読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurayami.

暗黒という闇の淵から

九つ

「こんばんは、もういるのかな?」

「こんばんは。ここにいるよ」

「姿が見えないだけで、こんなにも不安になるんだね」

「私も、貴方が来てくれるか不安だったよ」

「僕が来ないわけないだろう。今日がその日なんだから」

「うん……ねえ、用意できた?」

「もちろん。これで君に会えるのなら」

「揃えてくれたんだね」

「幸運を重ねる、九輪草

「私たちの街、八王子」

「紫陽花の別名、七面鳥

「まだ行きたくない、六道輪廻」

「君が死んで、五年」

「貴方のいる時間、四時」

「そして、三人」

「本当に殺したんだね」

「君に会うためなら」

「可哀想な人」

「これで二人」

「貴方は、一人。

 君がいるじゃないか」

「ううん、気づいて。

 なにをさ。

 私は、もういないんだよ。

 僕は、ここにいるじゃないか

 私は、もう死んでるんだ」

「それなら僕が、零に帰ればいいだけさ」

 

妖怪三題噺「七面鳥、幽霊、3人」

https://twitter.com/3dai_yokai