読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

シブヤユウホ

 雑多に人が流れる、改札を出た。見上げればもう、すっかり夜になっている、ああそうだ、いつもここに来る時は夜だった。
 ひしめく人の声の隙間を通り、地下道への階段を迂回する。交差点の向こう側には大きなモニターがいくつか見えた、ビルに張り出された大きな広告には、僕がよく聴くアーティストが張り出されている。
 あの時は、あの頃は、こんな風に周りを見ていなかったと思う。
 僕が見ていたのは、君だった。

 仕事で東京に来た帰り道、僕は近くにあった渋谷へと立ち寄った。
 この渋谷に、何か置き忘れたままな気がして、それを取りに行こうと思って立ち寄った。それが何かはわからないけど、辿ればわかるはずだ。
 スクランブル交差点の向こうにあるモニターは、あんなに大きかっただろうか、あんなビルあっただろうか。数年来ないだけでまるで知らない街みたいだ。しかしそれは、きっと上を向かなかったからだろう。周囲を見渡せば、君と一緒にあの頃がそこに浮き出る。
 いっそのこと電話をかけてしまおうか。そう思って、止まる。こんな余興に付き合わせるのは、良くない。それに、僕にはもう、そんな勇気もないだろう。
 スクランブル交差点を渡った先、センター街へと入った。何かと行く先が決まらないときは、渋谷のセンター街へと来ていた君と僕だ。
 歳下の君がぶつからないように、気を配って歩いたこの人混みも、今じゃ全く気にする必要もない。それは軽いようでとても重い。見上げれば〈バスケ通り〉と書いてある、そんな名前だったのか。ああそうだ、そういえばそうだ。歩きながら話をした。そうそう、それで流れるように……気付けば僕は、ケバブを買っていた。よく君と一緒に食べたケバブは、今も濃い味のままだ。
 ふと、向かいの壁際を、鼠が這うように走っていった。見かけるたびに君が嫌そうな顔をしていたね。今じゃ、僕が鼠のようなものだ。まるっきり同じだろう、こうして残り滓を求め這う姿は。
 細いスペイン坂を通り、君がの好きなデパートだったものを見上げた。大通りの坂を下って、君とよくお茶をしたカフェを見た。
 思えば、どのシーンにも、君に伝えられなかった言葉がふわふわと、そこに浮かんでいる。これが、置き忘れたものなのか。しかし、今更……
 気付けば、井の頭通りの真ん中に立っていた。ビルとビルに圧迫された狭い空には夜が塗られている。どうやら僕は、渦巻き状に思い出を回っていたらしい。
 それなら、ここが、この渋谷遊歩の終わりだ。だとしたら、置き忘れたものの、答えが出た。
 手元にあっても意味のない、焦燥感。

 

nina_three_word

〈 渦巻き 〉

〈 辿る 〉

〈 ねずみ 〉