読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

誘うお化け

「お母さん、もう帰っちゃうの」
 複数のチューブに繋がれた少女が、寂しげに母親に向かってそう言った。
 夜九時前。病院は徐々に、明かりが失われていく。
「ごめんね、でも明日の朝になればまた会えるから。ね」
「んー……我慢出来たら、いい子? わるい子じゃない?」
 少女が母親の目を、上目遣いに見て言った。
「うんうん、とってもいい子よ」
「……おばけ来ない?」
「悪い子じゃなければ大丈夫よ。安心して」
 母親がそう言って、少女の頭を撫でた。
「うーおばけ怖いなあ」
 少女が怖がっているモノは、悪い子にしてると訪れると、母親が教えた存在だった。
 猫の目を持って、高い背、細長い腕、片足だけで立って、ゆらゆらと揺れている。
 もちろんそれは、母親が言った適当の存在だ。しかし少女にとって、それは十分に恐怖の象徴であり、日常的に〈いい子〉を保ち続けるための、抑止力だった。
「大丈夫、貴方は誰よりも良い子なんだから、大丈夫よ」
「んー……うん」
 時計の短針が、九時を指した。
「それじゃあ、おやすみ、また明日ね」
「おやすみ、お母さん」
 母親が去って、病室の明かりが失われた。はやく朝になあれ、と少女は願い目を瞑る。少しずつ、意識が身体と世界から、離れていく。

…………
 少女が、目を覚ました。しかし、そこにはベッドもチューブもなかった。
 最初に少女が気付いたのは、木と土の匂い。次に風。そこは夜の森だった。
「やあ、おはよう」
 少年のような声に振り向くと、そこには、猫の目をした、背の高いゆらゆらと揺れる……〈わるい子にしていると来るおばけ〉がいた。
「いやっ」
 少女が後退りをする。
「待って待って、悪いやつじゃないんだ。僕は悪いやつじゃない」
 おばけが、慌てながらも落ち着いた声で言った。
「おばけ……おばけ……」
「ああ、おばけだよ。でも、僕が何をするとかって、お母さんから聞いた?」
 少女が、少し考える。
「……なにをするの?」
「なにもしないさ、安心して。言ってしまえば、これから君を案内するんだ」
 おばけは、優しい声でそう言う。
「ほんとうに?」
「本当だよ。信じられないなら、後ろから着いて来るだけでもいいさ」
 そう言っておばけは、片足で飛んで森の中へと向かう。
 少女の後ろからは、得体の知れない動物の鳴き声が聞こえた。
「少なくとも、そこにいるよりは着いて来る方が安全だけどね」
 怖くなった少女は、仕方がなくおばけへと着いて行くことにした。
「ねえ、どこにいくの」
「こんな何もない森の中じゃない、とこ」
「病院に帰るの?」
「ううん、違うよ」
「ねえ、私がわるい子だから来たの?」
 少女の問いに、おばけは少し、黙った。
「悪い子……君は、悪い子じゃないよ」
「そうなの、ならどうして来たの」
「君は、悪いことしてないんだけどね、でも」
 ゆらゆらと揺れながら、おばけは進む。
「結果的に君は、人を悲しませてしまったんだ。とっても頑張ったんだけれどね」
「どういうこと?」
 少女の問いに、おばけは答えない。
「さあ、着いたよ」
 辿り着いたのは、少女の家に似た、建物。
…………

 朝日が登り切った頃。電子音が病室に響き、母親が泣き崩れていた。
 永遠に目覚めない悪い子を、目の前にして。

 

 

nina_three_word.

〈 おばけ 〉

死にゆく人

 大勢の人が暗くした部屋の中で、天井に映し出された擬似的な星空を寝転んで見ている。双子座にオリオン座に、子犬座。冬の夜空。口にはまるで、長い間お預けにされていた玩具を貰った子供のように、笑みを浮かべている。
 部屋の中央には、市販のプラネタリウムと一酸化酸素を吐く七輪。
 外では、暖かさと真新しさを乗せた、春を迎えようとしていた。


