kurayami.

暗黒という闇の淵から

唯一きみ

 まず、先生を殺します。何故なら私たち高校生を束ねているモノの一つだからですよ。大人なので時間がかかると思います、貴方は気長に待っててください。おはようございます。ええ、休校ですね。想像通りですよ、殺せました。一人目なので雑に、それでいて派手に。背中にナイフを何本も刺して、いかにも事件性を高めたんです。そうすれば、こうして休校になって、高校生たちがバラバラになるじゃないですか。どうでしょう、実感、ありますか? でもまだまだこれからです。次は私たちの先輩後輩を殺しましょう。上と下を失くすんです。三十人ぐらいになるんでしょうか。これもまた時間がかかると思うので、この小説でも読んで待っていてくださいね。こんにちは。あれからそれなりに経ちましたが、読み終えましたか? 短編集って何処から読んでも面白いんですけど、私は最初から読む派です。それで、ニュース通りです、全員殺しました。毒殺です。一人だけ、殺す前の後輩に顔を見られましたよ。「先輩おはようございます」って可愛い顔で挨拶されました。だから何ってわけじゃないんですが。さて、この連続殺人事件の犯人像も狭まってきたことでしょう。時間がありません。次は私たちの同級生や友人たちになります。大掛かりになりそうですが、まあ目的までもう少しですよ。私のことでも考えて、良い子で待っていてください。こんばんは。もう夜は冬ですね。寒いです。今日こうして街外れまで呼び出したのは、ええ、警察にマークされました。同級生も友人も、ついでに言えば貴方の旧友たちも殺せたんですけど、思った以上に警察の動きは速かったですね。余裕がなかったので先生と同じく刺殺で終わらせました。加えて、警察の件もあって予定より少し速かったのですが、貴方を呼び出した後に家族の方々を殺させてもらいました。出口を塞いで、家を燃やしたんです。あ、妹さんを特別可愛がっていたみたいなので、先に締めて楽にしてから燃やしました。安心してください。もちろん私の家族も同じように。こっちに関しては、やっと、って気持ちです。そんなわけで時間はかかりましたが目的が達成されましたね。実感、してますか。ふふ、どうですか。
 今、世界には私と貴方だけですよ。
 貴方が知ってる人はもう、この世界には殆どいません。貴方が知っている人は目の前の私だけです。ねえ、愛しい? 私は愛しいですよ、愛してます。ああ、今貴方を独り占めしてます。嬉しいです。いや、こんなところで立ち話もなんですし、そろそろ行きましょう。捕まるまでずっと二人だけで逃げましょうね。捕まるなら最後、貴方を殺して、私を殺すだけです。

 

 

 

 

 

 


nina_three_word.

〈 ひたすら 〉殺す。

 

エンキョリセンチメンタル

 僕は波の音に誘われるように、橙色に反射する地元の海を目の前にしていた。ああ、もうすっかり肌寒い。浜辺に咲いていた白い花はいつの間にか枯れているし、来週には台風が現れてあっという間に冬になる。秋はどこに行ったんだ。
 ジャージのポケットに手を突っ込んで海へと近付く。荒れた波が低い音を立てて僕の足元まで押し寄せた。濡れた砂を見つめてぼーっと考えて、別に波の音に誘われてきたわけではないなと自覚する。
 あの子は今、なにをしているのだろう。
 好きなあの子が何処か遠くへ行って、もう四ヶ月だ。あまり意識しなかったけど、居なくなってみるとすごく寂しいもので、すごくすごく好きだったんだなあと気付く。
 真っ黒な髪なのに白っぽい女の子。それこそ夏に咲いていた白い花みたいな子。
 奇跡的に好きな子とは、中高合わせて四年間同じクラスだった。しかし奇跡ってのは長続きすると平凡だと勘違いしてしまって、それこそ自分の恋が優位な立場にあることも気付けない。もったいない。もったいなかった。だからと言って告白する勇気が僕にあったかと言えば、怪しいものだけど。
 乾いた砂浜に腰を下ろした。視線も下がって〈広かった海〉が〈遠い海〉へと変わる。遠い。この果ての先はアメリカだっけ。あの子が何処へ行くのだとか聞き忘れてしまったけど、一年前に「北海道に行ってみたい」と僕に話してくれたのは覚えている。四年間も同じクラスだったのに、話した回数が極端に少ないというのは情けないものだ。チキンめ。
 そういえば中学三年生のとき。席替えで近くの席になった、あの短い時期はかなり喋れたっけ。宿題をよく忘れる子だったから、友人たちが僕に見せてと申し出る中あの子を依怙贔屓して、優先して宿題を見せていたんだ。
 そりゃそうさ、世界で誰よりも僕の特別だったんだから。
 ……なんて考えてたら、切なくなってきた。海には不思議な魔力がある。記憶とか思考とか、感傷的に引き出して整理してくれる。
「浜田ユウリ、さん」
 だから、思わず上ずった声で好きな子の名前を呟いたりして、センチメンタルも限界だなと呆れて腰を上げた。もう辺りはすっかり暗い。夜の海は全く別の顔で地獄みだいだ。
 あの子は今、何処にいるのだろう。
 ちゃんと、辿り着くべき場所に行けたのかな。
 暗い海は無限に広くて果てしない。夏になれば海から死者が帰ってくるというけれど、こんなに広いなら迷子になってしまわないか。せっかく辿り着いたのにそんな帰らなくてもとは思う。
 でもいつかは僕も、果てしない中を彷徨って、あの子と同じ場所へと行く。
 そのときは告白じゃなくても、四年間分ぐらいの会話はたくさんして、でもやっぱり告白は駄目元はしてみるんだ。
 まあ、だいぶ遠く先の話だけど。

