を視界に入れ、最後にケンの声を少年は聞いた。
「君はこの世界に、不釣り合いだから」
 


nina_three_word.

〈 がま口財布 〉
〈 間違い探し 〉
〈 不釣り合い 〉

背後ナニカ

「せめて……せめて、許されるなら、」
 女は、暗闇に閉ざされた洗面台に向かって、懇願するように呟いた。
///
 仕事中のことだった。パソコンのモニターを凝視する女は背後に、大きく威圧感のある、ナニカの気配を感じ取った。しかし、後ろを振り返るが、そこには誰もいない。女は気のせいだったと思い、そのときは仕事に戻った。
 その日を境に、背中の気配が気のせいではなかったことを、女は知ることになる。
 女がモニターに集中しているときに限り、その大きなナニカは後ろに現れた。普段はジッと動かず、時折痙攣のような動きを背後でするナニカ。
 出来る限り女は、そのことを考えないようにした。気の疲れ。女がそう思えるのには、心当たりがあった。
 多忙だったから。新しい仕事を覚えたから。
 あの人が死んだから。と。
 しかし、それも長くは続かなかった。まるで、自身の存在を訴えるようにナニカは声を発し始めた。
「      」
 ぼそびそとした声に、女は振り返りも、声を上げることもしなかった。反応しては、いけないと感じたからだ。
「       」
「     」
 聞き取れない言葉。女はそれに反応を示さなかった、反女は、その存在に心当たりがあった。
 半年前に交通事故で死んだ、女の恋人。デートの帰り、恋人が女を家に送ってる途中のことだった。女が振り返ったときには、恋人の死体は潰され、大きく広がっていた。女は悲鳴を上げた。しかしそれは、悲哀からの叫びではなく、グロテスクへの非対応故。
 女はさほど、恋人を愛していなかった。死んでしまった時も、特別な感情で悲しむことはできなかった。
「   」
 背後のナニカが、また、ぼそぼそと呟く。
 女は、恋人の霊に取り憑かれたのだと考えた。特別悲しまず、愛さなかった私を恨んでいる、と。
 女はひたすら心の中で謝り続け、仕事中は一切反応を示すことをしなかった。
 仕事を終え女は帰宅する。背後のナニカから解放された女は、やっとの思いでソファに沈み込んだ。しかしその瞬間。
「      」
 女は飛び上がった。ナニカは、家の中にまで入ってきていたのだ。
「   」
「  テ」
 ナニカの声に、女は耳を塞ぐ。しかし、それも意味も無く、声は女の中へと入っていく。
「 メ    」
 声は、少しずつはっきりとしてきた。女は恋人が怒っていると思い、謝罪を口に出し、繰り返した。
「ごめんなさいごめんなさい……」
「         ラ。         ラ」
「ごめんなさい……」
「         ラ」
 脅迫的な呟きに、耐えきれなくなった女は、立ち上がり、鏡のある洗面所へと逃げ込んだ。女は恋人に、向き合おうとした。
 洗面所に入り電気を点ける。時差で点く電気の、その暗闇の一瞬、女は口にした。
「せめて……せめて、許されるなら、」
 私の背後から離れて、消えて。
 心からの言葉に、女が気づき我に帰ったとき、電気が点く。
 そこに、鏡に映っていたのは、潰れ、広がった、女自身。
「セメテ、許サレルナラ」
「私ノ背後カラ離レテ消エテ」
「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」
 女自身の、罪悪感。

 


nina_three_word.