 銀杏のようにビルから落ち潰れた死体。樹海に迷い込みもう二度と帰らない死体。浜辺に流れ着く大量の死体、死体、死体。
 街は血と肉に汚され、欠落した人間関係は悲哀と混乱を招き、死体から漏れる腐敗したガスは、人々の鼻を突き顔を歪ませる。
 人々は、そんな死に行く者たちに皮肉を込めて、テロリストと呼んだ。
 何処までも迷惑な存在。
 とあるテロリストは、縄を器用に結び、自身の体重を乗せた。部屋に体液を撒き散らし、暮らしの匂いを残して。
 とあるテロリストは、こめかみに銃口を当て、想いを込めてトリガーを引いた。この世にただ一つの秘密を内包して、頭が弾け飛ぶ。
 とあるテロリストは、乳鉢で力強くすり潰した睡眠剤を、大量に飲み込んだ。心地の良い眠気と吐き気の外に、家族を取り残して。
 次々と消えていく人々。日々生まれていく死体。せっせと片付ける清掃業。
 大量のテロが起こるのは、その人にとって越えられない壁がそこにあるから。諦めと妥協、容認される絶望。死が起こす世界への影響がテロへと繋がっている。
 そしてまた、春がやってきた。
 春は世間を一新する。冬を終わらせ、期待と希望のチャンスを平等に与える。しかし、それと同時に、滅亡と絶望のハズレくじの可能性がそこにあった。
 ハズレくじを引き、越えられない壁に当たってしまった人々を、春はテロリストに変えていく。
 春は、人を殺す。

 しかし、テロリストが嫌悪される一方で、それを喜ぶ人たちもいた。
 減っていく人口。消えることで喜ばれる人。儲かる棺桶屋、墓石屋、新聞記者。
 そして、数多の死を、心の何処かで楽しみ望んでいる人々。
 死は芸術だと、ある人が言った。それは例えば、銀杏のように潰れた自然体の形。中身が飛び出て、形は不規則に、生きていた頃であればあり得ない方向に曲がる。その人にとって、その死体は被写体になり得るのだ。
 観測される死に意味を含め、人々は死にゆく者たちを心の何処かで、神からの祝福だと思っていた。

 自殺を選ぶことで、祝福のテロリストと化した人たちを、世界は受け入れていく。
 

nina_three_word.

〈 テロリスト 〉

〈 祝福 〉 

滲んだアルバム

 冷たくて脈拍のない、思い出のインクが疎らに滲んだアルバムがそこにあった。
 インクの滲んだ場所を避けて目を通すと、どうやらこのアルバムの主役は〈男〉だということがわかった。滲みは、奥に進むにつれて酷くなっていく。最後のページは、様々な色のインクが混ざって、冷たく真っ黒に染まっていた。ここで〈男〉は、終わったらしい。
 最初のページを開くと、夕焼けの景色に、黄色い風船が一つ飛んでいる写真があった。最初の記憶だろうか、やけに鮮明だった。
 触れると何か、円盤の回る音と、声が、聞こえた。
「ねえ、ママ、取ってよ。取って」
 我儘で切ない〈少年〉の声。写真の中の風船は、あっという間に飛んでいく。
 次のページを捲ると、少し成長した〈少年〉の姿が写った。自室で友人たちと笑っている。これはきっと何処までも、純粋な笑顔だ。漫画を手に持っている。
「刻むぞ血液のビート!」
 漫画の台詞だろうか〈少年〉が友人に、おちゃらけて拳を振っている。
 脈拍のビートが最も盛んだった頃のようだ。様々な写真が細かく、ページに張り巡らされ、多くの声が聞こえる。
 しかし、ページをまた捲ると、色が少し落ち着いた。制服に身を包んだ〈少年〉が、期待を含んだ笑みを浮かべている。
「なあ、好きな人が出来たよ」
 その声は、前のページに比べ少し落ち着いてた。
 ページを捲ると〈少年〉が制服の時間を通して〈青年〉へとなっていた。それと共に、また、写真から明るい色が減っている。
「……だから……もう」
 突然、声に雑音が混ざる。〈青年〉の顔も、段々と表情が薄くなっていく。写真も徐々に滲んでいく。
 ページを捲るたび、滲んでいく。〈青年〉の顔に滲みが侵食していく。声が、声で無くなっていく。滲む写真から物語るに、悲惨な情景ばかりだった。
 数ページと時間を得て〈青年〉が〈男〉になった。
 もはや〈男〉に顔はなかった。滲んだ顔。偽善により、作られた情景の写真。流れる音は雑音だけ。
 まるで意味のない、滲んだ思い出。
 最後の数ページ。ただただ階段を登る情景が、色鮮やかに写されていた。一段、二段、三段……ずっとずっと登った階段の先。屋上からの景色は、綺麗な風船のない夕焼け。望まない写真は、鮮やかなインクで作られていた。
 最後のページは、まるで〈何か〉が落ちたようにインクが混ざり滲んでいる。
 なぜ〈男〉はこのアルバムを、残したのだろうか。
 大切なモノだったのか。
 それとも、滲んだこの一生を、誰かに知って欲しかったのだろうか。


nina_three_word.

