読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

治験被害者


 その日の夕方。高梨修司は、大学の掲示板を見て、渡邊美沙教授の研究室を訪ねていた。
「失礼します。三年の高梨修司って言います」
 渡邊は奥の席に座り、パソコンを睨んでいる。その容姿は、教授というには若く、しかし大人の女性の在り方として決定的に何か欠如をしていた。
「掲示板にあったアルバイト、受けさせてください」
 高梨の言葉に、渡邊が顔をあげる。
「治験の件ね。まだ何の治験か聞かされてないはずだけど、いいの?」
「はい」
 金銭面で困っていたこと、身を削ることに躊躇のない高梨にとって、この治験の仕事は良い案件となっていた。
「そう。じゃあ、受けてもらおうかしら。もちろん治験内容は、内密にお願いね」
 そう言って、渡邊は書類を高梨に渡し書かせている間に、奥の実験施設に入り、小型のケースを持ってきた。
「早速だけど、いいかしら」
「えっ、体調整えるとか、そういうのは……」
「いいのいいの」
 渡邊が、水の入ったグラスと、白いカプセル剤を高梨に渡す。
 カプセル剤には〈楽〉と、一文字書かれている。
 書き間違えてるじゃないかと高梨は思いつつも、言われるがままそれを飲む。
「どうかな?」
「そんなすぐに反応が出るものなんですか? まだ身体には何も……いや、それにしても、治験って楽しいですね」
「うんうん、少し弱いかしら」
「なにがですか?」
 高梨はそう言って、自身のカルテに記録を残す。
「今、楽しいって思ったでしょう?」
「ええ、まあ」
「それでいいの。そのカプセルはね、言霊が入ったカプセルなのよ」
「言霊?」
 聞きなれない言葉を高梨が聞き返す。
「力や、意味、影響をもたらす言葉、とでも言えばいいかしら。例えば、今高梨君が飲んだのは〈楽しい〉という言葉ね。楽しいでしょう」
 少し逸脱した話に高梨は困惑する。科学でどうにかなる話なのかとも、疑った。
「いや、こんなに早く治験君が現れるとは思わなかったよ。はやく試したくてしょうがなかったの」
 渡邊が無邪気にはしゃぐ。
「ちなみにこれ、後何種類ほどあるんですか?」
「えっと、今あるだけだと八種類……いや、ううん、五種類かな」
 渡邊の言い直しに、高梨が少し、引っかかる。
「じゃあ、続きはまた明日から。この時間帯に来てもらえればいいよ」

 その夜、高梨は夢を見た。
 知らない男女の大人に連れられて、遊園地に行く夢を。
 夢の中で、高梨は少女だった。

「教授、あの、言霊って言霊を吐く人がいて、できるものですよね……」
 〈切〉と書かれた……〈切ない〉のカプセル剤を飲んだ高梨が、消るような声で渡邊に聞いた。
「ん、切なそうね、これもなかなか……えっと、言霊を吐く人? 高梨君はなかなかロマンチックなことを言うね。ええ、そうよ。言霊は、私が吐いてる」
 なるほど、と納得をした高梨は、夢のことを渡邊に話すことを止め、自身の中で飲み込んだ。
 実験三日目、〈楽しい〉〈元気〉〈調子に乗る〉〈切ない〉と四種類の実験が終わっていた。
「じゃあ、次はこれを」
 〈面〉と書かれたカプセル剤を、高梨が飲む。
 しばらくして、渡邊に凝視された高梨が、恥ずかしそうに目を逸らした。
「……これは?」
「それは〈面映ゆい〉ね。微妙な言葉も結果が出るか不安だったけど、大丈夫そうね」
 渡邊は、満足そうに笑った。

 治験最終日。今までの改良型を試すため、高梨はいつもの時間に実験室を訪れた。
「教授、高梨です」
 ノックをするも、返事はない。
 ドアノブを回せば、研究室には鍵はかかってない。高梨はそのまま中を覗いた。
「教授……?」
 そこに、渡邊はいた。渡邊ともう一人、シルエットが夕日に照らされ浮き出ていた。
 高梨がその空間に近づく。跪き、自身の首を絞め硬直しているそれは、同じ学科の鈴木教授だった。
「……仕方がなかったの」
 渡邊が、消えるような声で言った。
「薬を寄越せって乱暴するから、無理に〈希死願望〉のカプセルを……」
 力なく立ち上がり、渡邊は、高梨に近づく。
「まさか死ぬなんてね。ねえ。高梨君、君は私の味方だよね」
 高梨は後ずさり、壁に追いやられた。
 自然と伸びた渡邊の手が、指が、高梨の口の中に〈愛〉と〈依〉のカプセル剤を押し込んでいく。

 

 

 

nina_three_word.

〈カプセル〉〈言霊〉