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 うわずり 〉
ハマユウ
〈 依怙贔屓 〉

少年快美カヰコ

「今、助けてあげるからね」
 私の声を聞いた目の前の少年は、細く涙を流している。まだ思春期を迎えたばかりの年齢。小さな頭から生えているブロンドの髪は輝いていて、年頃の少女のような内巻きのボブヘア。対して瞳の色は漆黒で涙を流してキラキラしていて星空みたい。血管が青く浮かぶ白い肌は傷つけられることを望んでいるかのようで、透き通っていて綺麗。腕も指も細くて、短くて、簡単に折れてしまいそうだ。
 着ている日本製の女生徒用セーラー服が、よく似合っているよ。
 男らしさが微かに滲み出る、健康的な白い太ももに私は思わず高揚した。
 しかしそれも、少年の〈篭った声〉に我に帰る。その小さくて柔い唇を見れば、真綿が次々と溢れ出ていた。いけない。早く〈原因〉を取り出して助け出してあげないと。君が窒息死してしまう。
 飾る死体として愛でるには、まだ早過ぎるから。私は焦りと共に片手に握ったナイフを持ち直す。少年は可愛く可哀想なことに、まだ恐怖に怯えて涙を流していた。多少の罪悪感。けれど、目の前のいたいけな少年を解体したい欲望が、私の退廃的な感情を一時的に凌駕した。
 詰まる真綿に苦しそうにしている少年を万歳させて、セーラー服を脱がしにかかる。露わになった華奢な身体。肋骨が浮かんだ平らな胸部には、赤の刺繍が入った黒いブラが着用されている。苦しさと恥じらいを表情に混在させて見せた少年を見て、私は思わず私情でナイフを深く胸に刺し込んだ。
 痛々しい〈篭った声〉の叫びと共にブラが二つに裂けて、とろとろの深紅の血が少年の真綿だらけのスカートへと流れ出る。その瞬間だけでも美しくてずっと見ていたかったけれど、私はどうしても止められなくて、刺したナイフを臍まで下げた。切れ味の良いナイフでケーキを切り分けているみたい。ナイフでお腹を広げてみたら、紅と黄の内側に太めの腸が渦巻いている。血は溢れ続けている。ここだろうかって切り取って覗いてみたら、ここではないみたい。じゃあこっちの綺麗な肝臓かなって取り出してみたけど、中にはいなさそう。
 ううん、本当はわかってる。口から入れてしまったのなら、そこにいるって。でもこうして君の内臓を取って、心臓に触れることが出来るのは、大切な全てを剥奪をしているようで素敵で贅沢で、癖になる。
 少年の〈篭った声〉による叫びが、弱くなっていることに気付いた。そろそろ助けて抱きしめようと思って、私はナイフを胃へと軽く刺し込む。
 いろいろなモノが溢れ出る中に、真綿の〈原因〉である妖蚕を見つけた。私の手のひらに出ても、 繭を作り続けていソレを、軽く握り潰して殺す。
「もう大丈夫だよ。よく頑張ったね」
 そう言って私は少年を抱きしめる。私たち二人は美しい血に塗れていた。私に頭を撫でられ、とびっきりの愛を囁かれている少年は、言葉が出ないまま。
 ああ、そうか。喉に詰まった真綿を、取り出してあげないと。