「せめて、許されるなら」

かれおちる

 花弁が落ちるような動きで、ひらり、ひらりと、僕は落ちていった。


 それは花がひっそりと脇役になる、夏のこと。暑さが少しずつ体力を奪っていく、夏のこと。
 中学校は長期休暇に入り、僕みたいな帰宅部は日差しから逃げるように、家に篭っていた。クーラーの付いた自室は天国だったし、冷えた炭酸飲料はより一層、僕をこの家に束縛する。
 しかし、やることがないとないとで、普段考えないようなことを考える。計画性のない理想の旅行。現実味のない将来設計。有りもしない幻想物語。
 何より、あの子のことは、やけに具体的に考えていた。
 今、なにをしているんだろう。
 こうして想うようになったのは、たぶん、あの言葉を聞いたから。
「ねえ、私が無料だったら、買ってくれる?」
 何気ないあの子の言葉は、たまたまスーパーで出会って、外で一緒に駄菓子を食べるときに聞いた。僕は確か、深く考えもせずに「そのうち、買うかも」だなんて、本当にただただ思ったことを、口に出していた。
 それを聞いたあの子は、とても嬉しそうに、はにかんだ。
 それから少しずつ、僕らは距離を詰めていった。僕は純粋に友達として仲良くなりたいだけだった。でも、いつの間にか僕とあの子の距離は友達では済まなくなっていたんだ。
 あの子は、赤色が綺麗な涼しい夏の夕焼けの中に、僕を連れ出すようになった。犬を散歩するように僕を連れ歩き、懐いた猫のようにあの子が身体を近付ける。
 そしてあの子は、自身の好意を受け取って欲しいと、度々口にするようになった。僕に貰われたいと願うあの子は笑っているけど、その目の奥は本気で、狂気じみている。自身の存在価値に、酷く貪欲に飢えている。
 僕はと言うと、そんなあの子に戸惑いながらも惹かれて、首を横に振って迷っている内に、あの子の底に落ちていた。あの子が気になって、仕方がなかった。
 しかし、これを恋と呼ぶのには、何か違う。
 あの子は、僕が落ちていることを知らないままで。
 僕は、あの子の好意なんて、存在なんて、一切いらないんだ。
 ただ、そうして僕が落ちていることにも気付かないまま、永遠に貰われるのを期待して待っていて欲しい。どうかその期待する笑顔を、無くさないで欲しい。
 もちろん、この夢のような時間は、夏のように短いだろう。
 それでも、僕の願いはそれだけで、それ以上じゃなかった。


 ひらりひらりと、いらないあの子の貪欲の魅力に落ちていく。
 そのうち、存在を貰い切るそのときまで、僕はずっと枯れ落ちていく。
 

 

 


nina_three_word.

〈 いらない 〉

〈 ひらり 〉

〈 そのうち 〉

 

秘密の甘味、不安と愉悦

「ここは、僕たちだけの秘密だよ」
 貴方はそう言って、私に飴玉を渡した。
 子供ながらに〈秘密〉という言葉がとても魅力的で、私は嬉しくなった。
 雑木林の奥に見つけた誰も知らない秘密の丘。それが貴方と私の、一番最初の共有。

 小学校三年生になって同じクラスになった私たちは、秘密の丘で遊ぶうちに、たくさんの思い出と秘密を共有していった。それが貴方と私のコミニケーションで、それが当たり前だった。
「三組の先生、カツラらしいよ。これ内緒ね」
 そう言って貴方が私に渡したのは、鈴カステラ。
「見えちゃったから、カンニングしちゃった」
 べっこう飴。
「僕のお母さんね、毎晩、いろんなお父さんを連れて帰ってくるんだ」
 こんぺいとう。
 貴方は必ず、口止め料を私に払っていた。
 中学に上がって、貴方と私は離れ離れになってしまった。けど、それでも月に一回は、会っていたよね。いつの間にか私より背が高くなって、言葉は前からじゃなくて、上からになっていた。
 背が変わっても、貴方は私に秘密を、懺悔するように話してくれた。
 誰にも話さないでね。って、甘い口止め料を、私に払ってくれた。
 私は黙って話を聞いて、頷いて、大丈夫だよ誰にも言わないよ。という言葉を吐く。誰よりも素直で心配性な貴方は、私のその一言に、酷く安心してくれる。
 それが何よりも野良猫よりも、可愛らしかった。
 高校生になって、私たちは再び同じ校舎で、学べるようになった。
 貴方は変わらず私にだけ、秘密を話してくれる。
 だけど貴方は、悪い友達が出来てから少し、秘密が乱暴になった。そんなことしてどうするの。って心配になったけど、歯止めが効かず何でもかんでも話してくれる貴方がやっぱり可愛くて、私は止めなかった。
 止めれなかった。むしろ、秘密はどんどん作るべきだと思っていたの。それが例え、悪いことでも。ああ、悪い友達は、私もだね。
 それこそ貴方の秘密は、懺悔そのもになっていた。
 相も変わらず甘い口止め料と一緒に、懺悔して。私は舌で甘味を転がして、貴方の頭を優しく撫でた。大丈夫、大丈夫だよ。って。
 堕ちていく貴方への不安と、私だけという、愉悦感。
 歯止めがもう効かなくなっていたのは、私も一緒。

 だから、貴方が私を部屋に呼んでくれたときも、変わらず嬉しかった。
 転がる女の死体と、膝を抱え泣きじゃくる貴方。
「なあ、誰にも言わずに、俺を助けてくれよ」
 消え入るような声で貴方が言った。
 もちろん。誰にも言わないし、助けてあげる。
 だから、飛びっきりの甘い砂糖菓子を、私に頂戴。

 


nina_three_word.

〈 口止め料 〉

〈 砂糖菓子 〉