読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

ラブサイド、グリードサイド

n3w 習作

 私の前髪は、左から右にかけて長い。左目は眉毛が出るぐらい。右目は前髪で隠れるようになっている。
 前髪をまっすぐ斜めに、切り揃えている。個性的だってよく言われるけど、この前髪には理由がある。
 私の右目が隠れるように長いのは、右側に立ちたがる君に、私の醜い虚ろな目を見られないためだ。
 私の目が醜くて虚ろなのは、自身の性格が目に反映されている。目は人の心を表すというからね。
 私は酷く、貪欲なんだ。その貪欲は、右側の君に向けられていることを、君は知らないと思う。
 君のことは愛しているし、大切にしたいよ。だけど、その一方で君のことを欲しがっている。
 私の想いは、愛情と欲が対になって働いている。だけど、非対称のようにその強さが違う。
 君への想いは愛情よりも、欲の方がとても強いんだ。醜いよね、失望、してしまうよね。
 そんなことも知らずに君は私の右側で笑っているんだ。無知で、とても可愛いらしい。
 そんな君のことが、愛おしくて欲しくなる。例え君が不幸になってもいいと思える。
 ああ、また、そんなことを思って、私は醜い。そんなんだから目が醜く濁るんだ。
 そのことを忘れないために、私の左目は出ている。左腕の現実を、見るために。
 私の左腕には、無数の懺悔と後悔と我慢とが線になって赤く、刻まれている。
 私の懺悔は心の内で君を大切にしきれていないこと。本当にごめんなさい。
 私の後悔は君を欲しいと思い始めたこと。愛情に留めていれば良かった。
 私の我慢は君に手を出すこと。日々、強欲を抑えるために必死なんだ。
 懺悔と、後悔と、我慢を宿した左腕を見るために、左目を出ている。
 自覚するために、意識するために。忘れないために。私は、醜い。
 君は何も知らずに、私の左腕を心配する、優しいね。好きだよ。
 だけど、その無邪気な目で、私を見ないことを心から願うよ。
 君は私のことを、大人しくて優しいと言うけど、違うんだ。
 でもどうか、誤解をしたまま、虚像の私から離れないで。
 だって、私には君を手に入れることは、到底できない。
 虚像の私を好きだって言うなら、私はそれが本望だ。
 それはとても哀しいけれど、側にいてくれるなら。
 私は喜んで、いつまでも、虚像のままでいよう。
 そのためにも、私は、醜い虚ろな目を隠そう。
 私の真実を確認するために左の目で見よう。
 馬鹿で可愛い君を、永遠に騙し続けよう。
 本当は君にいろんなことをしたいんだ。
 君のことを、私の手で不幸にしたい。
 君の身体の全て自由に搾取したい。
 君を、私の部屋に存在させたい。
 君を一人ぼっちにしたいんだ。
 許されないことは知ってる。
 だから、思うだけの強欲。
 最低なのも、知ってる。
 もちろん君のことは、
 愛してるよとても。
 本当にごめんね。
 許して欲しい。
 求めること。
 想うこと。
 非対称。
 永遠。
 欲。

 

nina_three_word.

アシンメトリー