 

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.
〈 真綿 〉
〈 口篭る 〉
〈 剥奪 〉

終日公園

 木々が陽を遮る出口の無い暗い公園を男は歩いていた。朝から、深夜からずっと。冷気と湿気が混在する温度は、男の顎を濡らし、歩く気力を奪って鬱を与える。そんな足が自然と探すのは心地の良い〈ひだまり〉だった。
 暖かさに求めるのは、人並みの幸福。
 成功。繫り。微睡。安静。勝利。日常。
 乾いた砂利を踏み付けて男は進んでいく。本来ここにいるべきではないと、確証の無い焦りを胸の内に潜めて。暗く閉ざされた公園の中は風も無く、姿の見えない黒い鴉が高い声で鳴いている。
 男は進む道沿いに、ベンチに重く腰をかけている人間を見た。それは一人だけではなく幾人も。誰も長い間ベンチに座っているらしく、遠くを見つめたり、俯いたりする顔には蝿が止まっている。男には座る人々が、何処か自身に似ているように見えた。それはボロボロになったスニーカーか。半開きの淀んだ目か。欠けた爪先か。男はベンチに座る人々に長く目を向けられない。
 腐葉土が敷き詰められた広場に男は出た。そこは他の場所よりも湿気があって、柔らかい地面に体力は削られる。腐葉土の隙間からは、陽に当てられることのなかった成功者の遺体が顔を出し、ハサミムシに食い漁られていた。人並みの幸福を望む男は遺体とハサミムシを踏み付けて進んでいく。 幸福は必ずそこにあると信じて。
 歩くことに疲れた男が辺りを見渡した。公園は相変わらず出口の無い暗闇と霧に包まれていて〈ひだまり〉は見当たらない。立ち止まってはいけない、座ってはいけない、進まなければならない。一度きりであろう人生を諦めることのできない、男の疲れ腐った意思は消えることなく、ふらふらと歩みを進めていく。挫折者と遺体を何度見ても、未だ見ない〈ひだまり〉を求め続けて。
 錆びれた遊具。音を立てて一人でに揺れるブランコには誰も乗っていなかった。男にとっては遊具は誰が遊ぶモノだったのか、その形に何の意味があるのか見出せず、壊れた記憶からは懐かしいという感情も湧き出ない。
 そんな遊具の向こう側に、目に優しい明かりを男は見た。思わず駆け出して縋るように明かりを目指す。今度こそ人並みの幸福を。息を切らして男は腐葉土を蹴っ飛ばし、ベンチを無視して勢い良く走った。
 男の視界に入ったのは、青々とした草原に、太陽の匂い。そして、
 中央に立派に生える大木に、祈るように首を吊っている人々の遺体。
 求めた理想の幸福が存在しない、犠牲有っての〈ひだまり〉。
 見慣れた景色に肩を落とした男は、求め続ける終日の中へと戻っていく。夕を迎え深夜を歩き、再び明ける朝の気配に新鮮さを忘れている。
 終焉まで彷徨い続ける日の中で。

 

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 ひだまり 〉
〈 ひねもす 〉

延滞に身を任せて

 夜になった十月の公園は、制服のスカートにはとても厳しくて、家に帰ったときに着替えれば良かったと酷く後悔した。でも寒いのがわかっていたからと言って、きっと私は帰ったときに冷静に着替えたりすることは出来なかったと思う。
 告白はいつだって、余裕がないのだから。
 ベンチに座って備え付けられた背の高い時計を見る。時刻は午後五時四十五分、約束の時間まであと十五分だ。いつ来るんだろう。そもそも来てくれるのかな。ほんの少しだけ、心配になる。
 うつむいた私の視界に、肌寒そうな二本の足が目に入った。
「来たよ」
 懐かしい声に顔を上げれば、待ち望んだ顔。早すぎるマフラーを首に巻いて、私の質素なブレザーとは違う可愛いセーラー服を身に纏っている。
「はやい、ね」
「たまたまだよ」
 私の上ずった声に、彼女はぶっきらぼうな声で返した。ああ何年ぶりだろう。でも随分と久しぶりなはずなのに、そんな気はしない。あの頃の声や顔。憧れ。そんな彼女の存在は、私の中にずっといた。ずっとずっと、勝手に。
「そっか、そうだよね。中学の卒業以来だよね」
 だから今日、伝えなきゃ。
「だね、久しぶり。……突然呼び出してどうしたの。話ってなに」
 そう言って彼女は、自然な動作で横へと座った。甘い薔薇のような香りが漂って、言うべき言葉が喉に詰まってしまう。時間が止まったみたいに間が空いてしまう。でも、
「えっと、あのね」
 ずっと勝手に憧れていたから、
「うん」
 言わないと。