〈 ビート 〉

〈 インク 〉

〈 アルバム 〉

 

セコンドプロローグ

 これからする僕の〈話〉は、決して嘘偽り、虚構の物語、ではない。これから先の未来に始まる瞬間の物語であり、とある過去の何時かに起こった記憶でもある。しかし、だからと言って覚えておく必要はないよ。今、この〈話〉を聞く貴方は、過去の貴女でも、未来の彼方でもないのだから。どうせ三秒先には死ぬ運命なんだ……ああ、どうせなど言ってしまってすまない、他人であり僕である貴方が、なんだか他人とは思えなくて。ああ、そう、貴方はまるで、最悪の彼女に…………いや、これもまた〈話〉を聞けばわかる。僕のことも、彼女のことも、三秒先に死んでしまう貴方のことも。ああ、全部知ってしまう貴方が可哀想だ。真実というものは、全ての真実に限り、残酷なものだからね。もちろん、聞いて良かったと思うかもしれないけど、これから先、新しく知ることはもう二度とないのだから。だからきっと、この話を貴方は聞き流すだろう。いや聞き流すんだっけ、貴方は。そうだった。知ってるよ僕は。貴方のことを知っている。信じてもらえないかな……ほら、昔からよく言うだろう。「赤目の少女は、小さな船で、数多の海を覗く」って。もちろん僕は、貴方がこのことわざを知らないことだって知っている。決してふざけてないよ。証明したのさ、僕が貴方のことを知っている、ということを。話す前に証明は必要だからね。他にも知っているよ。君と呼ぶと嫌な顔をすること。貴方の世界には昼があって夜がある、朝があって夕があること。これから話す「噺」も、僕たちの作り出した〈ワード〉も、貴方の世界には大きく干渉しないこともね。さて、信じてもらえたかな。聞き流してくれるのは良いけど、信じてもらえなければ虚しいからね。僕が唯一知らないのは、貴方がこの〈話〉を信じてくれるかどうかってことだけだ。だからいつだって、貴方と対峙するこの三秒間は、心の底から吐くように、不安になるよ。こんな気持ちになるのは、最悪の彼女と過ごした十一月の昼下がり以来かもしれない。ああ、すまない、また〈関係のない話〉をしてしまったね。まあ「妖怪は三度吐く」ってことさ。このことわざも知らない貴方。知っていたかもしれないけど、今は知らない。貴方はもうどこにも繋がっていない。モニターと平面紙面の向こう側のアナタにも繋がっていない。それが貴方だ。しかし、もう三秒経とうとしている。僕はこれからも語り続けるが、貴方が死ぬことで、この冒頭語りは永遠に終わらない。貴方は〈話〉を聞くことができない。さあ、そろそろ時間だね。三……二……一……


nina_three_word.

〈 終わりのない 冒頭 〉

 

ボーイミーツ

 ユウイにとって、カリュは使えるモノだった。

 貴族の男……ユウイは、この三十年間。使えるモノは全て使い、最後まで使った。そうやって今の地位まで成り上がったのが、ユウイだった。
 ユウイの日常には、常に優秀な執事の男……カリュがいた。礼儀正しく、自身の命令を素直に聞き従うカリュを、ユウイは酷く気に入っていた。
「紅茶を淹れてくれないか」
「かしこまりました」
 ユウイの命令の言葉以上の価値を上乗せして、カリュは働く。
 執事は、カリュ好みの濃いダージリンティを注いだ。
「カリュ、お前、欲しいモノはないのか。もう俺のとこについて十年だ。何か欲しいモノがあれば与えるぞ?」
「いいえ、私が求めるモノは貴方の幸せでございます。どうぞなんなりと、命令をください。ああ、言ってしまうのであれば、命令こそが、私の求めるモノです」
 そう言ってカリュは紅茶を注ぎ、角砂糖を二つ、ユウイのダージリンティに落とした。
 何でも従うカリュが、ユウイは酷く可愛くて仕方がなかった。これほどまでに使えるだなんて素晴らしいと、惚れ惚れとしていた。
 ユウイは生まれて初めて、人に感謝の念を込めて、褒美を与えたいと思っていた。カリュがユウイの元についているのは、身寄りがなく多額の借金を抱えていたからだ。それをユウイが払うという形で、カリュは執事となった。
 考えに、考え夜を重ね、ユウイは一つの決断をした。