「私、貴女のこと、長いこと借りてた」

 嘘を、終わらせよう。
「へえ」
 興味があるのか無いのか、わからない声。そういう反応を示すってわかっていたから、私は告白という名の懺悔を続ける。
「……憧れていた貴女になりたくて、高校に上がってからずっと、貴女という存在を真似ていた。貴女になりきっていた」
「うん」
 告げるたびに嘘の私が、徐々に溶けていくのがわかる。
 強い彼女の姿を借りて、楽に生きようとしていだなんて、本当に烏滸がましかったと思う。
「でも、だんだん、私がなんなのかわからなくなって、貴女の姿に依存して、私、迷子になってて……だから」
「だから?」
 勝手なことを言ってるのはわかってる。けれど、こうして告白でもしないと、私はきっと帰れない。だから。
「今日、私は告げることで、貴女を返します」
 とっても馬鹿みたいな私の告白を、彼女は適当に頷きながら最後まで聞いてくれた。これで私は、私に戻れるのかな。でも告げたことで迷子だった心はだいぶ晴れた気がする。
 あとは彼女の……
「そっか、じゃあ」
 白い息を吐いた彼女が、冷たい手を私の手に重ねる。
 その手首には、また真新しい赤い傷が、生々しく覗いていた。
「ずっと長く借りてた分、延滞料金、払わないとね」
 ああ、やっぱり。彼女はあの頃の彼女のままなんだ。変わらず、強いままだ。
 ハイエナのように他人に依存して、表向きは強く見せる彼女。そんな表向きだけを私は知っていて借りていた。
 返すとなれば、引きずり込まれるのは目に見えていて、私は。
 覚悟と恍惚込めて。好奇心に堕落を望み。
 彼女の手を強く、握り返した。

 

 

 

 

 


nina_three_word.
〈 レンタル 〉

夏の夢と冬の匂い

 風呂を上がると冷たい冬の匂いがした。見れば僕の狭い四畳半の部屋に、薄い毛布にくるまって猫のように寝ている貴女がいて、窓が開いている。どうやら冬を招き入れたまま彼女は寝てしまったらしい。
「風邪、ひくよ」
 声をかけても、すぅすぅと気持ち良さそうに寝息を立てている。起こすのは少し気の毒かなと思った僕は、クッションを差し込んでもう一枚毛布をかけてあげた。きっとこれだけのことをしても、畳の上での寝起きは最悪だろうから、夕飯は何処で食べるかだけでも決めてあげよう。
 昨日はファミレスだったし、今日は間を取ってラーメンが良いかもしれない。
 ほら、僕らよく、大学の帰り道にラーメン屋行ってたじゃないか。
 あの夏の終わりとか、覚えているかな。
 開いた窓を閉めようとすると、冷んやりとした空気が腕を触る。寒いけれど、まだ嫌になるほどじゃない。心地良い。ああ、これなら思わず寝てしまうのもわかるな。窓に触れたときに、貴女も同じように冬を感じ取ったのだろうか。ねえ、なにを想ったのさ。僕はなんだか、冬がとても久しぶりに思えるよ。今年は夏がとても長かったから。
 いつの間にか空が高くなっていて、曇り模様に浮かんだ夕陽の景色が広い。本当は今ぐらいに出掛けて、川沿いをお喋りしながら散歩するのが良い。けれど当の貴女は居眠り中だ。
 だから、また今度。ううん、今度こそ。
 そういえば、駅前のラーメン屋がずっと気になっている。三年前の夏の終わりに、僕らみんなで手持ち花火をした帰り道に迷って入らなかった、あのラーメン屋。今日はそこに行ってみようか。貴女は受け入れてくれるかな。
 そんなことを考えていると、貴女が寝返りをして、ゆっくりと起き上がった。
「おはよう」
 寝ぼけている彼女が、ぼーっと壁を見ている。起きて。ラーメン屋に行くよ。声をかけると貴女は眠そうにこくりと頷いて、立ち上がった
「眠いのにごめんね。でも、もう、あの夏の過ちを繰り返したくないから」
 僕が先に玄関で靴を履いて、振り返ると、貴女はもういない。
 また、駄目だった。
 川沿いを歩く頃には夕陽はすっかり地平線の向こうに落ちて、黒い空を紅く焼いている。ああ、すっかり冬だ。もうとっくのとうに秋なんて終わっていて、夏なんかはずっと昔で、彼女と一緒に歩く機を逃した〈あの日〉は遥か昔になっていて。
 暗闇に落ちていく道。
 切れかかった街灯の下で、線香花火みたいな影をした草が、思い出し笑いみたいに揺れていた。
 

 

 

 


nina_three_word.

〈 水花火 〉
〈 畳水練 〉

 

コントラスト

 いつの間にか夏が終わって雨が降り続き、もう冬なんじゃないかって思うような日のこと。
 俺はずっと狙っていた女の子を、家にあげることに成功した。ああ、待ち望んでいた。初夏に初めて会った日からずっと。優しい狼のフリをするのも楽じゃないなって思ったよ。
 身長百六十弱の白い肌を飾るのは、エメラルドグリーンのゆるいニット。八十デニールの黒タイツに合わせた灰色ホットパンツ。揺れるシルバーのピアスとネックレス。ふわふわして柔らかそうな茶髪。
 なにより、浮き出た背中の骨が、俺の欲情を唆る。
 夏の日の薄着の下のシルエットも、この寒空の下のニットから覗く白い肌も、目の前で露わになる時は近いだろう。
 四つん這いになって、無防備に本棚を選ぶ彼女から目を背けることはできなかった。
「ねえ、この小説読んだ? どうだった?」
 少し低く、甘めの口調で彼女が僕に聞く。
「ああ、それはね。やけに人が殺されてばっかの短編集だったよ。君には向いてないんじゃないかな?」
 思わずニヤけてしまいそうな口を隠して、あくまでも下心が見えないように俺は慎重に答えた。
「ふーん。借りて帰っても良い?」
「もちろん。他にも何かあったら全然いいよ」
 彼女は小さく「やった」と呟き、ちょこんと本棚の前に正座する。上を見上げた際に肩にかかっていたニットが少しずり落ちて、脊椎と肩甲骨が確かな突起と影を主張した。白い肌に出来た影が、光のコントラストを醸し出す。なぞりたい、触りたい。〈その時〉が来るまで、俺は我慢できるのか。
「ねえ」
 俺の邪な思考など知らずに、彼女が振り向いて無邪気に訪ねる声を出した。
「んー? どうしたのかな」
「殺される話、残酷な話が多いね。好きなの?」
 本棚に並んだタイトルを思い出して、しまったと内心焦る。せっかく好青年な雰囲気を出していたのに、これじゃあ台無しだ。
「いや、まあ、刺激的な話は好き、かも」
 無理がある返事だっただろうか。しかしそんな心配を掻き消すように、彼女は本を一冊手に持ちニコっと笑う。
「本当、私も好きなんだよね。こういうの」
 そう言って四つん這いのまま、彼女は俺の元へと近づいてきた。妖しく、誘うように。こちらに進むに連れて横に揺れる背中がとても色っぽい。
 ああ、向こうから来てくれるだなんて。
「ねえ」
 改めて訪ねる声を甘い口調で出す彼女は、上に覆いかぶさっていた。
 これじゃあ、背中が見えないじゃないか。
 そう思って手を後ろに回そうとしたとき、胸が急激に熱くなるのを感じた。
 見れば、彼女が何処からか出したナイフで俺を刺している。え、おかしいな。なんで。刺して、
「痛い? 我慢してね」
 冷たい外気と肌、熱を帯びた血液。そんな温度の違いを知った一瞬の間の後に、彼女は俺の胸にナイフを何度も突き刺す。刺して抜いて、刺す。激痛に叫ぶ脳裏で、なんで俺は刺されているんだと疑問に溢れた。
 ああ、耳が切り取られている。
 瞳孔が開いて視界に光が溢れて、思考が暗闇に落ちてコントラストを作る。そんな最期に、下心なんて抱いてもロクなことがないなと、おかしくなったんだ。

 下心があったのは、お互い様だったか。

 

 

 

 

 

nina_three_word.

〈 下心 〉
〈 背中 〉
〈 瞳孔 〉