「カリュ、お前は今日から自由だ」
 ある朝。紅茶を注ぐカリュに向かってユウイがそう言った。
「あの、ユウイ様、なんて仰いましたか」
「二度も言わせるな。今日からお前は自由になるがいい」
 黒目を小さくし、紅茶を溢したカリュに再びユウイが言った。
「すみません、何か気に触るようなこと、しましたか」
 恐る恐る、カリュが聞く。
「いいや、違う。これが俺なりの褒美だ。ああ、本心としてはお前を手離したくないさ。だが、俺から離れることが一番、お前のためだと思ってな」
 寂しそうな目をして、ユウイが言う。
 しかし、それもカリュの目には写らず、反論する。
「いえ、私はそんな、褒美なんていりません」
「俺の褒美がいらないというのか」
 ユウイの眉が吊り上がった。
「私のためであるなら、これからも私を……」
「いや、いい。結構だ。お前には失望した! 出て行け!」
 失望したユウイは、そう言ってカリュの注いだ紅茶を片手で薙ぎ払い落とした。諦めたカリュは、全てを失ったような顔をして、出て行く。
 ため息をつくユウイ。しかし、失望したのは、一人だけではなかった。
 命令を下し、自由を与えないユウイが、カリュは可愛いらしいと思っていた。価値のない自身を否定し、縛ってくれる日々が、愛しかったのだ。
 自身に自由を与えたユウイに、カリュは酷く、失望した。カリュの自由は、ただの不幸な放浪に過ぎない。

 カリュにとって、ユウイは使ってくれる者だったからだ。

 
nina_three_word.

〈 命令 〉

〈 失望 〉

〈 自由 〉 

 

一夏の儀式

 カラカラの夏休みのど真ん中、八月上旬。午後二時過ぎ。
 連休に慣れ始めて暇が一周した僕は、意味もなく家を出た。炎天下に熱された黒いコンクリートが、高温の悲鳴を上げている。早速家を出るんじゃ無かったと、酷く後悔をした。クラスメイトは、今頃なにをして過ごしているのだろう。家族は旅行の話すらしてくれない。非常に退屈で罪悪を感じる。友達のいそうな公園、コンビニに、意味もなく立ち寄ったが、誰にも会わない。もちろん、そんな日はあるし、誰かに会うことを期待していたわけではなかった。
 夏休み中ずっと家にいたわけではないと、そう言えるようにするための外出。
 あまりの暑さに、自販機で紫色の炭酸飲料のボタンを押した。取り出そうと屈み、手を伸ばすとわずかに冷気を感じた。一瞬の至福。でもそれ以上に、乾いた喉が炭酸を欲している。僕はすぐに取り出して、キャップを外した。勢いのある、空気が抜ける音。潤すために僕は喉に通す。
 炭酸が少しだけ痛い。けどそれ以上に、乾きを潤すことによる相乗効果で、何よりも美味しかった。
 余裕が出来て冴えた頭が、今まで気にもしなかった獣道を見つけた。自販機の脇、緑のトンネルになった獣道の坂道。僅かに残っていた夏の童心が、僕を動かした。
 獣道というのは、何処に繋がるのかという好奇心を楽しむものだと思う。緑のトンネルの恩恵もあって、有難いことに獣道は涼しかった。道は硬く踏みしめられ、歩きやすい。誰か頻繁に歩いているのか。
 小さな鳥居を潜り抜けた先は、神社だった。割と立派な、僕の部屋ぐらいの大きさの神社。こんなとこに神社があっただなんて、初めて知ったけど、どうやらこの神社への道はあの獣道しかないらしい。不思議だ。
 微かに神社が揺れた気がした。風に揺らされるなんて、相当だと思ったが、違うらしい。よく耳を澄ますと、中から声が聞こえた。
 僕は炭酸飲料を一口飲み、ゆっくりと神社へと近付く。耳を当てると、女の人の声だった。かん高い声。
 神社に添えていた指先が、窪みを見つける。その窪みは小さな穴だった。僕は高鳴る胸を押さえ、穴を覗き込む。案外、中はよく見えた。女の人が、男の人に覆い被されていた。男の人が動くたびに、女の人が高い声を上げている。……なんでこんなところで。
 女の人の顔がよく見えた。なんだか泣きそうで、切なそうな顔をしている。ただなぜか、男子としてその顔に欲情はしなかった。感じている顔とは、まるで違うような気がしたからだ。
 やがて、男の人が果てたのか、背筋を伸ばした。そのまま女の人を抱きしめている。女の人は泣いていた。まるで別れを惜しむみたいに。そういうことなのか、別れるためにしていたのか。
 何か気持ち悪いものを見てしまった気分になって、離れようとしたとき、男の人が何かを女の人に叩きつけるのが見えた。また、かん高い声。何をしたのか気になって、再び目を穴に近付けた。
 男の人が、鉈を女の人に何度も振り下ろしている。叩きつけられている女の人の身体は、よく見えなかった。ただ、男の人が力強く何度も振り下ろしているのはわかった。
 女の人の声が聞こえなくなる。代わりに、びちゃびちゃと音が聞こえる。
 僕は驚きの声を漏らすタイミングを幸運にも逃し、冷静になる頃には逃げ方を忘れていた。動けなくなっていた。
 炭酸の抜けたペットボトルが、手の中で温かくなっている。


nina_three_word.

〈 覗き穴 〉

〈 炭酸水 〉

 

純粋に好き

 やわらかい揺らぎの中、私の素直な心情は、どこまでも透き通って、どこまでも見通せた。
 この広い心情の中に、様々な思念が浮かんでいる。ぽつぽつと、いろいろなことが浮かんでる。私を脅かす不安、幸せな思い出、この先への希望。どれも孤独に浮かんで、互いに干渉して、心情に波をたてる。まるで騒がしい。
 でも、透明が幸いした。貴方が何処にいても、すぐにわかる。見つけられる。この広い心情の中で、貴方の匂いは特徴的。まるで煙のように赤く漂って、形に見える。私は、それを鮫のように辿って、すぐに貴方を見つけ出すわ。そして真っ先に抱きしめるの。触って、髪を撫でて、触る。言葉をかける。大好きって。
 私は貴方のことが好き。好き、好き。一番好きなの。その素直な性欲も、決断力も、人間らしいところも。
 絶対離さないって、決めてる。その分、私は貴方に安心を、幸福を与えたいの。
 こんな私に、安心を与えてくれたのだから。


 貴方がたてた音で、目を覚ました。それは、私に来て欲しいときの合図よね。
 私は寝室を出て、リビングに入った。貴方が、鋭い目つきで私を見る。
 可愛らしい姿になった、貴方。私を追いかけた両脚は無くなって、イチゴタルトのような、真っ赤で綺麗な断面図が二つ。私を抑えようとしていた両腕も切り離されて、台所に脚と一緒に、お利口に並べられている。
「一緒に寝るのは、傷が塞がってからよ」
 猿轡をつけた貴方が、呻き声を上げた。ああ、口が悪かったから塞いでいたのを、忘れていたわ。
 私は優しく、猿轡を取ってあげた。
「……煙草、煙草を寄越せ」
「口が悪いわ」
「いいから、寄越せ」
 何度言っても直してくれない。でも、少しずつ直してあげないと。
 私は貴方の口に煙草を咥えさせて、火をつけた。なんだか、夫婦みたいで少し照れてしまう。
 貴方の喫煙のタイミングを考えて、煙草を口から奪ったり、与えたりする。私がいないと煙草も吸えないだなんて、可哀想で可愛くて、愛おしい。
「ふふ、嬉しい」
 つい出てしまった独り言を、貴方は無かったかのように反応しない。それも今だけ。貴方は孤独には勝てないことを、私はよく知ってる。
 そんな顔しないの。私は、素直に貴方のことが好きなのよ。余計なことはいらない。貴方の性欲も、否定も、生活も、時間も、いらないわ。私が安心すればいい。
 だから、その代わりに、貴方に安心と、幸福を与えてあげる。
 私という名の、純粋な愛情による、安心と幸福。
 貴方はもう、離れない。

 


nina_three_word.

〈 プラトニック 〉